2017 / 09
≪ 2017 / 08 1 3 8 910 11 1617 18 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 302017 / 10 ≫

 一昨日の3月31日(木)は赤坂 Kuro にてライブをやってきました。これは、今年の1月から始めた新企画『ふたりフォース』〔ふたりフォース、始動参照〕の第2弾で、今回はサックスの藤田淳之介君をお招きしてやっていきました。本家?TRI4TH のスピンオフとして始めたこの企画でしたが、前回がなかなか好評だった事もあり、第2回目の今回が開催出来た次第でした。お陰様で、予約の時点で大入りであり、最終的にお店は満員状態になりました。どうもありがとうございました!…自分達2人もビールを飲んで気合いが入るのでありました(笑)。

    

 今回の選曲でしたが、やはり TRI4TH ナンバーを中心に、カバー曲やジャズスタンダード曲等を混ぜつつ演奏していった感じでした。前回もやった“Everybody Knows That”や、藤田君作曲の“Hop!”、“Circle”、そしてだいぶ久し振りの“Night Hawks”等、懐かしさも感じつつやらせて頂きました。
 前回で何となく気付いていたのですが、普段 TRI4TH でやる時と、今回のようにデュオ編成でやる時は、同じ曲でも演奏の仕方が結構異なるのです。ピアノが勿論ベースラインも担当するのはお分かりかと思いますが、藤田君は2フロントでのサックスという楽器担当であるが故、普段は主旋律だけではなくハモりのパートを吹いたりしているところを、今回は基本的には全て主旋律を吹かなければなりません。その変化は意外に難しく、個人の技術力が問われる状況でもありました。

    

 実は、藤田君とデュオ演奏…というの形態は初めてではなく、むしろ今までに何度かやらせて頂いた事はありました。その時は流石に TRI4TH としての曲はあまり演奏していなかったと思いますが、逆に今回はその時にやった曲も選曲しつつ、お送りしていきました。ビートルズからのカバー曲として“Here,There And Everywhere”や、藤田君の飼っている亀をモチーフ?にしたオリジナル曲“Sakura”等、何だかんだでバラエティに富んだ選曲が出来たように思いました。
 ライブ本編の最後には、恐らく、自分と藤田君が最初に共演した時に演奏した曲と思われる、藤田君作曲の“Hawaian's Cafe”をやらせて頂きました。自分の記憶ですと、藤田君と最初に共演したのは2007年8月に、
Generation Gap の西日本ツアーでの鳥取にて、その時はゲストとして藤田君が参加した時〔竹内大輔の写真日記(~2009)、Generation Gap & The Linda カップリング・ツアー、西日本編(2007.7.28~8.5)参照〕で、その後2、3回くらいは演奏した事がありましたが、今回、本当に久し振りにやらせて頂きました。振り返ってみると、今回は『ふたりフォース』という事の他に、自分と藤田君の共演の軌跡…みたいな側面も含まれていたような気がしますね。色々な要素を楽しめた1日でした。

    

 そしてアンコールを頂きました。実は、最後までやるかどうか悩んでいた曲があり、せっかくなので思い切りました。それが“Dance 'em All”でした(笑)。やるかどうか悩んでいた…というのは、要は2人だけで出来るのか?と思っていたからです。しかし、何とかやれば出来るものなのですね…疲れましたが(笑)。…それでも、やはりこの曲は盛り上がります。やはり TRI4TH という存在に感謝です。改めて、5人いるって素晴らしいという事に気付かされたライブでもありました。それが『ふたりフォース』だったというのも面白い話しですが(笑)、お客さんも、普段の TRI4TH のライブとは違った楽しみを感じて頂けたなら幸いです。この先どうなるかはまだ未定ですが、本家 TRI4TH と共に、今後ともどうぞよろしくお願いします!

 ☆赤坂 Kuro のHP…http://www.livebar96.com

 ☆藤田淳之介君のHP…http://www.junnosukefujita.com


 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com

拍手[8回]



【無題】
MCで「ふたりフォースというゆるい空間があるわけですが…」と話されていたかと思いますが、おふたりにとってはゆるいどころか、きっつきつな2/5(にぶんのご)な演奏だったのですね。

“Hawaian's Cafe”を聴いたので、ふたりが初めて出会った時のブログも、思わずまた熟読してしまいました。おんぶ合戦、ボウリング大会や砂丘走りなど、今じゃやらなさそう?なことも満タンで、以前読んだ時の記憶が甦るとともに、ふたりのつながりの歴史にも思いを馳せることができて感慨深いです。

機会がありましたら、また「ふたりフォース」聴けると良いです、また私の(一方的に思ってますが)心の友の方々が客席に集ってくることでしょう、楽しみにしてますね。

【ホントですね…】
確かに、ゆるい…というか、きつい…の方が、演奏的な
ニアンスは合っているかもしれませんね。懐かしの曲も
沢山お送りし、ふたりの歴史を振り返れて良かったです。
次の開催に向けて、また一踏ん張りしていければと思います!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

10月7日(土)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st.…19:00〜、
2nd.…20:30〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中