2018 / 09
≪ 2018 / 08 2 4 6 8 11 13 14 1516 17 18 20 2223 24 25 26 27 28 2930 2018 / 10 ≫

 前日に引き続き、竹内大輔ソロピアノライブの2日目は、クラシック編とオリジナル編をご用意させて頂きました。特にクラシックは自分がピアノを始めた切っ掛けにもなっている音楽であり、それこそ3歳ぐらいから習い始め、20歳ぐらいまではピアノレッスンに毎週通っていたものでしたが、高校生の頃にジャズに出会い、いつしかピアノ演奏の興味の内容がジャズに移ってしまい、クラシックは疎かになってきてしまいました。それでも今でも自宅でたまに練習していたり、ライブでも途中に1曲ぐらい披露したりする事はよくありました。しかし、今回のように1ステージ全てクラシックの曲で統一するというのは初めての試みであり、よく考えると、それは自分のピアノ人生でも経験の無い事でもあったのです。クラシックで人前で演奏を披露するというのは、前述の状況以外にはピアノ教室の発表会ぐらいしか思い当たらなく、ここでも1人1曲披露が当たり前です。そうなると、今回は1ステージにクラシックの曲を詰め込んだ結果、合計7曲ものクラシック曲を披露する事になりました。しかも、そのうちの1曲は、第1楽章から第3楽章まである大曲です…。練習時間もいつも以上に必要で、なんでこんな無謀な挑戦をしてしまったのだろうと思った事もありましたが(笑)、2ステージ目のオリジナル編も含めて、全編やり切りました。達成感もひとしおで、本当に挑戦して良かったと思っています。クラシック演奏を通して得られた、自分のオリジナル曲へのアプローチもとても心地良いものでした。少し振り返ってみたいと思います。

  

 クラシック演奏らしく、この日はフォーマルな姿勢で臨んでみました。ここでは珍しく、開演前のビールも我慢しておいています(笑)。見事な緊張感が溢れ出ていましたが、これは自分自身が緊張していたからでもありましょう。1曲目の“Piano Sonata No.16 in C major, K.545”(モーツァルトピアノソナタ、ハ長調)を始め、今回はクラシックでも特に有名な曲ばかりを取り上げたので、尚更緊張しやすい空気感だったのかもしれません。ただ、このピアノソナタやメンデルスゾーン“Lieder ohne Worte, Op. 19-3”(狩の歌)、そしてショパンの“Prelude Op. 28-15”(雨だれの前奏曲)は、学生時代にピアノ発表会で披露した曲でもあるので、それこそ何ヶ月も練習していた、特に思い入れの強い曲でもあり、今回はその時の自分を重ねつつ、今の自分に消化させながらピアノを弾く事で、ピアノと自分との対話を楽しませて頂きました。次第に緊張も解れ、クラシック・ステージの後半では少しリラックスして臨めるようになってきました。
 そして今回、自分が特に力を入れていたのが、クラシックの中で一番好きな作曲家と言える内の1人、ベートーヴェンの“Piano Sonata No.8 Op.13(pathétique)”(悲愴)でした。これは本当に昔から聴いていた曲で、それこそ自分が母親のお腹の中にいる頃から聴いていたのではないでしょうか。第3楽章のみ、ピアノの発表会で披露した事はありましたが、第1楽章、第2楽章共に大好きな曲で、いつか続けて披露してみたいと思っていた曲でもあったのです。曲の長さは全部で20分弱と正に大曲なのですが、この曲を自分のライブで弾ける事の幸せは、なかなか言葉で言い表せるものではありません。時間をかけて練習してきた分、この日の演奏が一番上手く表現が出来ていたようにも思えました。
この曲のあと、ショパンの“Nocturne Op.9 No.2”を弾いて、クラシック・ステージは終了。良い締め括りになれた時間でした。

  

 そして、今度はオリジナル・ステージへと突入します。先程の緊張感とは打って変わって…というと緊張無しに見えてしまいますが(笑)、また異なった緊張感で臨めたステージだとは思っています。ここで披露させるのは、今回のソロピアノライブでも取り上げた様々なジャンルの音楽達を消化させ、自分からのアウトプットで作り得た、オリジナル曲というフィールド。今回の集大成とも言えるステージでもありました。テンポをフリーにし、少し揺れて弾いてみた“Casa Familia”から開始させ、これまでのオリジナル曲を改めて見直せた時間にもなったと思います。
 “The Day Of The Black Key”や“A Short Novel”等、意外にもソロピアノではこれまであまり披露してこなかった曲にも挑戦しましたが、久し振りに、ソロピアノで弾く事を前提に自分が作った“Off The Grid”も披露させて頂きました。今回のソロピアノ2DAYSを通してみて、改めて自分にとってのソロピアノとは何か…と問いかけられた時の答えになれたような、そんな演奏になったと思います。
 アンコールには、これまで幾度となく演奏してきた“Monte Fiesole”を取り上げました。この曲は御存知のように、トリオの演奏で何度も演奏していますが、ソロピアノでも何度もやってきた曲でもありました(自分名義意外も含む)。今回は気持ちを新たにして、全くフラットな姿勢で演奏していく事に務め、お越し頂いたお客さんとの良い時間を楽しめたように思います。本当に嬉しい時間でした。どうもありがとうございました!

