2018 / 07
≪ 2018 / 061 2 3 5 7 9 11 13 15 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 2018 / 08 ≫

 今日は、フロムナウというユニットの、ライブのサポートに行ってきました。場所は、渋谷の公園通りクラシックスというお店にてで、自分を含めて皆初めての場所のようでしたが、調べてみると、いつも自分のピアノトリオでライブをやらせて貰っている外苑前 Z・imagine と系列が同じお店なのだそうで、個人的には変な縁を感じてしまいました(笑)。
 これは、元はベースの池田暢夫君から誘って貰った演奏だったのですが、フロムナウは最近、ライブを“アコースティック・スタイル”と“バンド・スタイル”に分けてやっているらしく、今回はやはり?“アコースティック・スタイル”の方で、自分も生ピアノで参戦…というものでした。しかし、よくよく聞いてみると、フロムナウに鍵盤を入れる事自体が基本的には初めてらしく、それはある意味で新しいサウンドの開拓というライブでもあったように思えたのです。また更に聞くと、誘った当の池田君は、当日他のライブがある為に、こちらのライブで演奏する事は無く(初めの30分くらい、チラリと見に来てくれましたが…笑)、何だか単体での参戦になってしまったような感はありましたが、、、楽しく出来たライブではありました。

  渋谷の公園通り沿いにあるお店です  彼らがフロムナウです…リハ中の写真(笑)

 そもそもピアノを入れた事が無いという事は、全く今までとは異なったサウンドのアプローチになっているという事で、かなり自由に出来る反面、どこまでフロムナウらしいサウンドの演奏出来るのか…というのがキー・ポイントになっている気がしました。…もちろん、フロムナウの曲を自分が演奏するのは今回のライブが初めてですし、しかもワンマン・ライブなので、やる曲もそれなりに多い感じです(アンコールも入れれば、自分が演奏したのは12曲です)。気合いを入れて弾かなければいけないのは当然でした。
 フロムナウの作り出す音楽というのは、基本的にギターが基本になっています。なので、どちらかと言うと、ピアノはそれに付け足す…という部分が多いようにも思いましたが、たまにソロとかも回ってきますので、うかうか?してはいられません(笑)。また、この日はベースがいないという事で、ベースの音域(時にベースライン)もピアノが弾かなければなりませんでした。特にテンポが速い曲等は本当に大変な事でしたが、パーカッションの多大なるサポートにより、この辺りは救われていたように思います。

  良い雰囲気のお店でした  お疲れ様でした♪

 しかし、何だかんだで演奏する上で気にしていたのは、やはりメロディでしょう。ボーカルのいるユニットだから当たり前だと思われてしまいますが、これは歌の伴奏という立場においては、非常に大切な部分だったりするのです。難しい話しになってしまいますが、ただコードに即して普通に弾くだけでは駄目で、メロディの載っているテンション・ノートを参考に、ピアノのボイシングを決めていく…という感じです。はい、難しいですね(笑)。
 要は、メロディをよく聴けって事なのですが(笑)、メロディを生かせた楽曲を聴かせるなら当然の事だとは思います。そして、どうやら今回のピアノ入りでのライブは好評だったらしく、それはスタッフの方にもお客さんの何人かにも言って頂いたので、本当に喜ばしい限りでした。今まで、アレンジ的にはピアノが入っていなかった曲に、急にピアノを入れて演奏する…というのは大変な作業ではありましたが、一気に報われた感じはありました(笑)。この勢いで、またよろしくお願いしたいです。どうもありがとうございました!

