2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 立教新座高校は、言うまでも無く自分の母校の学校(当時は立教高校)でありますが、今日は毎年恒例の S.P.F.(St. Paul's Festival…つまり文化祭です…うちの学校では、文化祭の事をこう呼ぶのです)が行われるという事で、自分が現在月に1度(ジャズ…というか音楽をというか)教えに行っているジャズ研究会(以下ジャズ研)のライブを見に、足を運ばせてきました。
 ジャズ研の出し物と言うと、勿論“ライブ”になるわけですが、そこに喫茶店も併設しているというのが、他の部には無い特徴ではないでしょうか。これは自分が在学時代でもそうで、その名も“ジャズ喫茶 PIT INN”という名前で、現在も変わらず、その出し物を続けているのです。
 そんな S.P.F.…、今でこそ月に1度は通る学校の門ですが、この日は自分は、何か特別な気持ちでそこを潜ったような気がしました。

  一期一会とは…また…  今年は、ハロウィンを完全に意識したパンフでした

 ジャズ研の生徒にとって S.P.F. は、恐らく特別な意味を持った時期と受け止められます。…と言うのは、この日をもって3年生は基本的に引退をし、部長などの役職も、完全に後輩達に受け継がせなくてはいけないからです。今後は大学進学へ向けての準備…という事になるのだと思いますが、自分がこのジャズ研をコーチするようになってから、よく教えていたのが現在の3年生であり(教えてから約1年半くらいになるので、当時は2年生だったわけですが)、その生徒達がジャズ研を引退するというのは、月日が経つ事の早さを思うのと共に、感慨深くなるのも当然の事だったのです。
 現在、ジャズ研の3年生は15名くらいはいるでしょうか…。これでも受験組が減ったので、昨年よりは何人か減っているのですが、3バンドくらいは作れてしまう布陣です。実際、その数のバンドによるライブが行われており(若干、途中でメンバーの入れ替えはありましたが…)、そして、それぞれの音楽的な個性は確かなものだと受け止めました。
 ジャズ研には“ジャズ”…と名前が付いているので、勿論基本的にはジャズという音楽を演奏していくのですが、元々“ジャズ”という言葉自体、広義で捉えられる部分もあるので、いくら高校生による演奏とは言え、その個性は本当に千差万別なものになっていたのです。それは見ていて面白く、そして教えてきた者としても、感動すら覚える出来事でした。

  最近のジャズ研は、いつも人気の出し物ですね  高校でウッドベースは、本当に珍しいのでは…

 そして、やはり3年生のライブにかける思いというのは、他の学年には無い、只ならぬ気迫を感じましたね。皆よく弾きまくる事弾きまくる事…(笑)。曲を演奏するのもそうですが、どちらかと言うとソロ(アドリブ)を弾いていきたい…という感じでしょうか。これは最後に行われたセッションの時により明確に表れていましたが、フロント楽器陣は自由参加ではあるものの、進んでソロを弾きたいがためにステージに集まってくるのです…。そして、本当にその場の雰囲気で、1人1人アドリブを展開させていくというこの状況…。絶対に他の部では真似の出来ない事ですね。ジャズ研の持つ誇りと捉えても良いくらいではないでしょうか(笑)。
 それにしても、本当にアドリブ部分の時間は楽しかったです。実はセッションは自分も特別に参加させて貰っていたのですが、その只ならぬ雰囲気に、こっちも触発されてしまったくらいでした。1年前は、「アドリブとか、自分は飛ばして貰って構わないので…」みたいなスタンスが強かった生徒達でしたが、いつの間にこんなに成長して…。これぞジャズ研ですよ!

 本当にお疲れ様でした。…3年生はこれから、音楽に触れていく人、そうでない人と様々だと思いますが、たまには今後のジャズ研にも顔を出して貰って、また一緒にセッションでも出来たら良いですね。自分はまた、今後の在校生と共に頑張っていこうと思います!

 ☆立教(新座)高校・中学校のHP…niiza.rikkyo.ac.jp/

拍手[5回]



【無題】

 たぶん、今回は無かったと思います。
 最初から最後まで、ストレートなジャズ一色でした(笑)。
【無題】

 そ…そういうものですかね…(笑)。
【立高ジャズ研よ、永遠なれ!!】
ストレートジャズに真っ向から取り組む高校生、、、、素敵です!!
やはり指導者が良いからでしょうね。(^^)b
【ありがとうございます】
おお、更なる先輩から激励のお言葉が…。
立高、懐かしいですよね。また機会が
あったらお立ち寄り下さいませ!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31