2017 / 09
≪ 2017 / 08 1 3 8 910 11 1617 18 22 23 26 28 29 302017 / 10 ≫

 先週の土曜である7月2日には、ボーカル・ギターのさばいばるいとうさんが最近企画されたライブイベント、『Blues みたいなよる』が所沢 Mojo で開かれましたが、ここで招集されたのが Dixie Pork というバンドだったのですから驚きです。自分の大学時代に、同じ軽音楽サークルのメンバー同士で結成されたアメリカン・ロック(我々は“髭ロック”と呼んでいましたが…笑)的なバンドで、バンドの詳しい経緯は〔Dixie Pork、一晩限りの演奏実現!〕を参照して頂きたいですが、正式なメンバーでのちゃんとしたライブとなると、なんと実に11年振り(!)ともなるステージが実現したのでした。
 メンバーの1人が現在は浜松在住なので、集まる事自体が大変なわけですが、今回のライブの為に事前のリハーサルも決行され、入念な準備をもってライブに臨んだのでした。所沢 Mojo という場所も、バンド活動時に何度かライブをやらせて貰っていた所でもあり、様々な気持ちが交錯された事でしょう。ライブ当日はお客さんも大入りで、昔から自分達 Dixie Pork を知っていた方も多かったです。

    

 今回は全部で4バンドが出演していました。自分はてっきり、いとうさんもメインで歌うのかと思っていましたが、ボーカルの安藤登美子さんのサポートとして、この時はベースでの出演のみとなっていました。その次には Rabbitfoot という2人組のバンドを経て、3バンド目に自分達 Dixie Pork の出番となったのでした。

    

 今回のステージ時間は約30分。5曲ぐらいが適当かと思われますが、だいぶ選曲には悩まされました。そもそもが11年振りであるので、リハーサルでは曲を思い出す事から始めなければならなかったわけですが(当時は譜面すら作っていなかったので…笑)、その中での至極の5曲をやらせて頂きました。順に書き出すと…、

 1、Find My Country Road
 2、GUMBO
 3、あくびのでるうた
 4、Eko EKo
 5、田園少年

 …という感じでした。“GUMBO”はキーボードの音色に関しても重要な曲だったので、今回は自分もキーボードを持って参戦。久し振りの曲の再現に自分でも満足でした。

    

 流石にメンバーが5人もいると、内容もわちゃわちゃしてきますが(笑)、ひとまずは皆で楽しくステージを共有出来た時間になったのではないでしょうか。その証拠に、これらの曲を終えた後、アンコールを頂いてしまいました!…ここで演奏したのが、かつての定番中の定番曲でもあった“パライゾ”。アメリカへの展望を抱いた曲でもあり、当時の事が懐かしく思い出されたものでした。まずは、やり切れた事に感謝。良いステージだったと思います!

    

 そしてこの日最後の出演となったのが、これまでも何度か対バン経験のある一級河川荒川団。皆、ベテランの風格漂っていますが、この度 1st.アルバム『FIRST or LAST !?』を出されたとの事です。なかなか興味深いタイトルですが(笑)、まだまだ活動の波を止めないこちらのバンドに皆で聞き入った風景は、正に Blues みたいな夜でした。居心地の良い空間を、どうもありがとうございました。次回の Dixie Pork の活動は…、どうなるのでしょうか(笑)?

 ☆Dixie Pork の過去のライブレポート…http://dixiepork.zero-city.com/livereport.html

 
☆所沢 Mojo のHP…http://mojo-m.com/

拍手[2回]



【セットリストもありがとうございます。】
「GUMBO」という曲の中のタイトルのリフレインが頭に残ります。
歌詞を聴いて「これが『田園少年』?」と思っていた曲が合っていてうれしいです。

今年下半期しょっぱなから、超重要なライブを聴かさせていただきました。
Dixie Pork 11年ぶりとは思えない、熟練した様子の演奏で、なんというか「音がみなぎっている」感じがして以前の密な活動を想像させます。
昔からご存じな方にはたまらない時間でしたでしょうし、初めてだった私にも、こちらのブログで読まさせていただいてたメンバーの皆さんの現在のリアルな姿での楽しい演奏を聴けて、ほんとうに貴重な時間でした。

対バンの一級河川荒川団さんのように末長く味わい深く、続いていくのでしょうか…皆さんの思いのままに…未知数な今後も楽しみですね。

【如何でしたでしょうか!?】
いやー、ついに Dixie Pork の音楽を知ってしまいましたね(笑)。
大学からやっていたバンドだったので、今の自分とはまた違った
側面もあるかと思いますが、ルーツと言えばルーツかもしれません。
あの頃はよくバンド練習もしていましたし、TRI4TH と同じく、
自然と曲を暗譜しているという点では、実は原点回帰とも言えた
かもしれませんね(笑)。どうもありがとうございました!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

10月7日(土)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st.…19:00〜、
2nd.…20:30〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


[09/27 diegogalisteo.blogs.uva.es]
[09/27 actualité dragon ball super]
[09/27 actualité dragon ball super]
[09/27 dragon ball super]
[09/27 news dragon ball super]
[09/27 drabon ball super 108]
[09/19 竹内]
[09/19 おちゃ]
[09/19 竹内]
[09/19 竹内]
[09/15 おちゃ]
[09/07 おちゃ]
[09/07 竹内]
[09/07 竹内]
[08/31 おちゃ]
[08/29 おちゃ]
[08/27 竹内]
[08/27 竹内]
[08/23 おちゃ]
[08/21 おちゃ]