2018 / 05
≪ 2018 / 04 1 2 3 5 7 10 12 14 16 18 20 22 24 25 2627 28 29 30 31 2018 / 06 ≫

 4月27日〜29日と、サックスの郷原君とのユニット Bridge で、北海道は伊達にて演奏をしてきました!…伊達は本当に久し振りの訪問になりましたが、これは以前(既に6、7年前になりますが…)、竹内大輔トリオ、北海道、伊達ツアー(2011.7.22~7.24)〕でもお世話になった、伊達メセナ協会からのお誘いによるもので、郷原君が学生時代に建築音響の研究をしていた事から、音の「響き」についての講義、そして付随してライブステージも行うという、少し珍しい舞台を用意して頂きました。講義、演奏場所は前述の公演でも行われた、伊達にある歴史の杜カルチャーセンターというホールで今回は講堂を使用しましたが、音の良いグランドピアノを使わせて頂き、正に音の「響き」をその場にお越し頂いた方々と体感させた、とても気持ち良く演奏出来た時間になりました。
 以前から、ここでの滞在は2泊3日が基本で、間の1日が演奏の日になるので、今までですと文章上では「慌ただしく終えた」…というように書いていたと思うのですが(笑)、今回は何故だかゆったりと伊達を満喫出来たような印象がありました。伊達に来るのは、最初の挨拶の為に訪れた分〔夢輝のあ、北海道、室蘭ツアー(2010.9.30〜10.5)参照〕を含めたら個人的には既に4回目になるので、伊達の街が身体に馴染んできたのかもしれません。それでも、今回は宣伝の為にコミュニティ FM に出演したり、洞爺湖近辺を散策したり、北海道の幸を堪能したりと、色々と満喫出来たのは言うまでもありません。とても気遣ってくれて、やりやすい環境でライブに臨ませてくれる伊達の方々には、今回も改めて感謝なのでした。

    

 講義、そしてライブには沢山の方にお越し頂けました。伊達市の方は勿論、室蘭市や登別市等の遠方から駆け付けて頂いた方もいらっしゃって、また、この伊達メセナ協会企画の公演には殆ど足を運んでいる方、故に以前、自分が訪問した時の事も覚えて頂いていた方等もお声をかけて頂いたりと、本当に有り難かったです。
 そして伊達と自分達の縁は、それこそ6、7年前のライブで繋げてくれたものがありますが、そのライブでは、伊達をテーマにしたオリジナル曲を作って欲しいとの提案がありました。そこで出来たのが自分の作曲した“Energy of Silence”で、以前は竹内大輔ピアノトリオで披露させて頂きましたが、今回、Bridge のCD『Fly Beyond』ではこの曲が収録されており、ようやく音源という形で伊達の皆さんにお届けする事が出来ました。時間は掛かってしまいましたが、伊達と自分達を繋げた一連の流れの、良い締めとなる機会になったのではないかと思います。
 ステージ、そして近辺観光?と共に充実した伊達訪問。久し振りの訪問でしたが、既にまた行きたくなってしまっています(笑)。それは、単にその場所に足を踏み入れたいという気持ちだけではなく、お世話になった伊達の方々にまたお会いしたいというのが大きいでしょう…。今回の詳細は、またツアー日記として改めて綴らせて頂きたいと思います。どうもありがとうございました!

 ☆伊達メセナ協会のHP…http://date-mecenat.jp/

 ☆伊達市だて歴史の杜カルチャーセンターの(伊達市の)HP
 …http://www.city.date.hokkaido.jp/hotnews/detail/00001542.html

 ☆Bridge のHP…http://bridge-duo.com
 
 
☆郷原繁利のHP…http://sgohara.com/

拍手[6回]



