2018 / 11
≪ 2018 / 10 1 2 34 5 6 7 8 10 12 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 2018 / 12 ≫

 2018年10月10日。この日は自分の音楽人生において、非常に大きな転機となる日だったという事になりそうです。この度、TRI4TH が SME Records よりメジャーデビュー新作CDアルバム『ANTHOLOGY』を11月14日(水)にリリースされる事が決定しました。ライブ定番曲のリテイク収録に加え、新曲4曲を収録した、今までの TRI4TH とこれまでの TRI4TH を楽しめる作品になっています。衣装を含め、これまでのスタイルとは一新。これからの TRI4TH を是非ともお楽しみ頂きたいです。

  

 アートワークは、カルチャーシーンからも注目を集めるイラストレーター、竹内俊太郎さんによるもので、初回限定盤は紙ジャケット仕様、更にドキュメントDVDが入った2枚組のものになる予定です。ジャケットのイラストは下写真のメンバー写真を元に作られました。新しい写真の世界観に触れて頂ければと思います。

  

 これまで何度か振り返っているかもしれませんが、自分が TRI4TH に加入したのは2012年3月の事〔TRI4TH の竹内大輔です参照〕。あれから、良い時も悪い時もバンドメンバーと共に過ごし、そして掴めたメジャーデビュー…。これから自分達はどのような景色を見る事が出来るのか。…いや、自分達でその景色を見に行かなければならないのです。これはスタート地点だと思っています。まだまだ TRI4TH は走り続けますので、皆さんどうぞ付いてきて下さい。

  

 勿論、個人アー写も一新されています。今まで黒スーツ白ネクタイがトレードマークとなっていましたが、更に一歩進ませて頂きました。トランペットの織田君の着物姿も見納めとなってしまいましたが、より強固なパフォーマンスにアップデート出来るよう、これからまた切磋琢磨していきたいと思います。

 ひとまず、今日綴れるのはここまでです。また後日に色々と想うところをお知らせて出来たらと思います。これからも TRI4TH をどうぞよろしくお願いします!

 ※TRI4TH WEB SITE も一新されました。こちらもチェックしてみて下さい!

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆ソニー・ミュージック・エンターテイメントのHP
  …https://www.sme.co.jp/s/SME/?ima=1946

拍手[16回]



 先日の10月7日は TRI4TH で、音楽専門学校、尚美ミュージックカレッジ(以下、尚美)にてライブを行ってきました。音楽専門学校でライブ…というのは珍しい事ではありますが、これは尚美のオープンキャンバスという名目で行われたものであり、自分達のライブがあり、そしてその後には先生や生徒達とのトークセッションが行われるという、学生達にとって貴重な時間を過ごして貰う…というものでもありました。

    

 尚美には幾つかホールが備えられていますが、その中でも正にライブハウスらしい造りをしたスタジオブーカという所で自分達のステージは行われました。当然、お客さんは学生達ばかりという、自分達にとってはかなり特殊な環境ではありましたが、いつもの TRI4TH ステージをここでは展開させ、学生達に生のライブを体感して貰ったのでした。

    

 ステージ時間は約50分。いつもの自分達のステージで行っているように、手拍子を煽るところは勿論、腕を振り上げたり、声を一緒に出してみたり、モンキーダンスで踊ったりと、これはいつものライブと何ら変わりはありません。それぞれのソロコーナーもありましたし、専門学校でのライブだから、学生達用のステージを…と考えた事は一切ありませんでした。これが自分達の本気のステージ…。精一杯、学生達に肌で感じでほしかったのです。

    

 最初は静かに見ていた学生達も、まずは座席から立って貰い、徐々にそのテンションを上げさせていき、最後には皆で踊り散らかして、一体感のあるステージを作り上げる事が出来ました。本当に最高ではないですか。いつも以上に息を切らし、いつも以上に汗でビショビショになったライブは(笑)無事に終える事が出来ました。最後にはステージ前方に皆で出てきて挨拶。自分達にとっても刺激を受けたライブでした。

