2018 / 06
≪ 2018 / 05 1 3 4 5 6 7 8 910 13 1617 18 19 21 23 25 26 27 28 29 302018 / 07 ≫

 少し時間が経ってしまいましたが、6月1日(金)は TRI4TH で代官山 UNIT にて、久し振りとなるワンマンライブを行ってきました。これは5月23日(水)に全国リリースさせて頂いた TRI4TH 初のカバーアルバム『Hybrid ROOTS』のリリース・パーティーであり、ここから始まる全国ツアーのスタートの日でもありました。当日の UNIT は有り難い事に満員御礼状態。前述のように、TRI4TH にとって久し振りのワンマンライブ…。ステージパフォーマンス等、詰めに詰めて臨んだ1日になりました。少し振り返ってみたいと思います。

    

 当日は、かなり余裕を持ってお店に入りました。その後、サウンドチェックをするのはいつもの事ですが、久し振りに使用する TRI4TH フラグ、そして照明や進行の打ち合わせ等、そもそもサウンドチェック前にやる事も多いのです。TRI4TH でワンマンライブというと、昨年の12月に行われた〔TRI4TH、クリスマスの 360° LIVE参照〕以来、約半年振りというタイミングにもなっていたので、入念に準備を行いたいのは当然の事でもありましたが、それよりも、以前より更に仕込みを完璧にすべく、だからこそ時間をかけて行っていた…という部分が大きかったのでした。また、お店の方や当日のスタッフの方も含め、自分達のライブに関わる方々も多くなってきています。時間がかかるのは当然の事で、また、多くの方とこれからライブを一緒に作っていくべく、チームとなって進めていくという認識がより強く感じられた時間でもありました。この日から販売される新しいグッズの確認も勿論しておきます!

    

 本番は、ほぼ時間通りに始まりました。今回はDJに、いつもヘアメイク等でお世話になっている AnthologyHair のマイサワさんにお願いしており、これまでの TRI4TH を次々に流して頂いた後に、そのままSEへと突入させます。曲は勿論、今回のカバーアルバムでも収録させて頂いている、F.I.B JOURNAL の“Politician in Mourning”。ここで自分達とお客さんは、ステージ上で初めて対面しますが、フロアに予想以上に沢山の人…。そして大きな拍手…。最高の瞬間でもあり、最も気が引き締まる瞬間でもあります。ここから約1時間半、今の TRI4TH のステージを思う存分に披露する時間がスタートされたのでした。

    

 今回は『Hybrid ROOTS』のリリース・パーティー。当然、そのCDに収録されている楽曲を中心にお送りしていきますが、カバーアルバムであるが故、TRI4TH のオリジナル曲が必然的に少なくなってしまうという事が予想されていたかもしれません。…しかし、その事を忘れてしまう程、今回のカバー・アレンジのサウンドは正に TRI4TH!…といった印象を持たれたのではないでしょうか?…自分達も、そこが一番気を遣ったところで、カバー演奏というと、どこか客観的に曲を捉えてしまう傾向がありがちになってしまうところがあるのですが、アレンジは勿論、演奏面でも入念にリハーサルを繰り返して、違和感無くステージのレパートリーに組み込めるところまで持っていけたのでした。それはやはり、皆が尊敬している先輩方の楽曲…という想いもあるからでしょう…。曲にも敬意をはらって、自分達のパフォーマンスに消化していく。これが TRI4TH 流のカバー・アレンジなのです。

    

 そして、この日限りのゲストもお呼びしています。前述の F.I.B JOURNAL より、ボーカルの山崎円城さんです!…円城さんには『Hybrid ROOTS』のレコーディングにも参加して頂いていますが〔TRI4TH、2018年最初のレコーディング参照〕、今回のステージにも参加して頂ける事になっていたのでした。レコーディング収録曲である
“Politician in Mourning”、そして、TRI4TH 楽曲である“Walk Together”にも参加して頂き、ポエトリーの世界観と合わせて、この日ならではのステージが出来上がらせました。即興演奏でこちらも追い付いていき、言葉(歌ではなく)と音との唯一無二の掛け合いを楽しみました!

    

 盛り沢山な内容を詰め込ませて頂きましたが、まだツアーも途中ではあるので、詳細はこの辺りに留めておきましょう。カバーアルバムのツアーではあれど、TRI4TH にとっては新たな挑戦を存分に詰め込んだツアーです…。このブログを書いている時点で、残すところは大阪と福岡の合計2ヶ所。是非ともお越し頂き、自分達の音楽に触れてみて下さい。そして自分達のライブを通して、カバーさせて頂いたバンド達の魅力さ、偉大さに改めて気付かされると思います。

    

 リリース・パーティーを終えた後の打ち上げ会場にて…。初日を無事に終えられたからこそ、皆で囲んで飲むお酒は美味しいものです。今回も多くの方にお世話になりました。どうもありがとうございました!


   ☆TRI4TH、Hybrid ROOTS リリースツアー(後編)
・6月16日(土)梅田(大阪)シャングリラ
Open…17:30〜、Start…18:00〜
Charge…前売り3800円(共にドリンク別)

・6月17日(日)天神(福岡)The Voodoo Lounge
Open…18:30〜、Start…19:00〜
Charge…前売り3800円、当日4300円(共にドリンク別)

※以上、メンバーTRI4TH≫(Tp)織田祐亮、(Sax)藤田淳之介、(Ds)伊藤隆郎、
             (B)関谷友貴、(Key)竹内大輔

    


 そして、ツアー後編のスケジュールを今一度載せておきます。各地で皆さんに会える事を楽しみにしております。どうぞよろしくお願いします!

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆F.I.B JOURNAL のHP…http://fib-journal.net/

 ☆代官山 UNIT のHP…http://www.unit-tokyo.com/

拍手[9回]



【代官山 UNITがもはやTRI4THのホームに!】
タカオさんが語っていた秋のツアーでやる大きな会場とはいずこでしょうか?そこに自分は参戦しても浮かないかな、足腰ガンバロウ、と思ったり。
5人が元気に演奏で爆発してる姿を目にするだけでもう感動です。
リリースツアー、最後まで勢いよく突っ走ることでしょう、東京編大成功おめでとうございました。
【どうもありがとうございます!】
UNIT はもはやお馴染みの場所になって嬉しいです。
しかも、UNIT でのワンマンの中では、最もフロア内が
パンパンになっていたのではないでしょうか。自分達の
成長も感じられるハコ…。ここで幕を開けられて光栄
でした。秋のツアーも楽しみにしていて下さい!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

7月8日(日)
吉祥寺 Sometime
Open…11:00~、
1st…14:00〜、
2nd…15:30〜、
Charge…1000円(ドリンク別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中