 ついにシリーズ50回目となった『鉄道さんぽ』。今回は新宿駅から神奈川県の小田原駅を結ぶ、小田急電鉄小田原線を取り上げたいと思います。単に小田急線…とも呼ばれるこの路線の歴史は、1927年4月1日、新宿駅〜小田原駅間を一気に開業させたところから始まります。一部単線で開業したこの路線も、半年後には全線複線となり、急行運転が開始されました。1935年には新宿駅〜小田原駅間の週末温泉特急の運転も開始されており、当初から特急列車の運転に意欲的だった事が分かります。
 1940年に帝都電鉄(現、京王井の頭線)を合併させるも、1942年には陸上交通事業調整法の趣旨に則り、東京横浜電鉄(東京急行電鉄の前身)に京浜電気鉄道(現、京浜急行電鉄)と共に合併され、東京急行電鉄の路線となりますが、1948年には分離し(この時点で、帝都電鉄の路線は京王電鉄に組み込まれました)、この時に箱根登山鉄道が関係会社に加わりました。
 1950年には箱根登山鉄道への乗り入れが開始され、翌年には本格的ロマンスカー1700形がデビューする事になります。その後、1957年就役の3000形ロマンスカーSE車を始めとして、小田急と言えばロマンスカー…と言われるくらい、時代と共に登場させる各種ロマンスカーの登場は鉄道会社にも大きな影響を与えてきました。
 そんな小田原線ですが、箱根への観光要素の他に、通勤・通学路線としての要素も相当大きい路線となっています。最混雑区間である世田谷代田駅〜下北沢駅間は、1960年の時点で既に235%となっており、混雑緩和に向けて車両数を増やしたりして対策を図るも、1993年までは200%を越えていました。現在は少し下がっていますが、それは輸送量の減少によるもので、ほぼ横ばいの状態で、輸送力の増加ももはや限界というところまで来ていました。
 しかし、今年2018年3月に、小田急待望の複々線化が全通(代々木上原駅〜向ヶ丘遊園間の12,3km…登戸駅〜向ケ丘遊園駅間は暫定的に上り線2線、下り1線)し、列車の本数も飛躍的に増やす事ができ、混雑率も150%ぐらいまで下がる見通しとの事です。この新たな複々線化工事は1997年の喜多見駅〜和泉多摩川駅間の2,4kmから始まっており、自分も、ここから全通完成まで一体どれくらい掛かるものなのか、今か今かと待っていた状況でもありました。特に下北沢駅付近での工事は素人目的にも大変そうで、あれから20年…ついに完成がなされたのでした。
 そして、同じ頃には最新型のロマンスカー70000形(GSE車)もデビュー。これと入れ替わりで、現在のロマンスカーの最古参車、1980年に登場した7000形(LSE車)がありますが、こちらは残り1編成になり、2018年度中に引退させる事も発表…。これを受けて、『鉄道さんぽ』するなら今だと思ったものです。
 自分も仕事の移動等でよく使わせて貰っている路線である小田急小田原線ですが、よりじっくり、そしてより楽しく今回は乗っていきたいと思います。それではどうぞ御覧下さい!


 ●日時…2018年4月30日 ●距離…82,5km ●駅数…47駅

    

 お楽しみに!

拍手[1回]



 お待たせしました。2018年5月のライブスケジュールを載せさせて頂きたいと思います。5月は、スケジュール的には少し落ち着いたものとなっており、今後6月以降に控えるツアーやライブ等の充電期間になっていると言えるかもしれません。それ故、ライブの本数も少なめではあるのですが、その少ない中でも皆さんにお会い出来るのを楽しみにしておりますので、どうぞよろしくお願いします。それでは御覧下さいませ!


    ●5月5日(土)代々木上原古賀政男音楽博物館けやきホール
Open…9:20~、Start…9:40~、
Charge…3000円(ドリンク別)
Member…(Vo)彬子、(Key)竹内大輔、(B)関谷友貴

 久し振りに
ボーカルの彬子さんとライブをさせて頂きます。今回は、以前から
 お世話になっている下北沢 BIG MOUTH の18周年のイベントが代々木上原に
 ある古賀政男音楽博物館けやきホールにて行われ、お店に縁あるアーティストが
 何組か出演するのですが、彬子さんもその内の1組としてノミネート…。今回の
 機会を頂いたのでした。ベースには関谷君をお呼びして、アコースティックな
 編成ながら、ガッチリとリズムを支えてお送りしていきたいと思います!