    

 ライブ後は少々の休憩を挟み、学生達を交えてインタビュー形式でトークセッションが行われました。ここで話されたのは音楽理論云々の事ではなく、バンドマンだからこそ言える内容の事ばかり。TRI4TH というバンドについても少し話させて頂き、生徒達と良いコミニュケーションが取れた時間となりました。

 …個人的な事になりますが、実はここ尚美というのは自分とも縁が深く、自分が大学生の時にここの講師の方に音楽理論を教えて貰っていた時代があるのです。その方とはそれ以来、暫くお会いしていませんでしたが、今回の機会で恐らく18年振りぐらいの再会になり、それはそれは嬉しかったのです!…その方はトークセッションにも参加して頂き、言うならば師弟?のやり取りもステージ上でお見せする事になりましたが(笑)、楽しい時間でした。ありがとうございました、高野先生!

    

 こうして、尚美で過ごした時間もあっという間に過ぎていき、最後には皆で記念撮影。生徒達にとっては勿論、自分達にとっても良い宝物となりました。ここでは未来のミュージシャンの卵が沢山いるわけで、今回のライブで音楽の楽しさ、ライブやバンドの素晴らしさ等が伝えられたなら良いなと思いました。次に会う時は、ステージ上で共演する時かもしれません。そんな日が来る事を心から楽しみにしています。ありがとうございました!

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆尚美ミュージックカレッジのHP…https://www.shobi.ac.jp/index.html

拍手[6回]



 少々お知らせが遅くなってしまいましたが、10月10日にリリースされる黒船の 3rd CD『Journey』より、MV“CARAVAB”が公開されました。デューク・エリントン作曲でお馴染みのこの曲は、今回のアルバムのリード曲となるに相応しく、歌詞を奄美弁に翻訳し、メロディをモチーフにした津軽三味線のソロを響き渡らせ、それらをジャズのフォーマットにのせた、正に黒船らしい楽曲に仕上がっていると言えるでしょう。まずはどうぞ御覧下さい!




 メンバーそれぞれに焦点があたり、続々と迫り来る展開が楽しい映像になっています。個人的には黒船でスタンディングで演奏する日が来るとは思ってもみませんでしたが(笑)、動きが大きく見えて、良い感じに撮って頂けました。感謝です!

    

 さて、いよいよCD『Journey』は10月10日(水)発売と迫ってます。そして、それに伴うツアーの、まずは福岡、関西編が今週末に控えていますね。10月13日(土)に神戸は三宮でのインストアが加わり、更に1ヶ所増える事になりました。より多くの方にお越し頂ければと思います。それぞれ、どうぞよろしくお願いします!


    ●黒船、CD『Journey』リリース・ツアー
・10月12日(金)天神(福岡)New Combo
Open…19:00〜、Start…20:00〜
Charge…前売り4500円、当日5000円(共にドリンク別、要2オーダー)

・10月13日(土)三宮(神戸)そごう神戸店2階サンファーレ広場
Start…13:00〜、15:00〜(各30分ステージの予定)
Charge…
観覧無料、屋外の為雨天時は中止


・10月14日(日)梅田 ALWAYS(昼公演)
Open…12:30〜、Start…13:00〜
Charge…前売り4500円、当日5000円(共にドリンク別)

・10月26日(金)渋谷 LOFT HEAVEN
Open…18:40〜、Start…19:30〜
Charge…前売り3800円、当日4300円(共にドリンク別)

・11月5日(月)栄(愛知)DOXY
Open…18:30〜、Start…19:30〜
Charge…前売り4000円、当日4500円(T.C. 込み、飲食代別)

※以上、メンバー黒船(B)関谷友貴、(Vo)里アンナ、(津軽三味線)白藤ひかり、
            (Pf)竹内大輔、(Ds)佐々木俊之
※Special Guset…(津軽三味線)武田佳泉(11月5日のみ)
※各公演に学生料金(2000円)設定(要、学生証)


 各会場でお待ちしてます。楽しみですね!

