2017 / 09
≪ 2017 / 08 1 3 8 910 11 1617 18 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 302017 / 10 ≫

 先月の6月26日(金)、ボーカル・ギターの丸本達也さんのワンマンライブが今年も開催されました。毎年6月という時期は丸本さんの中で、ワンマンライブを行う事によって、年に1度の節目の月として認識させているのかもしれません。参考までに、これまでに合計3度行われたワンマンライブについて、おさらいをしておきましょう。

・2012年…〔丸本達也、初のワンマンライブ
・2013年…〔丸本達也、1年振り、2度目のワンマンライブ
・2014年…〔丸本達也、ワンマンライブも3年目へ…

 これまで、それぞれのワンマンライブには何かしらの特徴付けがあり、ワンマンライブならではの演出を披露してきたのですが、今回も例に漏れず、この日だけの特別パフォーマンスを予定してステージに臨みました。

    

 …その前に、ライブの雰囲気を記しておきたいと思います。この日は大勢の方にお越し頂きまして、そもそもがワンマンライブならではの空気感で溢れていたのですが、最初は流石に緊張感が増していたのかもしれません。その流れが徐々に解れ、時間が経つにつれ会場もリラックス。中盤には良い空気感になっていたのではないかと思います。
 まず1つの挑戦が、新たなマッシュアップというものでした。そもそもは何か今回もカバー曲をやりたいという事から、チャールズ・チャップリンの名曲である“Smile”を演奏しようとしていたのですが、前日になって丸本さんから、“スマイル”とのマッシュアップにました!…という連絡が来たのですから堪りません(笑)。“スマイル”は丸本さん自身のオリジナル曲で、最初は遊びで合わせていたらしいのですが、あれよあれよという間に1つのマッシュアップが完成してしまい、結構難易度の高い1曲が出来上がってしまったのでした。直前の知らせでしたので、正直今回のリハーサルでは、半分以上がこの曲に費やしたと言っても過言では無いのですが(笑)、本番がベスト・パフォーマンスだったと思います。自分達の最初の緊張は、この曲へ向けられたものだったのかもしれません…。

    

 また、今回も自分のソロピアノの時間を設けて貰ったのですが、この次の曲がDS(丸本さんはギターを弾かず、ピアノと歌での演奏という形式になります)という流れになっており、そのまま曲を繋げていくような形で演奏していきました。…ちなみに、ソロピアノで取り上げたのが自分のオリジナル曲である“Casa Familia”、今回のDSは“Ladybird”という選曲でした。また、“Ladybird”のエンディングとして、再度“Casa Familia”のフレーズを持ってくる事で、さり気なく1つのマッシュアップらしい展開になれたのではないかと思います。

 そして、この日ならではの演出をお見せする時がやってきました。それは1ステージ目の最後の曲の事で、スペシャルゲスト!…という事で丸本さんがステージに呼び出したのは、御自分が昔組んでいたバンドという『ロンリーハーツ』から、ベースの貞岡修さんと、ドラムの樋口南海さんでした。これは、自分からしたら“丸本さんサウンド”の大先輩と言える方々です…。自分が丸本さんのライブを手伝い始めたのが2007年10月〔竹内大輔の写真日記(〜2009)、丸本達也ライブ at 吉祥寺 Manda-la 2 参照〕の事ですが、この時に自分は何を参考にライブを手伝わせて貰ったかというと、他ならぬこの方々との音源なのです…。流石に、今は殆どライブが行っていないようですが、あの時に感じた丁寧な演奏は未だ健在で、自分も楽しく共演させて頂きました。

     

 曲は、お2人とも演奏した事のない“スランチェ”や“こゝろ
”等を取り上げましたが、やはり自分も楽しみにしていたのは、バンドメンバーで昔から取り上げていたという“まわっているのは”でした。ここでは最近の恒例?である、サビの部分でお客さん達が“回す”振り付けがあり、これがまた凄い光景になりました(右上写真参照)。有り難い時間だったように思います。
 この曲を演奏したのが2ステージ目の最後で、勿論アンコールが来たというのは言うまでも無いでしょう。そしてアンコールは2曲ほど用意しましたが、こちらもお2人が昔からやっていたという“Can't Sing Blues”と“カエルのお嬢さん”で、やはり慣れていたのか、ステージ上でとてもリラックスされているような雰囲気があったように感じました。即興的な部分も試されるというこの2曲ですが、それが却ってライブ感を煽り、全体的に良かったのかもしれませんね。

    

 こうして、無事に今年もワンマンライブを終える事が出来ました。そして、実は丸本さんとは今月7月18日(土)に、2度目の広島凱旋公演を行う予定になっています。個人的に気になるのは、広島の方にとって大事な?ワードである“15”をテーマにした曲“Fifteen”が、どのような展開を見せるか…という事でしょうか。ちなみに、今回のワンマンライブでは左上写真のような状態になりました(笑)。楽しみです。どうぞよろしくお願いします!…そして、今回もお疲れ様でした♪


    ●7月18日(土)広島 Antique
Open…14:30〜、Start…15:30〜、2ステージ
Charge…2000円(ドリンク別)
Member…(Vo,G)丸本達也、(Pf)竹内大輔


 ☆丸本達也さんのブログ…blog.livedoor.jp/waits2/

 ☆吉祥寺 Manda-la 2 のHP…www.mandala.gr.jp/man2.html

拍手[1回]



【3回をおさらいしました♪】
すると、初ワンマンの1曲目が「まわっているのは」だったと知りました。
今回のワンマン2ステの最後がこの曲で、そして最高に楽しい時間を
過ごせたことに、なんだかめぐりあわせを感じました。そして、この曲の元々の
音源を奏でていらした方々との共演の演奏は、丸本さんの曲に新たな印象を感じる
もので、とても新鮮でした。
そもそもの丸本さんと竹内さんの馴れ初めの日のブログまで遡って拝読、すると今はNYで
自分を試しているミキヤ君のかわいい姿の写真も…改めて貴重な出会いに感謝の言葉しかないです。
前日に決めた曲のお願いも、ライブ中でのもろもろののびのびとした振る舞い(笑)も、
丸本さんの竹内さんへの絶対的信頼感があってこそ。
ソロピアノから続く、そんなおふたりの曲の組み合わせはとっても贅沢な時間だったのです。
皆様、お疲れ様でした、今も思い出しては、楽しかったな、ありがとう、という
気持ちでいっぱいですよ。またよろしくお願いしまーす。
【おさらい、ありがとうございます!】
そして、やはり4度目のワンマンライブに至る軌跡が
ちゃんとあるのですね…。何かしら特徴付けのある
ライブをしていく…という意志を持って臨んだ証拠だと
思います。いつも足を運んで頂いてありがとうございます!
今後とも(本当に)どうぞよろしくお願いします!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

10月7日(土)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st.…19:00〜、
2nd.…20:30〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中