    
●5月7日(月)荻窪 Bunga
Open…19:30~、Start…20:00~、
Charge…2000円(ドリンク別)
Member…(Vo)mina、(Key)竹内大輔

 お馴染み、荻窪 Bunga での出演です。ここでのライブの最近の概要は、
 『空美ちゃんと鉄ちゃんの Fly to the Galaxy』という趣向のもの…。
 自分の鉄道知識、旅客機知識をフルに使ったMCを全面に(笑)出して
 お送りしていきます。今回はどのような話しにしていきましょうか…。


    ●5月8日(火)横浜 Hey-JOE
Open…18:30~、Start…19:30~2ステージ
Charge…予約3500円、当日4000円(共にドリンク別)
Member…≪Generation GAP
≫(Ts)上杉雄一、(Ss)副田整歩、(As)宮里陽太、
               (Bs)藤田淳之介、(Pf,Key)竹内大輔、
               (G)田口慎二、(B)川内啓史、(Ds)能村亮平

 お馴染み、Generation GAP のライブですが、2018年初ライブ(笑)では
 あります。なかなかメンバー全員が揃う事のないバンドなので、この機会を
 どうぞお見逃し無く!…今回はベースに川内啓史君を迎えてお送りします。
 ホーン4人が織り成す分厚いサウンドは必見です。既に立ち見での受け付け
 のみになってしまっているようで、ご予約はどうぞ早めにお願い致します!


    ●5月9日(木)銀座 Barbra
Open…19:00〜、1st…20:00〜、2nd…21:20〜、3rd…22:40〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Member…(Vo)白石恭子、(Vo)IZUMI、(Fl)千装智子、(Pf)竹内大輔

  

 お馴染みの銀座 Barbra での演奏です。ここ Barbra では久し振りの、
 ボーカルの白石恭子さんと IZUMI さんを迎えてお送りしていきます。
 レパートリーの広いお二人の事なので、この日はバラエティに富んだ
 ステージが見られる事と思います。どうぞよろしくお願いします!


    ●5月11日(土)狭山市さやま総合クリニック3階ホール
Open…18:00〜、Start…18:30〜2ステージ
Charge…無料
Member…(Sax)郷原繁利、(Pf)竹内大輔、(B)池田暢夫

 埼玉県狭山市にある総合クリニックにて、月に1度行われているという
 『ヒーリングコンサート』に、サックスの郷原君と出演させて頂きます。
 病院内の3階ホールにはスタインウェイのグランドピアノが備えられ、
 生音ではありますが、しっかりとした音で聴けるように配慮されています。
 今回は、この Bridge の編成に、ベースに池田暢夫君を迎えてトリオの
 編成でお送りする事になりました。郷原君と池田君は、かなり久し振りの
 共演になるそうです。どのようなライブになるのか、とても楽しみです!


    ●5月15日(火)Members Live Kuro
場所…港区赤坂3-21-14 TS共和六番館5F
Open…19:00〜、Start…20:00〜、

Charge…詳細不明
Member…(Vo)山崎信子、(Key)竹内大輔

 イベント毎に場所やお店を変え、“移動式”という営業形態になった Kuro。
 移動式とは言え、現在、ライブをやる頻度が高くなっているのは、ここ
 赤坂にあるフィオーレというお店にてで、この度、このお店と提携を結び、
 今後はこちらでライブを開催する事が多くなりそうです。勿論、特別な
 イベントの際には、その度適切な会場をピックアッップしていくらしく、
 こちらも楽しみにして頂ければと思います。どうぞよろしくお願いします!


    ●5月22日(火)経堂 Crazy Love
Open…19:30〜、Start…20:00〜3ステージ
Charge…3000円(オーダー別)
Member…(Vo)MIRANO、(Pf)竹内大輔、(B)吉峯勇二郎、(Ds)吉峯孝治

 5月の経堂 Crazy Love でのライブは、珍しく火曜日への出演と
 なりました。ここでは、久し振りにボーカルの MIRANO さんと
 共演させて頂きます。スタンダードジャズは勿論、映画音楽の曲も
 レパートリーにあるので、どうぞ楽しみにしていて下さいませ!