 
☆黒船のHP…http://www.peaceofcake.net/kurofune/

 ☆黒船の(ユニバーサル・ミュージックの)HP
  …https://www.universal-music.co.jp/kurofune/

拍手[2回]



 ここのところ遠征が多い TRI4TH ですが、10月4日(木)は京都 Metro にてツアー遠征を行ってきました。この日は Codex Barbès にお誘いを受けて出演させて頂いたのですが、なんと Codex Barbès の 3rd CDアルバムのリリース・ツアー初日ともなる日で、とても光栄な日に対バン相手に選んで頂けたのだと思います。更に、ライブに特別感をもたらせるべく、ステージを囲んで360度から楽しめる、所謂フロアライブというスタイルをとってライブをさせて頂きました。TRI4TH としても地方では初となったフロアライブ。貴重な機会になったと共に、全力でお祝いをさせて頂いた1日ともなったのでした!

    

 この2マンライブでは、当然 TRI4TH が先の出番となりましたが、ここでも盛り上がりは凄いものがありました。ただでさえ迫力の増すフロアライブという環境で、お客さんの熱量も一気に高まっていったのでしょう。ここのところ、40分ぐらいのステージが多かった中、久し振りに1時間という長いステージを出来たのも良かったのかもしれません。緩急を適度に取り入れ、TRI4TH の魅力を最大限生かしたステージが出来たと思いました。
 勿論、
Codex Barbès のステージも素晴らしく、一気に独特な世界観に引き込ませるのは流石だと思いました。個人的に低音が好きな自分としては、トロンボーンという和太鼓という組み合わせに既に心を打たれてますし、エスニック調な曲調とも併せて、とにかく魅力的な要素が多いのです。そんな Codex Barbès のステージは、最後に TRI4TH Horns も加えてコラボ演奏へ…。お客さんと一体化したステージは最高でした。
 改めて、3rd CDアルバムのリリース、おめでとうございます!…コラボ演奏での写真も含めて、また改めてツアー日記として綴っていきたいと思います。まずは、お疲れ様でした!

 ☆
Codex Barbès のHP…http://codexbarbes.com/

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆京都 Metro のHP…https://www.metro.ne.jp/

拍手[6回]



 先日は TRI4TH で、大阪は心斎橋で行われた巡音彩祭に出演をしてきました。ホーンバンドの集いという事で、盟友の JABBERLOOP を中心に、オオサカズや K-106 という関西でのバンドを含めて、計4バンドでのライブのお祭り。台風の来る1日前という状況にも関わらず、心斎橋 CONPASS は沢山のお客さんで盛り上がりました。

    

 ここでは個々のバンドでのステージ写真より、ラストの全バンドのコラボセッションの写真を載せた方が、この日の雰囲気は伝わると思います。最初はそれぞれのホーンメンバーを中心に出て貰えたら…という感じではあったものの、結局は、出れる人全て…が、ここには集結していました(笑)。最後のバンドは JABBERLOOP だったので、彼等のバンドの上に大人数が乗っかる…という感じでしょうか。正に大団円に相応しい状況だったと思います。ソロは、全員で回したかもしれません。JABBERLOOP の“ナナナ”にのせて、とてもドラマティックな展開で見せられたステージとなりました。

 この時はステージ上の過半数のメンバーはお酒も飲んでいた事もあり、何だか楽しい時間だったという印象がとにかく強いのですが、それはお客さんも同じだったと思います。それぞれに個性があり、そしてテクニックがあり、それをバンドの壁を越えて、音楽という枠組みで会話するという時間は、何物にも代え難いのでした。こうした貴重なイベントに呼んで頂いてありがとうございました。
 この次の日に予定されていた愛知県の刈谷 Jazzy Jam は台風の為に中止になってしまいましたが、こうした状況の中で大阪でライブが出来て良かったです。また改めて、ツアー日記として綴れたらと思います。どうもありがとうございました!