    

 …と、これで終わりにはしませんでした(笑)。もう1曲用意しています…と言い、前日と同じく“DIRTY BULLET”シリーズをお届けさせたのでした。しかもこの日は、“DIRTY ROSES”に加えて“DIRTY DROP”も取り混ぜたスペシャル・バージョン!…ある程度事前に決めていた構成と、その場で即興で紡いでいった部分を組み合わせて、この日限りの演奏にてソロピアノライブの締め括りとさせて頂きました。この時は脳内も解放され、色々な意味でピュアな自分の演奏をお届け出来たのではないかと思います。大きな拍手、歓声、どうもありがとうございました。自分の楽しく演奏出来ました!

 さて、このように盛り沢山でお届けしたソロピアノ2DAYSでしたが、終わった後は本当に嬉しい余韻が広がっていきました。前述のような達成感、そして自分はピアノという楽器が本当に好きなんだと思えた2日間。この事を改めて思い起こせただけでも、挑戦した甲斐があるというものでした。そして、ますます次のステージに進みたくなってきました。またいつか、自分とピアノと1対1で向き合える時間を作りに、ソロピアノライブに挑戦していきたいと思います。ありがとうございました!…またどうぞお越し下さいませ!


 ・1ステージ 1、Piano Sonata No.16 in C major, K.545
        2、Lieder ohne Worte, Op. 19-3
        3、Träumerei
        4、Prelude Op.28-15
        5、Gymnopédies No.1
        6、Piano Sonata No.8 Op.13“pathétique”
        7、Nocturne Op.9 No.2

 ・2ステージ 1、Casa Familia(オリジナル)
        2、The Day Of The Black Key(オリジナル)
        3、A Short Novel(オリジナル)
        4、Off The Grid(オリジナル)
        5、Everybody Knows That(オリジナル)
        6、From East(オリジナル)
        7、Gare de Chasse-sur-Rhône(オリジナル)

 ・アンコール 1、Monte Fiesole(オリジナル)
        2、DIRTY DROP〜DIRTY BULLET〜DIRTY ROSES〜DIRTY BULLET

 
☆外苑前 Z・imagine のHP…http://www.radio-zipangu.com/zimagine

拍手[5回]



【LIVE前の竹内さんの手に透明なドリンクが。目の錯覚…ではなかったはず】
それを見た時点でもうこのLIVEにかける意気込みが感じられたというものです。
内容は透明とは真反対の濃い充実の時間でした。アンコールの2曲でその幅の広さを象徴しているかのようです。
『Pictures』CDも残りがなくなりということでしたね。10年前にこのCDにサインしていただいたLIVE(しかも旧 Z・imagine )でごいっしょだった方とこの日偶然ともにLIVEをお聴きできたこともうれしく思いました。

このLIVEの空間にいられたのも、何かのご縁&巡り合わせ。
またいろいろな音を楽しめたらいいなと思います。


【その部分でも挑戦でした】
とても濃い時間を過ごせました。勿論、2nd ステージの
際には透明➡ゴールドになったわけですが(笑)、その
経過を通してこそ成し得た世界観が見えた気がします。
『Pictures』も本当に色々な方に購入して頂きましたが、
ここでひとまず区切りが付けられました。より良い作品、
より良い演奏をこれからも作り続けていければと思います。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月10日(月)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之
(Sax)藤田淳之介

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


08 2018/09 10
S M T W T F S
2 4 6 8
11 13 14 15
16 17 18 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30
[09/23 cheap crystal awards]
[09/23 http://wiki.csconnectes.eu/index.php?title=User:AlyssaWilmer977]
[09/22 Jasa SEO Murah]
[09/22 barkbox free toy coupon]
[09/22 spartan race australia coupon code]
[09/21 using a drill press as a milling machine]
[09/21 竹内]
[09/20 こんぶ]
[09/11 竹内]
[09/09 おちゃ]
[08/24 竹内]
[08/23 おちゃ]
[08/02 竹内]
[07/28 おちゃ]
[07/19 竹内]
[07/12 おちゃ]
[06/28 竹内]
[06/26 おちゃ]
[06/21 竹内]
[06/15 おちゃ]