2017 / 06
≪ 2017 / 05 1 3 5 7 9 11 13 15 17 19 21 23 25 27 29 30 2017 / 07 ≫

 少し時間が経ってしまいましたが、先日の12月5日は黒船のライブをやってきました。この日は自分達の 2nd. CD『BREAKTHROUGH』の発売記念ツアーのラストを飾る日でもありましたが、実はCD自体の全国リリースも12月2日となっていたので、その2つのお祝いを同時に行う1日ともなりました。場所は、黒船のライブに所縁ある渋谷 Last Waltz にて…。多くの方にお越し頂き、ライブも大変盛り上がりました。

    

 今まで遠征ツアーで、このCDの発売に即したライブは何度かやってきましたが、今回は更にそのCDの世界観に踏み込んで貰う為に、1ステージ目はCDの曲順通りにやっていきました。その意味ではCDの1曲目の“Overture”から“ヨイスラ”への曲の繋ぎを再現出来た事は良かったのかもしれません。“Overture”自体が、このCDの導入の為に用意された曲でもあった為、今までライブの選曲に組み込む事が難しく、実は今回のライブが初お披露目でもあったのでした…。そして、ボーカルの里アンナさんが登場して、“ヨイスラ”にそのまま傾れ込む…。CDの世界観がバッチリで今回のライブの幕開けとなったのでした。

    

 他、“Affirmation”や“Mangrove”等も、今回もライブで初お披露目の曲達でした。本当にこの日はCDに収録されている曲を余す事無くお送りしており、その意味ではツアー・ファイナルと言うよりも、レコ発ライブという側面の方が強かった1日になっていたのかもしれません。しかし遠征ツアーを経て、確実にバンドサウンドの色が濃くなりましたし、一体感も数段良くなっています。ツアーの経験はやはり今回に生かされ、メンバーそれぞれも攻めの姿勢でライブに向き合う事が出来ていたように思いました。

    

 今回はスペシャルゲストとして、津軽三味線のはなわちえさんにお越し頂きました。説目するまでもなく、初代?黒船のメンバーの1人で、里アンナさんを除いた計4人のメンバーで、ここ Last Waltz で関谷君主催のライブ
関谷友貴の Live ソムリエ bottle.5!参照〕を行ったのが、この黒船誕生の切っ掛けでもあったのでした…。あの時に演奏した曲もやりつつ、現在の黒船のレパートリーにも何曲か参加し貰い、現黒船の津軽三味線を担当する、白藤ひかりさんとの津軽三味線バトルは感慨深いものがありました。今まで共演してそうな2人でしたが、実は共演は初との事で、とても貴重な時間になったのではないかと思います。

    

 こうして、『BREAKTHROUGH』のレコ発ライブ、並びにCD発売記念ツアーは終了となりました。ライブも盛り上がり、とても楽しい時間だったと思います。このライブ後には、クラウドファンディングで支援をして頂いた方との食事会が用意され、お客さん方と会話を交えながら、滅多に無い時間を過ごす事が出来ました。この方達のお陰で、CD『BREAKTHROUGH』は誕生出来たと言っても過言では無く、来年に向けた黒船の抱負をリーダー関谷君自身からも聞く事ができ、また面白そうな1年になりそうな予感でした。
 このCDを最初にレコーディングしたのが、今から約1年前の事で、これは前作のツアーを終えた直後の事〔2014年を振り返る 3.参照〕でもありました。…そう考えると、最初にCDをリリースさせてから留まる事無く突き進んで、今回のライブがあったようにも思えてきます。その意味では、ライブ後の現在はひとまずの休息時間とも言えるのかもしれませんが、是非とも来年の黒船活動も注目して頂ければと思います。…本当に多くの方の協力があってCD発売に至りました。改めて、どうもありがとうございました!

 ☆黒船のHP…http://www.peaceofcake.net/kurofune/


 ☆渋谷 Last Waltz のHP…http://lastwaltz.info

拍手[2回]



【三味線バトル中央に割って入るベースソロ、来マシタ!】
この瞬間、お待ちしていましたよ。待機中の関谷さんのつま先は、今か今かと、離陸のタイミングを待ち望んでいるかのように見えました。それは長い積み重ねの後に訪れた、本人やメンバーそして客席にとっても至福の瞬間に感じました。
全員に聴かせどころがある、白熱大盛り上がりのライブ、ありがとうございました~また黒船のパワーを蓄えておいて下さいませ、次回も楽しみに乗船したいです。
【自分も待ってました(笑)】
やはり、黒船はこうでないとですよね(笑)。
あの時に割って入るリーダーの笑顔は今でも
忘れられません(笑)。最近、この笑顔を
見たいが為に、自分のソロ等のヤル気も
パワーアップしているような気がしました。
またの御乗船をお待ちしております♪
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

2017年7月16日(日)
吉祥寺 Sometime
Open…11:00~、
1st.…14:00〜、
2nd.…15:30〜、
Charge…1000円(要1オーダー)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中