    ●5月23日(水)吉祥寺 Manda-la 2
Open…18:30~、Start…19:30~、自分達の出番はまだ不明
Charge…2200円(ドリンク別)
Member…(Vo,G)丸本達也、(Pf)竹内大輔

 お馴染み、ボーカル・ギターの丸本さんとの毎月定例ライブです。来月の
 6月には毎年恒例のワンマンライブが控えているので、その直前とは言え、
 大事な対バンライブとなるでしょう。この来月のワンマンライブでは、
 なんと新しいアルバムをリリースさせる予定にしているようで、現在、
 その準備の真っ最中です。特に重要にしているのが“新曲”で、この5月の
 ライブで初披露になる事でしょう。どんな曲になるのか、乞うご期待!


    ●5月24日(木)関内(横浜)Bar Bar Bar
Open…18:00〜、Start…19:30〜3ステージ
Charge…2500円(オーダー別)
Member…(Vo)山岡美香、(Pf)竹内大輔、(B)吉峯勇二郎、(Ds)宇山満隆

 横浜は関内の老舗ジャズライブ・レストラン Bar Bar Bar に出演します。
 個人的に初出演となるこの日は、お馴染みのボーカリスト、山岡美香さんと
 共に、ボーカル・カルテット編成で演奏させて頂きます。ジャズ色の濃い
 1日になるのではないでしょうか。演奏メンバー、個々ではお付き合いは
 ありますが、この組み合わせでの演奏はまだ無いので、とても楽しみです!


    ●5月30日(水)新高円寺 STAX FRED
Open…19:30~、Start…19:00~、

Charge…2500円(ドリンク別)
Member…(Vo)鹿嶋敏行、(Key)竹内大輔、(B)岩川峰人

 ボーカルの鹿嶋敏行さん、ベースの岩川さんとのトリオ編成で臨む
 ワンマンライブの第2弾です。今回はだいぶ早くからライブへ向けての
 準備を施していて、前回以上に気合いの入った一夜になりそうです。
 鹿嶋さんならではの選曲、世界観、空気感…、全てをこの日に凝縮
 してお届けしますので、どうぞお越し下さいませ。お待ちしてます!


 …以上になります。お馴染みのライブ…というより、この月限りのライブ、メンバーの組み合わせが多い感じでしょうか。自分も、こうした日々の変化を楽しみながらやっていけたらと思います。どうぞよろしくお願いします!

拍手[8回]



 サックスの郷原君とのユニット Bridge で、先日は群馬県の猿ヶ京で行われた、今年で4回目を迎えた猿ヶ京音楽祭に出演をしてきました!…音楽祭は4月21日、22日の2日間行われ、自分達は両日出演。エッグホールという、小さなめなホールとは言えグランドピアノが備え付けられた環境で、両日とも全て違う選曲でやらせて頂きました。
 今回の機会は、猿ヶ京にお店を構える Humpty Dumpty あってのものであるのは言うまでもありませんが、ここは正にこの企画の発信場所でもあるのでした。音楽祭開催時は、一種の休憩場所として出演者に開放し、朝食や打ち上げ時には料理も沢山振る舞って頂けました。…勿論、ここで以前から出される美味しいカレーも健在で、初めてこの場所に来た方も大いに喜んで頂けた事でしょう。自分達も、Humpty Dumpty に縁ある出演者として今回参加出来て、とても有り難いと思った2日間になりました。

    

 訪れた猿ヶ京は所々にお花が咲いていて、春らしい風景が広がっていました。…そういえば、4月という時期に猿ヶ京を訪れるのは初めてだったかもしれません。しかし、この日は真っ青な空に、強い日差しと、気温だけ考えれば夏のような天気でもありましたが、お花の鮮やかさを見るとやはり“春”で、何だか不思議な感覚にもなります。聞けば、この1週間前は非常に寒く、夜は2、3℃ぐらいにまでなっていた日もあったとの事でした。また、遠くに目をやると、まだまだ雪を被った谷川連峰が臨め、これが猿ヶ京の景色の特徴とも言えましょう。…そんな自然が沢山の中で行われた音楽祭は、環境通り、とても伸び伸びと、そして人間味溢れる時間が展開されていったのでした。

    

 何度か訪れている猿ヶ京ですが、今回は2日間滞在していたので、個人的にもとてもゆったりとした時間を過ごさせて頂きました。天気にも恵まれ、多くの方との縁も出来ました。Bridge のステージも両日盛り上がり、改めてこの機会に感謝でした。この詳細はツアー日記として、また後日に綴っていきたいと思います。どうぞ楽しみにしていて下さい。お疲れ様でした!

