2018 / 12
≪ 2018 / 11 12 3 4 5 6 7 9 10 12 14 15 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 2019 / 01 ≫

 先日の11月18日は、TRI4TH で渋谷ストリームホールにて、ワンマンライブを行ってきました!…これは TRI4TH の初メジャーデビュー作品『ANTHOLOGY』のリリースツアー、その名も『Shout』ツアーの一環によるもので、最近完成したホールである渋谷ストリームホールのキャパシティは700名と、これまでの TRI4TH 史上、最大規模のワンマンライブとなるものでした。ここまでの大きいキャパシティ…、どれほどのお客さんが集まるのかと最初はヒヤヒヤしたものでしたが、前日にソールドアウトを記録し、最も多い動員数も数えたライブにもなったのでした。多くの方と過ごせた最高な1日、少し振り返ってみたいと思います。

    

 渋谷ストリームは最近完成した、新しい複合施設。渋谷駅からも直結(現在工事中)されている便利な場所で、そのストリームホールは渋谷駅から見て、正に正面玄関のような位置にありました。4階〜6階をホール敷地内としていて、ホールらしい雰囲気も残しつつ、これからの渋谷の文化発信を象徴させるような、ワクワクするような場所だとも言えましょう。そんな場所で『Shout』ツアーの東京公演を行えるなんて、本当に幸せな事なのかもしれません。しかも満員御礼公演という事で、既に気持ちも高まったていたのは言うまでもないと思います。

    

 既に『Shout』ツアーは今月初めの仙台公演で始まっていましたが、CD『ANTHOLOGY』のリリースが11月14日の事だったので、この東京公演は、メジャーデビュー後初となるワンマンライブでもあったのでした。それだけに、お客さんに伝えたい事も沢山あって、しかもこうした大きな舞台でそれを実現させてくれます。リハーサル時に改めてホール内を見渡してみましたが、広さは勿論の事、舞台の雰囲気や照明の豪華さ、そして音の良さ等、あらゆる面で自分達のステージをサポートして下さる設備が整っていて、自分達も安心して演奏に打ち込めるというものでした。今回のライブには、非常に多くの方々が携わって頂けている…。その事だけでも既に目頭が熱くなるというものでした。

    

 せっかく大きな舞台なので、今回はオープニングに初めて紗幕を取り入れてみました。開場してから暫くこれは掛かったままにしていて、そのまま開演。イントロダクションを経て、1曲目が始まる良きタイミングの時にバッと落ちるという流れを組んでみたのです。シンプルながら、実はかなり大掛かりな仕組みなのですが、こういった事が実現出来たのも本当に多くの関係者方のお陰でもあり、有り難く感じながらオープニングに向かえたものでした。皆、TRI4TH のライブを待ってくれている…。そんなお客さんの元へとステージに上がった時は、とても気持ちが高揚した事を覚えています。

    

 1曲目が始まって紗幕が降りて、満員の笑顔のお客さんと対面した瞬間…。この喜びは何て表現したら良いのでしょう。掛け声も上がり、拳も突き上げたり、何よりフロア全体が揺れていました。皆で踊って楽しい時間を過ごす…。自分達は今まで、何度も何度も通しのリハーサルはしているので、1時間半のステージなんてあっという間だとは思っているもの、まだまだこの時間を体感していたいと言いますか、曲を続けていくと、如何せん激しい演奏なので疲れも出る筈…なのですが(笑)、まだまだ大丈夫と思うどころか、よりお客さんを喜ばせるのはどのような事をしたら良いのか…と常に考えていたりと、とにかく楽しい時間を過ごしていたのは確実です。これはミュージシャン冥利に尽きる事なのかもしれません。

    

