2017 / 08
≪ 2017 / 07 1 2 3 4 6 8 10 11 1213 17 20 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 2017 / 09 ≫

 昨日、自分は久し振りに、知り合いのライブを見に行きました。場所こそ自分は初めて訪れた中目黒の楽屋(らくや)というお店でしたが、出演するメンバーというのは、知り合い中の知り合い…、サックスの郷原君がリーダーを務めるバンドでした。
 郷原君は、自分と一緒にライブをやる時は大体がデュオ編成で組まれたものになるのですが、今回のライブは、“Deep River”と名の付いた、郷原君が昔からメインでやっているバンドによるものです。編成はサックス・カルテットですが、そのバンド・メンバーというのも全員、自分の顔見知りなので(特に、ドラマーは自分のピアノトリオのメンバーでもある、佐々木俊之さんですので…笑)、本当に気軽に足を運べるライブでもありました。
 しかし、何を隠そう自分は“Deep River”のライブを生で見るのは今回が初めてで、実際、自分は人のライブに行く事が殆ど無いので(笑)、今回は凄く貴重な時間を体験させて貰ったとも思います。よく自分と一緒にやるメンバーが、他の場所でライブをしているところを見るのも面白いもので、今回も、なんとか時間が空けられたので見に行けたライブでもあったのでした。
 特に、今回はその“Deep River”のレコ発ライブでもあったのです。新作を出すとは前々から聞いていましたが〔竹内大輔の『奢らせて頂きます!』5.(郷原繁利編) 参照〕、なかなか実行する日が作れずにいた感じだったので、郷原君にとってこの日は、正に念願の日でもあったの事でしょう。じっくりと見させて貰いました。

  アジアン・テイストの、なかなか魅力溢れるお店です  ギターに関根彰良さんを加えての演奏

 “Deep River”というバンドは、郷原君や、そのメンバーのオリジナル曲を中心にやるバンドでもあります。しかし、普通のオリジナル・バンドとは違った側面で、今回はライブを見れた感じになったと思いました。…と言うのは、曲を殆ど知っているからです。自分が郷原君とデュオでライブをやる時も、曲の半分くらいは郷原君が作曲したのを演奏するので、今回のライブでは、デュオとの違い…という部分も含んだライブの見方にならざるを得なかったのです。
 しかし、それがまた新鮮で面白かったです。わりと昔めの曲は、前回の作品『苔色の地平線』で既に知っている部分がありましたが、今回の新作に入っている曲というのは、バンド編成でのサウンドを殆ど聴いていません。勿論アレンジからして異なる箇所もあるのですが、ここはこういったアプローチになるのか…とか、こういったバッキングの弾き方もあるのか…とか、ドラムのトシさんが、郷原君の曲を叩くとこうなるのか…とか(笑)、色々な発見等があったりして、それこそ忙しく聴いていたものでした(笑)。
 いや、そもそもCDとライブは違います。恐らく、新鮮と思っていた中にも、ライブだからこその盛り上がりが含まれていたに違いありません。それは、メンバー達の演奏中の表情を見ていれば明らかで、正にその時の、生きているライブが目の前で繰り広げられていたこそ、自分は楽しめたのだと思いました。

  弦楽器を入れて、“晴れた”演奏中  都会的な中に、暖かみを感じるデザインです

 さて、今回自分が最も気になっていたのは、一部の曲ではありますが、このカルテット編成に弦楽器を入れた曲があったという事です…。しかも、郷原君とのデュオ・ライブでもよく演奏する“晴れた”という曲で、ストリングス・アレンジも郷原君が考えたらしいので、これは確実に押さえておきたい曲でもありました。
 勿論この日は、ストリングスの方達(2人)を加えての演奏も実現していました。…そして、これら弦楽器を入れる事で出来上がるサウンドの奥深さというものに、改めて感心の一言…という感じでした。何だか、曲に新たな表情が出来上がったような気がします。それは今まで自分の中では思い描けなかった側面で、正に目の前が“晴れた”感じでした(笑)。弦楽器というものの可能性を、新たに感じた瞬間でもありましたね。楽しい時間を過ごせて良かったです!

 ☆郷原繁利のHP…sgohara.com/

 ☆中目黒楽屋のHP…www.rakuya.net/

拍手[2回]



【>】
はい、その為の記事でもあったので…。
ご飯は自分は食べませんでしたけどね…。
まあ、またの機会という事で、よろしくです。
【>】
いえいえ、両方…という意味では、貴重な
お客様ですしね(笑)。またお待ちしてますよ♪
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

竹内大輔ソロピアノライブ

9月3日(日)
南青山 ZIMAGINE
Open…18:00~、
1st.…18:30〜、
2nd.…20:00〜、
Charge…2500円(ドリンク別)
Member…(Pf)竹内大輔、


竹内大輔トリオライブ

10月7日(土)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st.…19:00〜、
2nd.…20:30〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 8 10 11 12
13 17
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[08/23 newstroy]
[08/23 permainan judi online]
[08/22 Sophia]
[08/21 おちゃ]
[08/21 shutter speed]
[08/21 gamblingmetropolis.com]
[08/21 http://wordpress.com]
[08/21 Paragon IWM Toronto]
[08/20 Paragon International Wealth]
[08/20 http://Www.Linux.org]
[08/16 竹内]
[08/16 おちゃ]
[08/09 竹内]
[08/03 竹内]
[08/02 いちファン]
[07/30 おちゃ]
[07/21 竹内]
[07/19 おちゃ]
[06/27 竹内]
[06/27 竹内]