 ☆猿ヶ京音楽祭のHP
  …https://www.facebook.com/sarugakyo.ongakusai/(Facebook のページ)


 ☆Bridge のHP…http://bridge-duo.com
 
 
☆郷原繁利のHP…http://sgohara.com/

 ☆猿ケ京(群馬)Humpty Dumpty のHP…http://kie-ko.net/

拍手[7回]



 昨日は Nautilus で高円寺 cafe yummy にてライブを行ってきました。これは、昨年の11月に行われた〔Nautilus、初のアコースティックライブ〕の第2弾という事で、楽器の編成を極力ミニマムにして行うというコンセプトのライブです。ベースの梅沢さんが、今回はフレットレスベースを使って臨むという以外は、前回と同様な楽器編成でやらせて頂きました。小ぢんまりとしたお店の中には温かみがあり、とても心地良い雰囲気で演奏出来た時間となりました。

    

 今回はゲストボーカルに、Nautilus 1st CDアルバム『Nautiloid Matter』にも参加頂いている大和田慧さんをお迎えしました。慧さんは、今年の1月に Nautilus で六本木 SuperDelux でライブ〔Nautilus、『This & That's Café』に出演
参照〕をした際に飛び入り参加も果たしてくれていましたが、今回は入念にリハーサルも重ね、合計5曲の楽曲に参加してくれました。その中の1曲、安全地帯の“恋の予感”は、邦楽カバーという、Nautilus アコースティックライブの新しい試みとして、特徴的な時間且つ、ここでのみ見られるスペシャルな時間になっていたかもしれません。

    

 インストの楽曲も今回ならではの選曲がなされつつ、Nautilus でお馴染みの曲もこの環境ならではのアレンジでお送りしていきました。…楽器編成はミニマムながら、やはり Nautilus らしいテイストが随所に散りばめられており、自分達としても cafe yummy という空間を楽しみながら演奏させて頂きました。ここから受けるインスピレーションは独特なもので、音量を稼げない状況が、逆に脳内を活性化させているのでしょうか…。1つ1つの音に敏感になり、その反応も俊敏なものが求められ、時に緊張感もある音楽を生み出せているような気がします。その緊張がまた楽しく、自分達の音楽性に影響していくのだと思いました。お客さんも大いに楽しんで頂けたと思います。

    

 熱気に包まれた cafe yummy ライブ。外に出てみると涼しい風が身体に吹き付け、改めて今回のステージの静かなる熱量の高さを感じさせてくれました。いつも素敵な空間を提供してくれている cafe yummy、そしてお越し頂いたお客さんに感謝です。また何かの機会にここでのライブも今後行われると思いますので、チェックをよろしくお願いします。どうもお疲れ様でした!

 
☆Nautilus のHP…https://www.nautilusmusic.net/

 ☆高円寺 Cafe Yummy の(Facebook の)ページ
  …https://www.facebook.com/yummy8311/

拍手[5回]



 昨年の10月に浅草 Gold Sound にて行われた、Codex Barbès と TRI4TH の2マンライブ〔TRI4TH、『Mémoire de Barbès Vol.5』に出演参照〕以来、何かこの2バンドでツアーを回れたらという話しがあったのですが、先日の週末、ついに2マンツアーが実現しました!…場所は長野の伊那と愛知の蒲郡で、後者は TRI4TH にとっては初めての土地となった場所でしたが、どちらも多くのお客さんにお越し頂き、盛り上がった時間を過ごせました。伊那も蒲郡も大都市という街ではありませんが、その熱気は凄まじく、本当に刺激的な2日間だったと思います。