 まだまだツアーは続いているので、曲の詳細は控えさせて頂きますが、今回『Shout』ツアーと銘打っているだけに、TRI4TH は「踊れるジャズ」に加えて「叫べるジャズ」になった事を確信致しました、皆で身体を揺らしていくにプラスして、掛け声を張り上げる箇所が何度も出てきます。これが新しい TRI4TH のライブの形です。ジャズを殆ど知らない方でも、何だか楽しくノってしまえるような、そんな空間を作っていきたいのです。その方向にシフトしてきたらこそ、今回のような素晴らしい景色を見る事が出来たのだと言えましょう。
 こうした節目のライブをしていると、演奏しながらも色々な事が思い出されてきます。これまで自分達が歩んできた道は決して平坦なものではなく、それこそ悩みに悩んで、それでも何とか一歩ずつ進んでた、大変なものでした。しかし、自分が加入して現在の5人になってからは、誰1人欠ける事無く、そして常に5人で共に悩み、歩んでこれたように思います。そんな経験が今になっては強い武器となり、ついにメジャーデビューを果たし、こうした大きな舞台でソールドアウト公演を実現する事が出来ました。アンコール後、お客さんと一緒に撮った記念写真。こうした景色を見て、自分達の進む方向は間違っていなかったと、改めて確信出来ました。皆さん、お越し頂き、本当にありがとうございました。この日は会場に降りて皆さんとお会いする機会は作れませんでしたが、またどこかでお越しの際に、気軽に声をかけて頂ければと思います。

    

 さて、前述のように、ツアーはまだまだ続いております。今年は12月に福岡、広島へと出向きまして、来年1月に大阪、名古屋へと足を運びます。そして、なんと来年3月に追加公演が決定しました!…場所は渋谷 WWW X にて3月15日(金)。事実上、ここがツアーファイナルとなる予定です。既に TRI4TH オフィシャルHPにて先行予約を受け付けていますので、早めの予約をお勧めします!…ここの公演も含めた残りのツアースケジュールを載せておきますので、こちらもどうぞチェックしてみて下さい。それでは、また次回の会場でお会いしましょう。どうもありがとうございました!


   ☆TRI4TH『Shout』ツアー(後半戦)
・12月2日(日)大名(福岡) ROOMS
Open…17:30〜、Start…18:00〜
Charge…前売り3800円(ドリンク別)

・12月3日(月)広島 Live Juke
Open…19:00〜、Start…19:30〜
Charge…前売り3800円(ドリンク別)

・2019年1月18日(金)梅田(大阪)シャングリラ

Open…19:00〜、Start…19:30〜
Charge…前売り3800円(ドリンク別)

・2019年1月19日(土)伏見(愛知)JAMMIN'
Open…17:30〜、Start…18:00〜、
Charge…前売り3800(ドリンク別)

・2019年3月15日(金)渋谷 WWW X
Open…18:45〜、Start…19:30〜
Charge…前売り3800円(ドリンク別)

※以上、メンバーTRI4TH≫(Tp)織田祐亮、(Sax)藤田淳之介、(Ds)伊藤隆郎、
             (B)関谷友貴、(Key)竹内大輔

  


 どうぞよろしくお願いします!

 ☆TRI4TH のHP…http://tri4th.com/

 ☆渋谷ストリームホールのHP…http://stream-hall.jp/

拍手[9回]



【キラキラ輝く5人の姿】
メジャーデビューを祝う、熱く鳴りやまない大きな拍手、アンコールで客席全体から湧き続ける曲にちなんだ愛あふれる掛け声…もう言葉にできない大感動でした。

めったにできないめくるめく経験をさせていただき、ほんとうにありがとう、と思っています。
どんどん羽ばたいていってくださいませ。
【どうもありがとうございました!】
今の TRI4TH の集大成だと思います。…勿論、これは
新たなスタートでもあり、ここからツアーファイナルまで
駆け抜けていきます。どうぞ楽しみにしていて下さいね!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月10日(月)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3000円(ドリンク別)
Member…(Pf)竹内大輔、

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 12 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
(12/16)
(12/13)
(12/11)
(12/08)
(11/30)
(11/28)
(11/27)
(11/23)
(11/21)
(11/17)
(11/15)
(11/13)
(11/11)
(11/09)
(10/31)
(10/30)
(10/27)
(10/25)
(10/23)
(10/18)