2017 / 09
≪ 2017 / 08 1 3 8 910 11 1617 18 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 302017 / 10 ≫

 バイオリンの Tsumuzi 君の代表曲である“二月二十六日のタンゴ”。この曲に因み、Tsumuzi 君の中で2月26日という日はとても大きな意味を持つのでしょう…。昨年の2月26日には 2nd.CDアルバムとなる『ゲルニカの掟〜最果てのソレア』のレコ発ライブを行わせて頂きましたが〔Tsumuzi、CD『ゲルニカの掟〜最果てのソレア』レコ発ライブ参照〕、今年の2月26日には『二月二十六日のタンゴ記念& 3rd. Album 制作発表ライブ』という事で、表参道に位置するセゾンアートギャラリーという所で大々的にライブをお披露目させて頂きました。ライブハウスではなく、アートギャラリーで…という所が特徴的で、ただのライブではなく、バラエティに富むアーティストとのコラボが盛り込まれた、1つのストーリーを皆さんと共有するような、深みのある1日だったように思います。

    

 ステージはセゾンアートギャラリーの地下2階を利用して組まれましたが、まず建物に入って地下1階にはカフェ&バーのようなフロアが展開され、ここでは食事もでき、ライブ前後に自由に行き来してそれぞれの時間を楽しめるようになっていました。一見、コンクリート打ちっぱなしの無機質なフロアなのですが、バランス良く飾られたギャラリーと照明の雰囲気も相まって、何故だか温かみを覚えるような空気感がそこにはありました。
 そこから地下2階への吹き抜け部分に目をやると、大きな正方形の書道紙が置かれているのが分かります。実はこれは書道家の竹内翠凰さんとのコラボ企画で、今回のライブの最初を飾る曲である“二月二十六日のタンゴ”の演奏中に、この巨大なキャンバスに字を書いて頂き、演奏の終了と同時に作品もタイムリーに完成する…というものだったのです。このスペースは客席の背後にセッティングされていたので、演奏ステージを見ているお客さんからすると一見確認出来なさそうですが、ステージ上にスクリーンが用意され、字を書く作業は全てそこに映し出されていたので、その心配は無用でした。それは演奏中の自分達も確認でき、演奏の熱量が上がっていくにつれて、筆にも力強さが垣間見えた気がした等、正に演奏と書道のコラボという時間でもありました。その完成品が右下写真のものになります。上下を逆にして御覧下さいませ。中央にある大きな字は“二二六兵に告ぐ”…と書いてあります。

    

 さて、この“二月二十六日のタンゴ”の演奏中のイントロでは、小説家である永井紗耶子さんとのコラボも展開されていました。この曲をイメージした短い節を考えてきて頂き、演奏をバックに語って頂いたのでした。また、この時には“
香りの演出家”である小泉祐貴子さんによる、独自の香りを客席に提供しており(Tsumuzi 君自身も、この香りを付けて登場していたようです)、Tsumuzi 君の思い描く世界を色々な角度から表現していく様が見て取れました。そして、それらの表現に自分達も刺激を受け、演奏のニアンスも変わっていくのを感じました…。独特な空間ながら、非常に面白い時間だったように思います。

    

 勿論、演奏者側にもこの日はゲストをお呼びしてしまいました。それはフラメンコダンサーの伊集院史朗さんで、パルマを中心に、変拍子を駆使した難曲(笑)“ゲルニカの掟”ではその重厚なステップも披露してくれました。また、伊集院さんのハレオ(掛け声)に反応して、皆の演奏に更なる熱量が重なっていくの受け取られ、何だか心が涌き上がるものがありました。演奏と心というのもは強く繋がっているという事を、改めて感じさせられた時間でしたね…。

    

 このように盛り沢山でお送りしていき、全2ステージたっぷり…という感じでしたが、その時間はあっという間に過ぎていった感覚でした。その中には次作である 3rd.アルバムへの想いを込めた曲も盛り込まれ、今自分達が表現したい事と、これから表現したい展望の部分が、程良く収められていたと思います。2月26日という自分達にとっては節目と捉えるこの日に、1つの芯の通った集大成を披露出来たのは、自分達にとっても今後の自信に繋がったのではないかと思いました。是非ともご期待頂ければと思います。

    

 ライブ後には、ステージの最初に完成された書道作品をバックに、出演者全員で記念撮影を行いました(右上写真参照)。それぞれが異なるフィールドで活躍している方達ではありますが、こうして1つの同じ目的に向かって、個々の最大限の表現を展開する場所として、とても貴重な1日になったと思います。自分もその中の一員になれた事にとても光栄でした。またどうぞよろしくお願いします。ありがとうございました!

 ☆Tsumuzi 君のHP…http://tsumuzi2013.wix.com/ernestocielorecords

 ☆表参道 SEZON ART GALLERY のHP…http://sezonartgallery.com

拍手[3回]



この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

10月7日(土)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st.…19:00〜、
2nd.…20:30〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中