2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 先日、フルートの西仲さんのバースデー・ライブが行われました。毎年東京で行われていて、今回で8回目を迎え、自分も演奏で参加させて貰ってから7回目を迎えたわけですが、いつものように(笑)そのブログを書こうと思ったところ、何と昨年のバースデー・ライブのレポートが未だ手付かずなままではないですか!…最近このブログでは、1年前のツアー・シリーズ…的な記事が続いてしまっていて、それでも何とか約1年以内には抑えて来たつもりだったのですが、これこそ優先順位的には、昨年の記事から書き始めなければならないでしょう。…という事で、まずは昨年のバースデー・ライブの模様をお伝えしつつ、今年のバースデー・ライブの記事の方はもう少しお待ち頂けたらと思います。昨年の今頃は、西仲さんのバースデーを中心として3本のライブを東京で行いました(後に沖縄で1本開催します)。最初の1本は3月中の事なので、バースデー・ライブとは少し逸れる感じもするのですが、ここでは“東京ツアー”として、3本まとめてお送りしたいと思います。前置きが長くなりましたが、1年前の西仲さんの東京ツアー、どうぞ御覧下さいませ。

  3月22日(1日目)
 この日が、2014年における、西仲さんと自分の最初の演奏になりました。場所は、もう何度もお世話になっている銀座のわしたショップにてで、1ステージの短い時間でしたが、多くのお客さんにお越し頂き、温かい空間が出来上がっていたと思いました。

    

 いつもは、この1ステージに色々な曲を詰め込んでお届けしているのですが、今回はゆったりと聴いて貰おうと、曲数を限定して、そして1曲毎の魅力を最大限に表現していこうという想いで臨んでいきました。わしたショップでは何度も演奏させて貰っていて、馴染みのお客さんも増えてきた事もあり、こうしたコンセプトでお届けするのも良かったように思いました。
 しかし途中で、泡盛ベースの、生姜とパッションフルーツのお酒が店内に振る舞われてきた辺りから流れがおかしくなってきてしまいました。店長の粋な計らいで、それは自分達にも提供させて頂き、それなりにアルコール度も高かったので(12度)、何だかほろ酔い気分になってしまいます(笑)。それはお客さんも同じ状態だったわけで、どこからか開放されたような空気がやってきたと言いますか、演奏の終わりの時間が近付いてきても、まだまだやってくれ!という雰囲気になってきていたのでした。

    

 自分達も(特に自分が)飲んでしまっているので、じゃあ、やらせて貰おうかな…という感じでしたし、提供して頂いた店長さん的にも、どうぞどうぞという雰囲気があり、結局、曲そのものの演奏はゆったりとしたまま、いつもの曲数ぐらいお届けしてしまいました。本来ならばここでは40分くらいのステージ時間をお願いされているのですが、恐らくこの日のステージは1時間を越えていたのではないかと思います(笑)。しかし、それでも許されてしまう空気がこの時には確かに流れていました。正に、泡盛からの沖縄マジック。東京に居ながらにして、沖縄らしい空気感が楽しめた1日になりました。ある意味、自分達はこういったライブを目指していたのかもしれません(笑)。

  4月9日(2日目)
 …少し日にちが空いて、バースデー・ライブ気分も盛り上がってきた頃(笑)、今回まで続くバースデー・ライブと言えばここ、吉祥寺 Meg にてのライブです。何度となく使わせて頂き、今年も例外無く開催させて頂きました。勿論、西仲さんと自分だけのデュオ編成。今まで色々な編成でライブをやってきましたが、Meg はどこかデュオという編成に縁があるような場所である気がしています。
 西仲さん自身の誕生日は、この日の後に行う3本目のライブの方が日にちは近いものの、既に店内はお祝いムードになっており、差し入れやバースデー・ケーキをプレゼントしてくれた方もいらっしゃいました。お店には和やかな空気が漂い、自分達も非常にリラックスして演奏させて頂いているのですが、いざ演奏に入ると真剣モードに突入します…。演奏曲も慣れているので、固くならないで良い筈なのですが、だからこそ色々な演奏アプローチを選んでいかなければなりません。特に2人だけという場ですから、尚更です。しかし、その状況をお互いに楽しんでいるとも言えましょう。ジャズ・スタンダードから沖縄民謡まで、2人で出来る可能な限りの演奏をやらせて頂きました。

    

 こうして最初から最後まで、精一杯やらせて頂きました。写真の笑顔が物語っているかもしれません。こうして得たものを、また次のライブへと繋げていくのです。東京でのライブ期間も、あと1日を残すのみとなりました。

  4月11日(3日目)
 東京ツアーと便宜上に言わせて貰ったライブ期間も、この日で一応最後となりました…。最も西仲さんのバースデー(4月12日)に近いこの日は、学芸大学の珈琲美学にて、自分達の他にパーカッションにスズキトモヒサ君を迎えてトリオでお送りしていきます。スズキ君は西仲さんと初共演になりますが、自分とは他の現場で御一緒しており、西仲さんからパーカッショニストを探してほしいとの連絡があったので、自分が推薦してこの日が実現したのでした。スズキ君にとっては今回は初めてやる曲ばかり。西仲さんのオリジナル曲は勿論、沖縄民謡曲のアレンジは他でもなかなか取り上げないと思うので、色々と大変だったとは思いますが、真摯に演奏に打ち込んでくれる姿が印象的でした。西仲さんのサウンドに、また新たな風が吹き込まれたかもしれません…。

