2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 あけましておめでとうございます!…と、お店に入り、今更になっての挨拶をしてしまった昨日は、自分にとっては久し振りの、黄門御一行バンドのライブの日でした。久し振りなのも当たり前で、自分が参加するのは昨年の11月以来、実は2011年初の顔合わせでもあったのです(1月にライブがあったのですが、自分は参加出来ませんでした)。それよりも、普通に3ヶ月振りの訪問だったのが新鮮でした。何故なら、一時期は月に2回ペースで出演した事もあって、それこそ毎回のように“お馴染みの…”と言っていたので、今回のように空白の時間を空けていた事がまず無かったからです。しかし、いつものように緩いリハーサルを行い(笑)、美味しい賄い等も頂いて、通常?の感覚に戻ってきた自分がいたのも確かでした。

  カレーというのも、ここでは珍しかったかも  相変わらず、マスターも迎えて楽しいライブです♪

 今回のドラマーは、いつもの誠二さんが出れなかった事もあって、古賀君という若手の方に出演して頂きました。これで、誠二さんとの共演は、更に月日が遠のく事になりましたが(笑)、果たして、それはいつ頃になってしまうのか…。また、いつものようにマスター・コーナーを迎えると、先に共演したのがマスターの方だったという結果にもなりまして(笑)、これは、ここ Rocky だからこその出来事だとも思いますね。
 今回、黄門は初参加の古賀君に対し、ボーカルの恭子さんやベースのヒロさんから、「曲とか繋げなくて良いから」、「いきなり始まらなくて良いから」…という先輩的なアドバイスを貰います(笑)。…確かに、普通のオールディーズや歌謡曲のライブでは、曲間を繋げるのは当たり前で、そのカウント役としてドラマーは重要な位置に就いているものでしたが、そんな常識は、ここ黄門バンドでは通用しません(笑)。まずステージの初めに長めに喋るのは当然で、むしろ曲をカットする可能性もある方が常識です(笑)。今まで、こちらの方式に慣れてしまっていた自分でしたが、改めて振り返ると確かに緩いステージですよね…(笑)。ふと、その事に気付かされた瞬間でもありました。

  好評?“狙い撃ち”のステップ中(笑)  やはり笑いが絶えないステージでした♪

 しかし、意外にもこの日は、全体的にパワフルに押し切って行ったライブだったのではないでしょうか。特に2ステージ目が顕著で、何だかラスト・ステージをやった感じのような盛り上がりがそこには残りました。恐らく選曲が大きかったのでしょう。“Hero”、“All Blues”、古賀君が歌ってくれた“ジンギスカン”、“Venus”、ヒロさんが歌う“Long Tall Sally”、“六本木心中”、そして最後に“For You”…。確かに、ステージングや流れ的にバッチリです!…もう終了かアンコールかとも思ったくらいですし(笑)。
 そうなると、残りの3ステージ目の選曲が難しくなるところでしたが、“狙い撃ち”や“君の瞳に恋している”、“あの鐘を鳴らすのはあなた”等を取り入れ(勿論、マスター・コーナーも有り)、ラスト・ステージという面子を果たせたようにも思いました!…ここまで来れば、もはや緩さも普段より薄く、『やれば出来る黄門バンド』…として、演奏を全うする事が出来たのではないでしょうか。
 …何か、先程から、当然の言ばかりを言っているような気もするのですけど(笑)、個人的にもこの日の演奏は久し振りでしたので、つい特徴的な部分を見い出してしまいました…(笑)。そんなわけで、次回のライブは3月30日(水)です。今度も、どのようなスタイルになるかは分かりませんが、どうぞよろしくお願いします!

 ☆五反田 Rocky のHP…livecafe-rocky.com/

拍手[1回]



【無題】
いつも楽しく竹内さんのサイトを拝見しています。
写真をみると音が聴こえるようで、楽しい雰囲気が伝って、
いいなーなんて思っています。
ところで、わたしは以前、郷原さんと竹内さんの演奏にたまたま
出会った者ですが、お二人の演奏を聴ける機会はなかなか
ないのでしょうか?CDも素敵でしたが、やっぱり、空気が震えるような生の音が好きです。また機会があったら、お二人の演奏を聴きたいです。
【どうもありがとうございます!】
このブログの写真から、音が聴こえてくるようだなんて、
なんて嬉しいコメント!…今後も伝えられるよう頑張ります。

質問の、郷原君との演奏…ですが、残念ながら現在は特に
ライブは決まっておりません。もしかしたら突然決まる
かもしれませんが、その時にはちゃんと告知させて頂きますね。

…また、ちょっと計画事がありまして、違う形で郷原君との
共演を考えていたりもします。こちらも具体的になってきたら
お知らせ致しますので、どうぞ気長に?お待ち下さいませ!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31