2017 / 10
≪ 2017 / 09 2 4 7 9 12 13 1415 16 17 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 2017 / 11 ≫

 昨日は、TRI4TH で『ねぼけフェス』…と銘打たれたイベントに出演してきました。これは、TRI4TH の 3rd.CD『Five Color Elements』に収録されている、PV曲でもある“Everybody Knows That”のPV〔“Everybody Knows That”PV公開!参照〕の監督・撮影をして頂いた、壱岐紀仁君の映画作品である『ねぼけ』の劇場公開を記念して開かれたもので、この映画の音楽を担当したのが、我らがトランペットの織田君でもあり、その縁で実現したものでした。当日は TRI4TH の他にも、映画の主題歌を担当されたシンガーソングライターのイノトモさん、そしてロックミュージシャンの松本素生さんも出演という豪華な布陣で、更には出演者も何人か集い、『ねぼけ』公開実現のお祝いを兼ねた、とても華やかな1日になりました。

    

 場所は渋谷 TSUTAYA O-nest にて行われました。ここはエントランスフロアとなる6階と、ステージフロアの5階に分かれていますが、まずは6階にて、主演の友部康志さんによる落語が行われました。ここで驚くべきは、友部さんの噺家は役柄なのであって、そもそもは俳優さんであるという事です。しかし、バーカウンターを高座に見立て、そこで行われた演目は正に噺家そのもの。『ねぼけフェス』の幕開けに相応しい、堂々とした空間がそこにはありました。

    

 その後、フロアを5階に移して、ライブパフォーマンスの始まりです。まずは松本素生さんの弾き語りから静かに始まりました。シンプルな曲ではありますが、確かな構成力と歌唱力で最初からお客さんを惹き付けます。また、歌詞もすんなり耳に入ってくる等、強い想いを込めた曲だからこそ伝わるものがあるのでしょう。今回は自分達も入れて3バンドの出演者がいましたが、トップバッターとして、そのインパクトは十分に披露されていたと思います。その後には、映画『ねぼけ』の映像も少しだけお楽しみ頂けたようです。

    

 そして次の2番目の出演者として、我々 TRI4TH の出番となりました。ソロで弾き語った松本さん、また、この後に出演するイノトモさんはトリオ編成であるものの、静かな楽曲である事は分かっていたので、5人編成で派手に弾け散らかす(笑)我々は、今回のフェスではだいぶ異色な存在だったように思うのですが、そんな状況でもぶれず、最初からカッ飛ばして行きました。これが現在の TRI4TH のやり方なのです!

    

 途中、久し振りに“モノクローム”の一節を思わせる部分を挟んでみましたが、それ以外の選曲としては全てアゲアゲ系の曲を持ってきました。こういったフェスなので、ステージ時間的には30分強という短いものではありましたが、“踊れるジャズ”の TRI4TH の魅力をギュッと凝縮してお送りしたステージになりました。その分、演奏側としてもスタミナが必要な曲ばかりが続いた為か、疲れも相当なものではありました。陸上で言うところの、400m走辺りの感覚というところでしょうか…(笑)。30分のステージが、もしかしたら一番大変?…と思いつつ、やり切った後の爽快感も最高だったのでした。

    

 自分としても、自作の曲である“Everybody Knows That”のPV監督という関係から、壱岐君とは長い付き合いになりますが、こういった演奏という形で恩返しを出来たような部分もあり、とても良い時間を過ごせたと思いました。また、今回初めて自分達のステージを見て頂けた方も多かったようで、その上で最高に盛り上がってくれていたのが嬉しかったです。このままイノトモさんのステージに、良い形で繋げられたのではないでしょうか。

    

 イノトモさんは、ペダルスチールギターとウッドベースという珍しいトリオ編成でステージに上がっていました。1つ1つの楽器の音が会場に染み渡り、心地良い空間を作り出しています。究極の癒しの時間、そして最後にお送りした、『ねぼけ』の主題歌となった“イトナミ”。この曲にはPVにもなっていますので、良かったら御覧下さいませ。ちなみに、織田家がかなり協力してくれています(笑)。必見です!
 それを受けてなのか、イノトモさんのステージのアンコールには織田君が半ばサプライズ的に登場し、トランペットで楽曲に加わっていました(右上写真参照)。あのやり取りからすると、本当にその場で行われたものだったかもしれません。人と人が織り成すライブ感は、正に今回のイベントの閉幕に相応しいものでもありました。




 こうして、今回全ての出演者によるパフォーマンスが終了しました。あっという間ではありましたが、本当に個性豊かな出演者が揃っていました。そうした個性の集まりで出来上がったのが映画『ねぼけ』でもあり、劇場公開が実現したのも嬉しい限りです。今月12月17日から東京は新宿のケイズシネマにで公開との事なので、自分も足を運ばせて頂きたいと思います。

    

 壱岐君が映画を作成する…という話しを聞いたのが、もう3年も前の事になり、その後には、確かクラウドファンディングまでも行い、本当に地道な作業ではあったと思いますが、そんな強い想いが沢山詰まっている作品に違いありません。今後の展開に御期待下さい。今回は、このような機会をどうもありがとうございました。そして改めて映画『ねぼけ』、劇場公開おめでとうございます!

 ☆『ねぼけ』のHP…http://neboke.info/

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆渋谷 TSUTAYA O-nest のHP…http://shibuya-o.com/nest/

拍手[3回]



この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月21日(木)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st.…19:30〜、
2nd.…21:00〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Guest Member…(Sax)副田整歩
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 7
9 12 13 14
15 16 17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31