2017 / 12
≪ 2017 / 11 2 4 6 8 10 12 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 2018 / 01 ≫

 ボーカルの鹿嶋敏行さん、シンガーソングライターの斎藤さっこさん、水井涼佑君が作り出す音楽の夜のイベント、『両手に奇才』。今回、久し振りにその第4弾が行われました。前回の第3弾が2014年8月の事〔両手に奇才 3.参照〕だったので、約2年振りというタイミングになってしまいましたが、この2年間でメンバーがそれぞれ成長してきた部分も垣間見えた、とても重要な1日になったと思いました。

    

 それはトップバッターの水井君のライブを見て、即座に伝わってきました。ピアノ弾き語りというスタイルではあるものの、そこから生まれる世界は“弾き語り”と括るには勿体無い程だと思います。元々、オリジナル曲の個性は強かったですが、更に説得力というものが加わったのが今回のステージでした。見て納得、聴いて納得。圧巻でありました。
 2バンド目の斎藤さっこさんのステージは、更に豊かさが増していたとでも言いましょうか。今回のライブにかける気合いみたいなものを感じましたが、それが良い具合に曲に表れていたのではないかと思います。歌も勿論良いのですが、ピアノの方に特に感じたかもしれません。弾き語りでは伴奏も重要になりますが、その部分の成長は、曲の魅力を更に押し上げたようにも映りました。

    

 そして3バンド目に、鹿嶋さんと自分とのデュオ演奏になります。今回はビリー・ホリデイを特集する形でセットリストを組んで臨んでいきました。そもそもヘビーな内容になる事は百も承知でしたが(笑)、こういった深い部分をピアノで表現する事は、自分的には楽しい挑戦でもありました。その中でもやはり“ヨイトマケの唄”は外せず、自分達が一緒にやる時のテーマのようなものも打ち出していきます。
 会場の雰囲気もあると思うのですが、ここはお客さんが本当によく耳を傾けてくれます。お店は自分は初めて訪れた、高円寺 U-ha という場所で、手頃なサイズながら、居心地の良い空間を作り出してくれていました。それはお客さんだけではなく、演奏している自分達も同じで、良い集中力を持った時間を過ごす事が出来たのでした。集中VS集中?の時間でもあったかもしれませんが(笑)、楽しめました。ありがとうございました!

    

 …さて、3方の演奏が終わりましたが、ここから今回の目玉とも言えるコラボステージの始まりとなります。前回と同じく、コラボのみで1ステージ分のライブをやってしまうという、ある意味4バンド出演の感じがある流れですが(笑)、確かに面白い試みでもあるのです。特に今回はそれぞれのメンバーが入り乱れてと言いますか、やる曲もそれぞれの持ち曲をお互いの人達で演奏したりと、よりバラエティに富んだコラボを楽しむ事が出来ました。
 特に楽しんでいたのは、勿論、奇才の3方です(笑)。表情を見てもそれは明らかで、やはりこの2年間に蓄積されたものは大きかったのではないでしょうか。そしてこの共通の場で、お互いの成長を見せられる喜びというものが、このステージには満ち溢れていたように自分は思ったのでした。そんな自分は最初と最後に加わらせて頂き、斎藤さっこさんの曲を演奏させて頂きました。良い時間になったのではないでしょうか。

    

 多くのお客さんにお越し頂き、音楽の聴く事、演奏する事の喜びを共に分かち合える、とても充実した1日にでした。今回は2年振りとの事でしたが、今度はもっと短いスパンで開催しても良さそうですね!…そして色々なアイデアを持ってまた、奇才のステージに戻ってきたいと思います。改めまして、どうもありがとうございました!…そしてお疲れ様でした。

 ☆高円寺 U-ha のHP…http://coffeeuha.web.fc2.com/

 
☆鹿嶋敏行さんのブログ…http://blogs.yahoo.co.jp/kajimarl_to_the_world

 ☆斎藤さっこさんのHP…http://www.saitou-sacco.com/

 ☆水井涼佑君のHP…http://tosp.co.jp/i.asp?i=mizuiizumi

拍手[1回]



【奇才は世界を救います】
出演の4名の皆様が音楽に出会って、と言うのか音楽に選ばれて、そしていっしょに奏でることになって…そんな現場に出会えて良かったな~と思えた素敵空間でした。
【またもや名言的な…】
とにかく、4人で一緒に音を出す事ができて良かったです。
そう思えただけでも十分な事ですよね。次回も期待しましょう♪
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月21日(木)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st.…19:30〜、
2nd.…21:00〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Guest Member…(Sax)副田整歩
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 6 8
10 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
[12/15 Wallpaper Custom]
[12/15 wallpaper custom]
[12/14 pkinc.biz]
[12/14 rental scissor lift jakarta]
[12/13 竹内]
[12/11 おちゃ]
[12/09 竹内]
[12/01 竹内]
[11/25 最高!]
[11/24 おちゃ]
[11/12 竹内]
[11/06 竹内]
[10/31 おちゃ]
[10/25 竹内]
[10/24 おちゃ]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]