  

 1日目は伊那 GRAMHOUSEN にて、Codex Barbès 先攻でライブは始まりました。つまりは後攻が自分達 TRI4TH になったわけですが、アンコールの“Sand Castle”では Codex Horns の3人にステージに上がって頂き、コラボ演奏で進めさせて頂きました。5管のハーモニーは音も分厚く、それでいてドライブ感も高く、これまでにない“Sand Castle”が出来上がっていたと思いました。

  

 2日目の蒲郡 BUZZ HOUSE は、前述の通り TRI4TH は初めての土地。お店に入って、そのステージとの距離感の近さに驚かされましたが(笑)、ここでライブを見れたお客さんは、音の近さも相まって、とても刺激的な空間を共有出来たのではではないでしょうか。ここでは先攻が TRI4TH で、後攻が 
Codex Barbès となり、アンコールでは初日とは逆に、TRI4TH Horns の2人が Codex Barbès のステージに合流…。身動きが取れるのかギリギリの状態のステージで、迫力あるパフォーマンスが展開されていったのでした。勿論、お客さんもそれに負けじと応戦し、BUZZ HOUSE のフロアは熱気と喜びに満ち溢れていました。

 今回のツアーは伊那と蒲郡の2ヶ所のみとなっていましたが、日程以上に濃い2日間だったように思います。新しい出会いと刺激的な時間は、また今後の TRI4TH にとっても良い機会になりました。多くの方にお世話になり、何より 
Codex Barbès の格好良い音楽に触れられたのがとても嬉しかったです。

  

 どうもありがとうございました!…この模様は、また新たにツアー日記として詳しく綴っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

 
Codex Barbès のHP…http://codexbarbes.com/


 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆伊那 GRAMUHOUSE のHP…http://www.gramhouse.net/

 ☆蒲郡 BUZZ HOUSE のHP…https://buzzhouse.exblog.jp/

拍手[4回]



 先週の4月7日から、毎週土曜日22:00〜24:00で放送が開始された、TBS ラジオの新番組、『TALK ABOUT』。この番組のオープニング、エンディング、そして番組中に度々差し込まれるジングル曲を TRI4TH が担当しました!…曲は新たな書き下ろしで、1つ出来上がったモチーフをアレンジしつつ、それぞれの場面で流させて頂いています。

  

 メインパーソナリティは Da-iCE のリーダー、工藤大輝さん。これから毎週、また皆さんのもとに TRI4TH の楽曲を聴かせる機会が出来て嬉しいです。是非ともチェックをよろしくお願いします。番組は、radiko 等を使うと気軽に、そして放送後約1週間も聴けますので、どうぞ御覧になって下さい(有料ですが、放送エリア外で聴く事も可能です。)。

 ・現在放送中の TBS ラジオ…http://radiko.jp/#!/live/TBS
(radiko のページ)

 ・TALK ABOUT のページ…https://www.tbsradio.jp/talk/

 次回の放送は明日(4月14日)22:00〜。番組を楽しみつつ、オープニング等の音楽にも耳を傾けて頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします!

 ☆TBS ラジオのHP…https://www.tbsradio.jp/

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

拍手[3回]



 4月8日(日)は、JABBERLOOP の新作CDアルバム『NEW』の2マンツアー仙台編が行われました。ここで対バン相手に抜擢されたのが TRI4TH。JABBERLOOP と2マンライブを行うというのは〔TRI4TH×JABBERLOOP、西日本ツアー(2012.8.23〜8.26)〕以来、約6年振りとの事!…時間が経つのは早いなと思いますが、またこうして2バンドでライブが一緒に出来るというのは本当に有り難い事でもありました。仙台での公演。思い切りやらせて頂き、非常に盛り上がった時間となりました。

    

 ライブは TRI4TH が先攻で、後攻の JABBERLOOP ステージ時には“ナナナ”で自分が、そしてアンコールの“シロクマ”では TRI4TH Horns が参戦し、更に熱量が上がった時間を提供させて頂きました。正直、仙台でここまで盛り上がった光景を見たのは今回が初めてだったような気もします。遠方からお越し頂いた方も多く、最初から最後まで、皆で1つになって作れたステージになりました。どうもありがとうございました!