    

 まずはジャズ・スタンダードの“One Note Samba”で御挨拶を兼ねた演奏からスタートさせますが、本領発揮はやはり次からの、“ちんぬくじゅーしー”や“べーべーぬ草刈いが”等の沖縄民謡曲のアレンジでしょう。パーカッションは、曲のリズムを取る以外にも、サウンドの飾り付けを行える側面もあり、それこそ色々な音で楽曲を行っていきます。時には重たいビートを刻み、時にはキラキラとした音色で曲を華やかなものにし、今までの曲に新たな可能性を見出だしてくれていたと思います。

    

 …そしてライブ中には、お決まりではありますが(笑)バースデーのサプライズも♪…店内はお客さんも交えて笑顔に包まれ、演奏時以上に華やかな空間が出来上がっていたと思いました。そして西仲さんは演奏で応えていくのです。2ステージ目は更に一歩踏み込んで、沖縄民謡曲のオンパレード!…その中には石垣島の“月ぬ美しゃ”や、沖縄のわらべ歌である“大村御殿”も含まれていました。そして“かぎやで風節”では、更に沖縄音楽の深い所に突入して、今回のライブの締め括りとします。皆、この曲に掛ける意気込みも強いものがあり、壮大な曲調にして仕上がったと思いました。

    

 この後はアンコールが来て、今までとは一転して“Isn't She Lovely”をお送りしましたが、これはバースデー・ライブならではの明るい雰囲気をそのまま反映させたとも言いましょうか。皆でおめでとうの声を含ませ、全体で盛り上がって終了となりました♪
 …それにしても楽しい時間でした。勿論、バースデー・ライブならではの空気感もあるとは思うのですが、パーカッションが入った事により、サウンドに華やかさが増したというのも理由の1つような気がします。そして、こういった要素が加われる可能性をライブ中に発見出来たというのが、何よりの楽しさに繋がったのだと思いました。1つ1つのライブを無事に終わらせる事も大事ですが、次に繋げられる側面を見付けられるのはサウンドの発展に繋がります。是非とも次に繋げたいものです。3日間お疲れ様でした。そして、今後ともよろしくお願いします!

 ☆西仲美咲さんのHP…http://misakinishinaka.com

 ☆スズキトモヒサ君のHP…http://soopydrums.blogspot.jp

 ☆銀座わしたショップのHP…http://www.washita.co.jp/info/shop/ginza/

 ☆吉祥寺 Meg のHP…http://www.meg-jazz.com

 ☆学芸大学珈琲美学のHP…http://www.coffeebigaku.server-shared.com

拍手[3回]



【いろんな想い出】
銀座わしたショップのライブは、その空間のみがほんとうに沖縄色
に染まる感じで良かったですねー。最近わしたショップを訪れたら
CD売場が1Fに移っており、地下1Fはギャラリーっぽく模様替えさ
れていたのです。今後もあのお店でライブを何らかの形で開催して
いただけるといいですね…。
吉祥寺 Megでは、お店の常連と思われるお客様が演奏されたジャズ
スタンダードナンバーの解説を皆さんにして下さったのが印象的で
した。それがなんとも暖かい雰囲気に溶け込んでいたんです。
デュオはこの日以来お聴きしてないと思うのですが、独特のすてきさがありますね。
珈琲美学ではパーカッションと共に、華やかに♪スズキ君が「平成生
まれ」と聞いた友と私は、休憩時間に「ピアノの人みたいにお酒飲
んじゃダメヨ~」と余計な母心アドバイス(笑)をしてしまったことを思い出し、ここに白状しておきます。(「ボクはお酒飲めないんです」とのお答えでした)
時のたつのは早いけれど、楽しかった時間はくっきりと大切に想い
出されるものですね、そしてひとつひとつがつながっていくのです
ね。
【皆勤賞だったんですね♪】
そして、その1つ1つに思い出を重ねて頂いて有り難いです。
改めて、それぞれに特徴のある1日を過ごせていたのだと思います。
そうです、スズキ君はお酒が飲めません(笑)!…その代わり、
スイーツとココアが大好きなのも、ここで暴露しておきます(笑)。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
[07/12 pkv games]
[07/12 pkv games online]
[07/12 pkv games online]
[07/12 qq online]
[07/12 KAT]
[07/12 iptv canada]
[07/11 日本超人気のスーパーコピーブランド激安通販専門店]
[07/11 дом 2 город любви]
[07/11 judi online indonesia]
[07/11 pkv games online]
[07/11 pkv qq]
[07/11 pkv qq]
[07/11 Qq Online]
[07/11 Qq Online]
[07/11 judi online terpercaya]
[07/11 xeon-wiki.win]
[07/11 Pkv Games Online]
[07/11 judi online terpercaya]
[07/11 stealth-bookmark.win]
[07/11 judi online terpercaya]