 ☆巡音彩祭のHP…http://junonsaisai.com/

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆JABBERLOOP のHP…http://www.jabberloop.com/

 ☆K-106 のHP…http://k-106.net/

 ☆オオサカズのHP…https://osakaz.com/

 ☆心斎橋 CONPASS のHP…http://www.conpass.jp/

拍手[4回]



 遅くなりましたが、10月のライブスケジュールを載せさせて頂きます。10月は TRI4TH の京都でのライブを皮切りに、この月も色々と地方に遠征させて頂きますが、10月12日からは黒船で、3rd CD『JOURNEY』リリース・ツアーを敢行します。前回も回らせて頂いた福岡、そして大阪を訪問します。その他でも、Nautilus では昨年も行かせて頂いた福島県はいわきでのライブ、そして久し振りに Daddy 津田さんこと、圓三さんのライブで、10月11日に福岡は小倉でライブをやらせて頂きます。バラエティに富む10月ライブ、皆さんどうぞチェックして下さいませ!


    ☆TRI4TH 京都ツアー
・10月4日(木)京都 Metro

Open…18:30〜、Start…18:30〜、Codex Barbès との2マンライブ
Charge…前売り3500円、当日4000円(共にドリンク別)
Member…≪TRI4TH≫(Tp)織田祐亮、(Ts)藤田淳之介、(Ds)伊藤隆郎、
           (B)関谷友貴、(Key)竹内大輔

 以前、共にツアーをやらせて頂いた Codex Barbès の、新作アルバムの
 リリース・ツアー初日という大切な日に、我々 TRI4TH を2マンの相手に
 選んで頂きました。こんなに光栄な事はなく、今から気合いが入りますが、
 更にこの日は客席がステージを360度囲む、フロアライブのスタイルをとって
 行う予定です。TRI4TH、そして Codex Barbès の迫力あるサウンドを間近で
 体感出来る貴重なチャンスです。是非とも足を運んで下さい。お待ちしてます!


    ・10月5日(金)、6日(土)下北沢 Half Moon Hall ※Sold Out!!
5日:Oepn…18:30〜、Start…19:00〜
6日1部:Open…13:30〜、Start…14:00〜、6日2部:Open…17:30〜、Start…18:00〜
Charge…5000円
Member…(Vo)郷本直也、(Pf)竹内大輔

 俳優の郷本直也さんのソロコンサートでピアノを務めさせて頂きます。
 自分は初めましてで、コンサート会場も初めて訪れる場所となりますが、
 雰囲気も良く、そしてリハーサルも順調に終え、とても楽しみな時間と
 なりそうです。2日間で計3公演行いますが、既に全てソールドアウト
 との事でした。精一杯、伴奏をやらせて頂きます。よろしくお願いします!


    ●10月10日(水)銀座 Barbra
Open…19:00〜、1st…20:00〜、2nd…21:20〜、3rd…22:30
Charge…4000円(オーダー別)
Member…(Vo)ひかり、(Vo)Ryo-ka、(Vo)麻見和也、
     (Fl)小川恵理沙、(Pf)竹内大輔


 お馴染みの銀座 Barbra での演奏ですが、今回はオーナーの麻見さんも
 加えた3人のボーカリストでお送りしていきます。ボーカルのひかりさんも
 Royo-ka さんも初めてましてで、新鮮な気持ちで演奏が出来そうです。フルートの
 小川さんも、フルートを演奏しつつ、同時にボイスパーカッションも出来るという
 凄腕の持ち主なので、どうぞ足を運んでみて下さい。よろしくお願いします!