    

 仙台では打ち上げも充実していまして、お店は有名人も多く訪れる、ゆめや…。ここの秘伝のタレを付けて食べる牛タン串…。外側が少々カリカリしているも、口に入れると肉が溶けるようなフワフワさ…。参りました。そして次の日のランチも牛タン(笑)。JABBERLOOP チームと一緒に、楽しい時間を過ごせたのがまた良かったのでした。この模様はまた改めてツアー日記に綴っていきたいと思います。ひとまず、どうもお疲れ様でした!

 ☆JABBERLOOP のHP…http://www.jabberloop.com/

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆仙台 space Zero のHP…http://neobrotherz.com/spacezero/

拍手[6回]



 〔竹内大輔、4回目のソロピアノライブ〕以来、約9ヶ月振りとなる、竹内大輔ソロピアノのライブをやらせて頂きます!…日にちは6月8日(金)9日(土)と、今回は2DAYSというスケジュールに挑戦します。また、せっかく2日間あるので、今回はそれぞれのステージ毎に、自分のルーツとなる音楽のジャンルで縛ったものにしてみました。当然、ゲーム音楽編、そしてクラシック編は初めての試みになりますが、自分のルーツを巡る旅…。自分自身も楽しんで演奏したいと思います。場所はお馴染みの南青山 ZIMAGINE にてです!


    ★竹内大輔ソロピアノライブ
・6月8日(金)南青山 ZIMAGINE
Open…19:00〜、
1st…19:30〜[ゲーム音楽編]、2nd…21:00〜[ジャズカバー編]

Charge…3000円(ドリンク別)

・6月9日(土)南青山 ZIMAGINE
Open…18:30〜、
1st…19:00〜[クラシック編]、2nd…20:30〜[竹内大輔オリジナル曲編]

Charge…3000円(ドリンク別)

※以上、メンバー全て(Pf)竹内大輔

    

 9ヶ月振りとなる竹内大輔ソロピアノライブは、お馴染みの南青山 ZIMAGINE にて
 2DAYSでやらせて頂きます。前回
竹内大輔、4回目のソロピアノライブ〕、非常に
 好評だったグランドピアノの配置を踏襲し、今回も生音で進めていく予定です。上記の
 スケジュールにあるように、今回はステージ毎にテーマを決めて臨む事にしており、故に
 どのステージも同じ曲をやる事はありません。また、クラシック曲だけのステージを行う
 のは今回が初めての事にもなります。ソロピアノライブも5回目を数え、いつか挑戦して
 みたかったクラシック曲ステージ。他のステージと共に楽しみにして頂きたいと思います。
 予約は既に始まっております。お店のウェブサイトのスケジュール欄等で、どうぞ御予約
 下さいませ。多くの方のお越しをお待ちしております。会場でお会い致しましょう!


 自分にとっても“挑戦”の部分が多い2日間になりそうです。どうぞよろしくお願いします!

拍手[9回]



 先日は、TRI4TH のカバーアルバム『Hybrid ROOTS』のマスタリング作業に立ち会ってきました。これは、今年の1月〔TRI4TH、2018年最初のレコーディング参照〕から開始していた録音作業の締めとなるもので、ここで作品の音源部分が完成するという大事な作業の日でもありました。日本のジャズシーンにリスペクトを込めて送り出すアルバム…。各々のメンバーの音楽のルーツもありますし、バンド自体のルーツも垣間見れる事でしょう。このアルバムを聴いて頂き、これまで自分達がリリースしてきたアルバムを振り返って頂くのも良いかもしれません。

    

 マスタリング作業を終えると、これまでの音のミックスのやり取りを乗り越えてホッと思う気持ちもあれば、これからリリース、そしてリリース・ツアーに向けて、改めて身を引き締めるという想いにも駆られます…。その意味でも、この時間はメンバーにとっても大切という事なのでしょう。メンバー全員で見届ける事が出来て良かったです。
 CD『Hybrid ROOTS』は5月23日に全国リリースされます。タワーレコード・オンラインでの予約の取扱いも始まりましたので、是非ともチェックをよろしくお願いします!

