2018 / 12
≪ 2018 / 11 12 3 4 5 6 7 9 10 12 14 15 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 2019 / 01 ≫

 9月26日は、東京では最近3ヶ月毎、つまりは毎年4回行われている、ボーカル・ギターの丸本達也さんのスペシャル・ワンマンライブが吉祥寺 Manda-la 2 にて開かれました。このスペシャル・ライブではボーカル・ギターの又吉康人君が参加してくれているのも既にお馴染みの光景となっていますが、ここのところ、6月の〔丸本達也、CD『LIFE』リリース・ワンマンライブ〕があったかと思えば、8月の広島凱旋ライブにも又吉君が参加してくれていたので、もはや3人で活動している時の方が多くなっているような印象もありますが、それだけ定着してきてくれたという事でもあるのでしょう。今回も最初から最後まで、楽しく演奏させて頂きました。

    

 今回も、ステージ後方に出演者待機席を作り、個別で演奏している時は、他のメンバーが後ろで見守ると言うスタイルでやっていきます。今回はカバー曲というものに焦点を当て、3人がそれぞれ持ち寄った曲をやるという企画をやってみましたが、新しくやる曲が殆どでもあったので、全体的にかなり盛り沢山な内容になりました。勿論、それらの上で今月の新曲もしっかりやりましたし、しかも更に新たな試みとして、丸本さんと又吉君が、お互いの曲をカバーし合う…という企画もやってみたのですから尚更大変でした(笑)。
 しかし、見所はここに表れていたように思います。今回、丸本さんがカバーしたのは、又吉君のオリジナル曲である“ティア”。丸本さん自身、前々から気にっていた曲でもあったので、今回ついに実現する事になりました。これまで共演は長くしてきましたが、こんな機会は初めてでもあったので、新鮮味はかなりあったと思います。そして又吉君がカバーした丸本さんの曲は、なんと“スランチェ”。丸本さんのオリジナルではだいぶお馴染みの曲なので、これは聴き応えがありそうです。当初、又吉君の弾き語りでやる予定でしたが、せっかくなので自分もピアノを加わらせて頂きました。こちらも楽しかったです。

    

 さて、そんなライブでしたが、時折客席がざわついている時間がありました。何だか皆でソワソワしていたのは、実はこのライブの時、ちょうど広島カープの優勝がかかっている試合が広島マツダスタジアムで行われていたからです。かなりの広島リードで迎えていた最終回、そして、いつしかそれはガッツポーズに変わっていました。ライブ中に、広島の優勝が決まったのです!…勿論、客席もにこやかになっていましたが、そんな時に自分のソロピアノコーナーが巡ってきました。このライブが始まるまでは、何の曲にしようか悩んでいたものですが、ふと考えると、自分も共演者のカバー曲をやっても良いなと閃き、ならば…と、丸本さんの“Fifteen”をピアノだけで演奏させて頂いたのでした!…広島カープの黒田選手に想いを馳せた曲。自分が弾いたのはある意味でサプライズにもなったようで、皆、喜んで頂けて良かったです。

    

 今回のライブは、新しい試みを結構な量で盛り込んだので、演奏面的にはなかなか大変でもありましたが、充実した時間にもなりました。広島カープの優勝も手伝ってか、お客さんの盛り上がりも良い感じであり、正にスペシャルな時間を共有出来たライブになりました。皆さんお疲れ様でした。そして、ありがとうございました!

 ☆丸本達也さんのブログ…blog.livedoor.jp/waits2/

 ☆又吉康人君のブログ…http://ameblo.jp/diary-iris/ 

 ☆吉祥寺 Manda-la 2 のHP…www.mandala.gr.jp/man2.html

拍手[4回]



【このLIVEも良かったのですよ~】
しかし、直後にさせていただいたコメントはお掃除されてしまったようなのでただ「良かった」感想だけお伝えしますね。楽しい時間をありがとうございました。

もしやこの文も竹内さんには読まれないかもしれないですが、最近ここの謎の大量コメントのお掃除も大仕事だし、(ご自分のコメントもついお掃除してしまわれた痕跡すら見受けられました)本来のお仕事もめちゃ多忙そう(良きかな)。なので、無理のない程度にいろいろなさって下さいませ。今後もご活躍期待しておりますよ~黒船の新譜も聴いてますよ、ジャケがメンバーカラー写真なのがめちゃ斬新!


【色々とすみません!】
以前のコメント、自分が誤って消してしまったようです。
せっかくなのに申し訳ないです。ここのところ、バタバタと
してまして、ブログのケアが遅くなってしまっています…。
未完成の記事も多々ありますし、ヤバいですよね。
…とは言え、写真のお陰で、それらを見返すと鮮明に
その時のライブやツアー等が思い出されます。それらを
含め、気長にこのブログも楽しんで頂けたらと思い
ますので、引き続きどうぞよろしくお願いします!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月10日(月)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3000円(ドリンク別)
Member…(Pf)竹内大輔、

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 12 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
(12/16)
(12/13)
(12/11)
(12/08)
(11/30)
(11/28)
(11/27)
(11/23)
(11/21)
(11/17)
(11/15)
(11/13)
(11/11)
(11/09)
(10/31)
(10/30)
(10/27)
(10/25)
(10/23)
(10/18)