    ●竹内大輔、北九州ライブ
・10月11日(木)小倉 K's space
Open…19:00〜、Start…19:30〜(予定)、O.A. 有り
Chrage…前売り2500円、当日3000円(要オーダー)
Member…(Vo,G)圓三、(Vo,G)Chickpiee、(Key)竹内大輔

  

 久し振りに圓三&Chickpiee さんとライブをやらせて頂きます。場所は、
 以前よくツアーで行かせて頂いた北九州の小倉。もはやお馴染みという
 くらいに足を運んでいたこの場所で再びライブが出来るのは嬉しいです。
 当日は自分のソロピアノステージも用意されているとの事で、今から
 何を弾こうか迷いますね…(笑)。どのようなライブになっていくのか、
 自分としても楽しみながら演奏していきたいと思います。よろしくです!


    ●黒船、西日本ツアー
・10月12日(金)天神(福岡)New Combo
Open…19:00〜、Start…20:00〜
Charge…前売り4500円、当日5000円(共にドリンク別、要2オーダー)

・10月13日(土)三宮(神戸)そごう神戸店2階サンファーレ広場
Start…13:00〜、15:00〜(各30分ステージの予定)
Charge…
観覧無料、屋外の為雨天時は中止


・10月14日(日)梅田 ALWAYS(昼公演)
Open…12:30〜、Start…13:00〜
Charge…前売り4500円、当日5000円(共にドリンク別)

※以上、メンバー黒船(B)関谷友貴、(Vo)里アンナ、(津軽三味線)白藤ひかり、
            (Pf)竹内大輔、(Ds)佐々木俊之
※各公演に学生料金(2000円)設定(要、学生証)

 黒船 3rd CD『Journey』発売に伴い行われるリリース・ツアー。今回の
 遠征では、福岡、大阪、そして新たに加わった神戸は三宮の3ヶ所を
 回らせて頂きます。黒船では実に3年振りとなるツアーにワクワクして
 いますが、何より、各会場で久し振りの皆さんにお会い出来る事が
 楽しみです。新しい作品を出して成長した現在の黒船を、皆様どうぞ
 体感しにいらして下さい。お待ちしております。よろしくお願いします!


    ●10月16日(火)、30日(火)Members Live Kuro
場所…港区赤坂3-21-14 TS共和六番館5F
Open…19:00〜、Start…19:45〜、

Charge…詳細不明
Member…(Vo)折井敦都歌、(Vo)白石恭子(16日のみ)、
     (Vo)東野泰人(30日のみ)、(Key)竹内大輔

 上記の住所である「赤坂フィオーレ」と提携をし、ここでのイベントが
 多くなった Members live Kuro。10月は2回程出演させて頂きます。
 そして、16日は上記の赤坂フィオーレで行われるのですが、30日の
 会場はまだ未定だそうで、詳細はお問い合わせ頂きたいと思います。
 30日は恒例のハロウィン企画になりそうです。ドキドキします(笑)。


    ●10月18日(木)渋谷 The Guinguette by MOJA
Open…18:00〜、Start…19:30〜、自分達の出番は2バンド目、21:00〜、
Charge…投げ銭(ドリンク、オーダー別)
Member…(Fl)Izumi、(Tap Dancer)米澤一樹、(Pf)竹内大輔、(B)中司和芳

 久し振りに渋谷にある The Guinguette by MOJA に出演させて頂きます。
 自分は初めましてのタップダンサーの米澤一樹さんを加え、フルートの
 Izumi さんをリーダーにカルテットでの出演です。2マンライブとなって
 いて、1バンド目にはアコーディオンデュオのユニット、巡〜MeguRee〜
 出演。確かなテクニックを持った楽曲をお届けしてくれる事でしょう。MOJA は
 なかなか賑やかな雰囲気のお店です。投げ銭という事もありますので、どうぞ
 気軽に足を運んで頂けたらと思います。2バンドのコラボ演奏もありそうです!