 http://tower.jp/item/4713605/Hybrid-ROOTS


 …ここで、『Hybrid ROOTS』の収録曲を改めて載せさせて頂きます。

1、MONSTER ROCK/東京スカパラダイスオーケストラ
2、Suffocation/SOIL&"PIMP"SESSIONS
3、Politician in mourning/F.I.B JOURNAL
4、After the Rain/MUTE BEAT
5、Akatsuki/PE'Z
6、円軌道の外/勝手にしやがれ
7、I dance alone/toe
8、Hop - Hybrid ROOTS ver./TRI4TH ※セルフカバー
9、FULL DRIVE - Hybrid ROOTS ver./TRI4TH ※セルフカバー

 蒼々たる顔触れです。自分達がバンド活動をしていく上で、どれほど刺激になったかという作品群を、改めて自分達でカバーする…。これは TRI4TH にとって大きな挑戦でもありましたが、1つ1つの曲にリスペクトを込め、丁寧に、そして随所に TRI4TH サウンドも散りばめられた内容になったのではないかと思います。エンジニアの速水直樹さん、そしてオーブライト・スタジオの橋本陽英さん、今回も素敵な仕上がり、どうもありがとうございました。今から発売が待ち遠しいですね。どうぞ皆さんよろしくお願いします!

  

 そして、このアルバムの発売に伴うリリース・ツアーも忘れてはいけません!…ツアー詳細は以下の通りになります!


    ☆TRI4TH、Hybrid ROOTS リリースツアー
・6月1日(金)代官山 UNIT
Open…18:40〜、Start…19:30〜
Charge…前売り3800円、当日4300円(共にドリンク別)

・6月3日(日)栄(愛知)NAGOYA ブルーノート
1st:Open…17:30〜、Start…18:00〜、
2nd:Open…20:30〜、Start…21:15〜、
Charge…各5300円(入れ替え制、オーダー別)

・6月16日(土)梅田(大阪)シャングリラ

Open…17:30〜、Start…18:00〜
Charge…前売り3800円(共にドリンク別)

・6月17日(日)天神(福岡)The Voodoo Lounge
Open…18:30〜、Start…19:00〜
Charge…前売り3800円、当日4300円(共にドリンク別)

※以上、メンバーTRI4TH≫(Tp)織田祐亮、(Sax)藤田淳之介、(Ds)伊藤隆郎、
             (B)関谷友貴、(Key)竹内大輔

    


 こちらも、皆さんと各会場でお会い出来るのが楽しみです。アルバムと共に、どうぞよろしくお願いします!!

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com

 ☆渋谷オーブライト・スタジオのHP…http://www.aubrite.net

拍手[4回]



HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

6月8日(金)、9日(土)
南青山 ZIMAGINE
・6月8日(金)
Open…19:00~、
1st.…19:30〜[ゲーム音楽編]、
2nd.…21:00〜、[ジャズ編]
Charge…3000円(ドリンク別)

・6月9日(土)
Open…18:30~、
1st.…19:00〜[クラシック編]、
2nd.…20:30〜、[オリジナル編]
Charge…3000円(ドリンク別)

Member…(Pf)竹内大輔、

※御予約をお勧めします!

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


[05/25 jasa kitchen set jakarta]
[05/25 jasa kitchen set jakarta]
[05/25 klik disini]
[05/25 jasa kitchen set murah]
[05/25 urban clothing for men]
[05/25 www.snorefreezer.com]
[05/25 baca disini]
[05/25 jasa kitchen set jakarta]
[05/25 jasa pembuatan website]
[05/25 Baca Disini]
[05/25 lihat disini]
[05/25 sewa scanner jakarta]
[05/25 boutiquebrandbelt.com]
[05/25 baca disini]
[05/24 Adidasoriginalsstansmith.site]
[05/24 Genf20]
[05/24 Movers]
[05/24 bandar judi togel]
[05/24 http://www.ailaosta.it/index.php/component/k2/itemlist/user/53173]
[05/24 judi domino]