 ☆フロムナウのHP…www.fromnou.com/

 ☆渋谷公園通りクラシックスのHP…www.radio-zipangu.com/koendori/

拍手[1回]



【「短夜」というリサイタルタイトルそのままの夜】
 フロムナウの曲・・・歌詞が男性のナイーブなところを表現している感じがしてボーカルの方の声とギターもマッチしており、そこに竹内さんのピアノがかぶさり・・・とても心地よかったです。客席に池田暢夫氏を発見、一眼レフで撮影して・ステージに大声援を送る、の後見失ったのはそういう事情だったのですね。会場の都合からか、出演者の入退場が客席真ん中の通路を通っていきなり!というアイドル仕立て(?!)でしたが、サポートのパーカッションの方もなぜかアイドル扱い(?)なのも面白かったです。メロディを生かす伴奏、いろいろと苦労がおありですが、また共演の機会があるかもしれませんね。
【fromnou】
音楽のむずかしいことはよくわかりませんがとっても気持ちいいライブでした。ありがとうございます。ピアノ素敵でした!
【無題】
>おちゃさん
 昨日は、お声を掛けられずにすみません!どうもありがとうございました。
 そうです、タイトルに触れられないまま来てしまいましたが(笑)、昨夜は
 何となくシークレット・ライブ的な…何だか不思議な魅力を放つライブでも
 あったと思います。楽しんで頂けましたでしょうか。またお越し下さいませ!

>Kimikero さん
 はい、まあ音楽的な事はこの際置いておきまして(笑)、楽しい夜だったと
 思いますし、タイトル通りの雰囲気が出せた夜でもありました!…この
 短夜というタイトル、実は“短”が凄く当日の印象を強いものにしているなあと
 思っていたりもします。書き込みどうもありがとうございました!
【あわわ】
 すみませんなんて、私はすてきな演奏をお聴きすれば満足して、ライブが終わるといつもしみじみしながらそそくさと帰ってしまうのを恒例としているのでもったいないお言葉ありがとうございます。ボーカルの松井さんが話されていましたが「人がたくさん歩いている道から少しだけ入ったところで、秘密に行われている」感じがするライブ、良かったですねえ。フロムナウファンの皆さんに「ピアノの魅力」をもみせつけた(?)場面もあったのではないでしょうか・・・。また今後も楽しみにしています。
【いえいえ…】
そんなお気遣いなさらず。そのお喋りもライブの一環ですから(笑)。
ピアノの魅力、伝わっていたら嬉しいですよね。更にウッドベースとか
加わって、是非今後の恒例になったら面白いかなって思っています。
【フロムナウ】
うわ~ピアノの入ったフロムナウ、聴いてみたかったな~。
実は、サポートに池田君が入っているとわかった時点(名古屋w)で、いつかもしかしたら、竹内君が参加するなんてこともあるのではなかろうか~と密かに思っていました。リハの記事を読んだとき、思わずニヤリとしてしまいましたよ。
きっとまたいつか聴ける機会もあると期待しつつ、今からフロムナウのHP覗いてきます^^。深夜ラジオで聴いていた頃がすでに懐かしいです。

って、今頃NYですね!どうぞお気をつけて、楽しい旅を~☆
【ニューヨークです(笑)】
ええ、自分もいつか、参加する事になるんじゃないかなって…(笑)。
そして、それは意外にも早く訪れたような気もしています。今後もまた
ライブはやる事になると思うので、機会があれば是非起こし下さい!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

7月8日(日)
吉祥寺 Sometime
Open…11:00~、
1st…14:00〜、
2nd…15:30〜、
Charge…1000円(ドリンク別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 5 7
9 11 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
[07/17 selengkapnya disini]
[07/17 jasa backlink murah]
[07/17 baca disini]
[07/17 Infonya Disini]
[07/17 jasa backlink berkualitas]
[07/17 jasa backlink berkualitas]
[07/17 oxzipper.com]
[07/17 psychic Giant]
[07/17 Noatattoo.com]
[07/17 jasa backlink murah]
[07/17 jasa backlink murah]
[07/17 Mikel]
[07/17 legit psychic readings]
[07/17 whjxsb.com]
[07/16 buy spartagen xt]
[07/16 free tarot card readings online new age]
[07/16 newtown casino cheat]
[07/16 discounteffexortoday.blogspot.com]
[07/16 addiction recovery]
[07/12 おちゃ]