    ●10月19日(金)国際展示場東京ビッグサイト西1・2ホール
Open…10:00〜、Stage…10:30〜、15:00〜、16:00〜(各20分予定)
Charge…前売り1200円、当日1500円、高校生以下無料
Member…(Key)PAKshin、(Key)竹内大輔

 東京ビッグサイトで19日〜21日の3日間行われる2018楽器フェアでの
 CASIO ブースにて、ピアノ、キーボーディストの PAKshin 君とデュオ編成で、
 CASIO のハイグレード・キーボード CT-X5000 のデモ演奏を兼ねたステージを
 行います!…このステージは PAKshin 君を中心に、多くのキーボーディストとの
 デュオ演奏が予定されていますが、自分は初日の19日を担当させて頂いていて、
 この日ならではのトークやライブが楽しめると思います。CASIO による特設サイト
 もありましたので(https://web.casio.jp/emi/sp/musicfair2018/)、詳しくは
 こちらも参照してみて下さい。平日の早い時間ではありますが、お待ちしてます!


    ●10月19日(金)経堂 Crazy Love
Open…19:30〜、Start…20:00〜3ステージ
Charge…3000円(オーダー別)
Member…(Tp)西尾健一、(Pf)竹内大輔、(B)永見寿久、(Ds)宇山満隆

 10月の経堂 Crazy Love でのライブは、トランペットに西尾健一さんを
 フロントに、インストのカルテット編成。ジャズらしい時間をたっぷりと
 お届けしたいと思います。本当にその場で曲を決め、その場で音楽の構成を
 紡いでいく時間…。スリリングで刺激的、そして人間味を直に感じられる
 ステージになる事でしょう。お酒と共に、どうぞ楽しんで下さいませ!


    ●Nautilus、福島ツアー
・10月20日(土)植田(福島)Dining Bar CUORE
Time…15:00〜21:00
Charge…6000円(ドリンク別)
Member…Nautilus》(Ds)佐々木俊之、(keys)竹内大輔、(B)梅沢茂樹

 昨年も行かせて頂いた、福島県いわき市は植田にある Dining Bar CUORE にて
 Nautilus ライブを行います!…この日は主催の Studio imago の15周年記念
 パーティーという事で、DJ、ライブも多数という事で、Nautilus としても場を
 盛り上げていきたいところですね!…とても良い雰囲気だったこの場所で、
 再びライブが出来る事に感謝です。楽しい1日に出来たらと思います!


    ●10月24日(水)吉祥寺 Manda-la 2
Open…18:30~、Start…19:30~、自分達の出番は2バンド目、20:30頃〜
Charge…2200円(ドリンク別)
Member…(Vo,G)丸本達也、(Pf)竹内大輔

 お馴染み、ボーカル・ギターの丸本さんとの毎月定例ライブです。この日は
 通常の対バンライブですが、3バンドではなく2バンドのみの出演との事で、
 いつもより長めにお送りする事が出来そうです。今年の新曲も沢山出てきた
 事ですし、久し振りに取り上げる曲があっても良さそうですね!…楽しみです。


    ●10月26日(金)渋谷 LOFT HEAVEN
Open…18:30〜、Start…19:30〜、1ステージ(約90分)のみを予定
Charge…前売り3800円、当日4300円(共にドリンク別)
Member…≪黒船(B)関谷友貴、(Vo)里アンナ、(津軽三味線)白藤ひかり、
         (Pf)竹内大輔、(Ds)佐々木俊之

 黒船 3rd アルバム『Journey』リリース・ツアーの東京編です!…お店は
 元々は渋谷 Last Waltz だった LOFT HEAVEN。新しいお店ではあるものの、
 黒船はこの場所で生まれたバンドでもあります。活動拠点としている東京で、
 原点と言えるお店でリリース・ツアーのワンマンライブが行えるという事は
 有り難い限りでもあります。今回のライブですが、CD『Journey』の曲順
 通りに進めていく予定にしています。これは有りそうでなかなか無かった
 試みでもあると思いますが、果たしてどうなるか…。地方へのツアー遠征を
 経て、黒船の現在の構築されたサウンドを、どうぞ楽しみにしていて下さい!
 

