2017 / 10
≪ 2017 / 09 2 4 7 9 12 13 1415 16 17 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 2017 / 11 ≫

 先日のとある日の午後、自分は地元の旅行会社に足を運ばせていました。これは何を隠そう、新幹線“はやぶさ”のチケットを入手したかったからに他なりません。
 先日の3月5日に東北新幹線でデビューした“はやぶさ”ですが、車両は新鋭(JR東日本保有の新幹線車両としては、14年振りの新系列)のE5系が専用で使われ、中でもグリーン車の上をいく“グランクラス”の設定は大きな話題になり、初日の列車の前売り開始後約20秒で売り切れになる等、その人気の様子は計り知れない列車でもあります。
 先頭の15mにもなるノーズ部分はインパクト大ですが、現在の最高速度は、山陽新幹線内のN700系と同じ300km/時で、段階的に320km/時に上げられ、この時には名実共に日本一の速さの新幹線車両となります。ただ、今のところ東京駅~新青森駅間2往復と、東京駅~仙台駅間の1往復しか設定されておらず、この運転本数の少なさも、チケット入手の競争率を上げている要因になっている気がします。
 そして、自分としては来月の4月6日に乗る予定にしていたので、指定席が全国で一斉に発売される1ヶ月前である3月6日に、旅行会社に出向いていたのでした。更に言えば、一斉発売の時刻は朝10:00と決まっているので、この時間に行っても良かったのですが、若干駄目元な見方も自分にありまして、結局午後くらいの時間になってしまっていたのです。店内は空いていて、すぐ様受付カウンターに陣取らせました。

「4月6日発で、新青森駅から大宮駅で“はやぶさ”の予約をしたいのですが…。」

 こう切り出します。新青森駅発…と、復路の設定にしてあるのは、往路より混雑していないだろうという考えがあった為と、後述する“旅”計画の、最後のシメとしてこの列車を選びたかったからです。

「今、グランクラスって取れるものなんですかね。」

 一応、この事も聞いておきます…。あれだけニュースにも流れているので、その競争率は更に高いものになっているような気もしたのですが、その予約状況は確かに気になるものなのです。すると…、

「グランクラス…ですか…、そうですね…。3月中は殆どの列車で満席になっていますので…、まあ、やってみないと…。」

 …と、基本的に期待はしないように…的な発言です。それもその筈で、1列車に18席しか設定されていないグランクラスの確保は物理的にも難しく、3月中はほぼ満席という事も、自分もニュースで何度も耳にしたものでした。店員から“はやぶさ”のパンフレットも渡されましたが、こう見ると、もう本当に高級商品のパンフレットそのものです。まあ、確かに鉄道会社にとって列車というのは“商品”ですし、何より“はやぶさ”は看板商品に間違い無いでしょうしね…。そう思いながら暫く待っていると、頼んでもないのに1枚の切符が発行され、こちらに持ってくるではありませんか。

「取れました。残り1席でしたので、他の方に予約されないように、とりあえず発行してしまいましたけど…、どうしますか?」


 残り1席!?


  高級感の漂うパンフレットです  所要時間の早さにも注目!

 流石“はやぶさ”人気です。…しかし、このタイミングで入手出来るというのはラッキーに近いものがあると言って良く、もう2つ返事でオーケーしてしまいました(笑)。こうして自分は、暫くはプラチナ・チケットと言われるであろうグランクラスのチケットを、無事入手する事が出来たのです(右上写真参照…席番号は消してあります)♪

 3月の末から4月の頭にかけて、自分の九州ツアーがあるという事は前のライブスケジュール〔2011年3月と、3~4月の九州ツアーのライブスケジュール 参照〕に載せさせて頂きましたが、この時には九州新幹線も全通しているわけで、事実上、鹿児島(鹿児島中央駅)から青森(新青森駅)まで、新幹線で結ばれている事になります。…そこで、せっかく九州にいるので、この祭鹿児島から青森まで新幹線で乗り通してしまおう!…と考えた時に、その青森からの復路に抜擢されたのが“はやぶさ”だったわけなのです。
 今から楽しみで仕方ありませんが、勿論ツアーがあっての旅ですので…(笑)、お互いに一生懸命やっていけたらと思います。それにしても…予約出来て良かった…。

拍手[3回]



【えーと】
1日6本で18席だから 6×18=108人
約1ヶ月経ってるから 108×30=3240人
日本の人口が約1億3000万として
1億3000人/3240人=約4万
まだこの時点では4万人に1人しか経験できないグランクラス!
そんな激レアなチケットが「1枚」残っていたなんて、、、
、、、持ってます(笑)。


【凄い計算!】
確かに、人口辺りの確立でいうと、結構な数字ですね(笑)。
改めて、まだ残っていたこのチケットに感謝したいと思います。

ただ、この“はやぶさ”号も、年々本数が増えていく筈なので、
価値的にも今が一番のものなのかなと感じております。
とにかく1ヶ月後、思う存分堪能して参ります♪
【無題】
さすが王子様!!!
【無題】
>りこさん
 え…“てつ”の王子様…って事ですか(笑)?


 ここで運を使い果たしてない事を祈るのみです(笑)。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月21日(木)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st.…19:30〜、
2nd.…21:00〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Guest Member…(Sax)副田整歩
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 7
9 12 13 14
15 16 17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31