    ●10月29日(月)下北沢 Big Mouth
Open…18:30〜、Start…19:00〜、自分達の出番は最後、20:30〜予定
Charge…2700円(ドリンク別)
Member…(Vo,Key)川上彬子
Guest…(Key)竹内大輔

 ボーカルの川上彬子さんのステージに、ゲストミュージシャンとして
 何曲か出演させて頂きます。この日は、川上さんの昔からの知り合い
 でもある三橋賢一郎君の個展『Liberty Night』の一環で出演する
 もので、本人に縁ある全3アーティストが出演。3日間ある内の
 最後の1日になるようです。しかも自分達の出演はこの日のトリ。
 良い締めになるように、しっかりと務めてきたいと思います。恐らく、
 三橋君は演奏中に踊っているでしょう。この目に焼き付けておきます。


 …以上になります。遠征も有り、東京でのお馴染みのライブも有り、そして初めましての方とのライブも有りと、10月も様々なシチュエーションでライブが出来そうですね。それぞれの場所で最大限のパフォーマンスをしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

拍手[7回]



 9月26日は、東京では最近3ヶ月毎、つまりは毎年4回行われている、ボーカル・ギターの丸本達也さんのスペシャル・ワンマンライブが吉祥寺 Manda-la 2 にて開かれました。このスペシャル・ライブではボーカル・ギターの又吉康人君が参加してくれているのも既にお馴染みの光景となっていますが、ここのところ、6月の〔丸本達也、CD『LIFE』リリース・ワンマンライブ〕があったかと思えば、8月の広島凱旋ライブにも又吉君が参加してくれていたので、もはや3人で活動している時の方が多くなっているような印象もありますが、それだけ定着してきてくれたという事でもあるのでしょう。今回も最初から最後まで、楽しく演奏させて頂きました。

    

 今回も、ステージ後方に出演者待機席を作り、個別で演奏している時は、他のメンバーが後ろで見守ると言うスタイルでやっていきます。今回はカバー曲というものに焦点を当て、3人がそれぞれ持ち寄った曲をやるという企画をやってみましたが、新しくやる曲が殆どでもあったので、全体的にかなり盛り沢山な内容になりました。勿論、それらの上で今月の新曲もしっかりやりましたし、しかも更に新たな試みとして、丸本さんと又吉君が、お互いの曲をカバーし合う…という企画もやってみたのですから尚更大変でした(笑)。
 しかし、見所はここに表れていたように思います。今回、丸本さんがカバーしたのは、又吉君のオリジナル曲である“ティア”。丸本さん自身、前々から気にっていた曲でもあったので、今回ついに実現する事になりました。これまで共演は長くしてきましたが、こんな機会は初めてでもあったので、新鮮味はかなりあったと思います。そして又吉君がカバーした丸本さんの曲は、なんと“スランチェ”。丸本さんのオリジナルではだいぶお馴染みの曲なので、これは聴き応えがありそうです。当初、又吉君の弾き語りでやる予定でしたが、せっかくなので自分もピアノを加わらせて頂きました。こちらも楽しかったです。

    

 さて、そんなライブでしたが、時折客席がざわついている時間がありました。何だか皆でソワソワしていたのは、実はこのライブの時、ちょうど広島カープの優勝がかかっている試合が広島マツダスタジアムで行われていたからです。かなりの広島リードで迎えていた最終回、そして、いつしかそれはガッツポーズに変わっていました。ライブ中に、広島の優勝が決まったのです!…勿論、客席もにこやかになっていましたが、そんな時に自分のソロピアノコーナーが巡ってきました。このライブが始まるまでは、何の曲にしようか悩んでいたものですが、ふと考えると、自分も共演者のカバー曲をやっても良いなと閃き、ならば…と、丸本さんの“Fifteen”をピアノだけで演奏させて頂いたのでした!…広島カープの黒田選手に想いを馳せた曲。自分が弾いたのはある意味でサプライズにもなったようで、皆、喜んで頂けて良かったです。

    

 今回のライブは、新しい試みを結構な量で盛り込んだので、演奏面的にはなかなか大変でもありましたが、充実した時間にもなりました。広島カープの優勝も手伝ってか、お客さんの盛り上がりも良い感じであり、正にスペシャルな時間を共有出来たライブになりました。皆さんお疲れ様でした。そして、ありがとうございました!

 ☆丸本達也さんのブログ…blog.livedoor.jp/waits2/

 ☆又吉康人君のブログ…http://ameblo.jp/diary-iris/ 

 ☆吉祥寺 Manda-la 2 のHP…www.mandala.gr.jp/man2.html

拍手[4回]



 9月25日は、Nautilus で渋谷 JZ Brat にてワンマンライブを行ってきました。ここでは今年の3月に〔Nautilus、3rd CD『THE RETURN OF NAUTILUS』リリース・ライブ Vol.2〕というワンマンライブを行わせて頂きましたが、JZ Brat のステージの雰囲気が Nautilus の世界観に見事にマッチしていて、僅か半年でワンマンライブが実現する事になったのでした。表題も、ここでのライブを恒例にしていく意志表示なのかもしれません。
 そして、今回のライブは前述のライブと全く同じメンバーで揃えた事も特筆されるでしょう。ゲストボーカルにカマタミズキさん、そしてDJに君嶋麻里江さん。お2人の力もあって、この日のライブは更にスペシャル感のあるものになりました。勿論、同じメンバーを揃えてステージを進めていくという事は、何か新鮮味のある事を盛り込まないと気が済まないのが Nautilus でもあります(笑)。この日ならではの仕掛けを楽曲アレンジに存分に加え、Nautilus の世界観を出し尽くした1日になりました。

    

 毎回、バンドに合わせたオリジナル・カクテルを作って下さる JZ Brat。今回は Nautilus 楽曲としてお馴染みの“Bill's Chill”というカクテルを作って頂きました。濃いめのウィスキーがベースとなるも、ジンジャエールやアマレット等が加わり、だいぶ飲みやすくなっているという、ある意味で危険なカクテルです。これもまた Nautilus にピッタリで本当に感謝でした。その間には麻里江さんのDJも進み、いよいよ本番の時間となりました。

    

 改めて言うまでもないですが、Nautilus は基本的にMC無しのノンストップ・ステージをやるバンドです。そして、ただ曲を並べて繋いでいくだけでなく、まるでDJの方が何かのギミックをもって曲を繋いでいくように、毎回毎回で異なった仕掛けをもって曲を繋いでいくのが自分達の特徴と言えます。この日も新たな試みをもってステージを進めていきますが、特に盛り込んだ1日だったと言いますか(笑)、それは楽曲のアレンジにも波及していて、気が抜けない時間が続きました。これはボーカルのカマタミズキさんが加わる曲でも同じで、だからこそ Nautlus の世界観は常に続いていく印象になるのだと思います。深海をイメージしたバンドであるだけに、その魅力も奥は深そうです。

    

 さて、先程お話しした“Bill's Chill”は、今回も演奏させて頂いたのですが、なんとカマタミズキさんに加わって頂きました。インストだったこの曲に御本人に歌詞を付けて貰い、今回初披露となったのです。途中に“Blue in Green”のモチーフが展開されるこの曲は歌声ともバッチリ合い、極上の時間を過ごせました。
 その後、珍しくリーダーのドラムの佐々木俊之さんとカマタミズキさんのMCが展開されるという事になりましたが(ほんわかした時間でしたね…笑)、今度はカマタミズキさんが作曲したオリジナル曲“Cocoon”に Nautilus アレンジを施して演奏するという試みがされました。元々はギターの弾き語り用に作ったらしく、コードもシンプルな曲だったようですが、Nautilus らしい仕掛けを入れ、ドラマティック溢れるアレンジで披露していきました。こちらも良い時間を過ごせたと思います。

    

 このように、色々な試みを盛り込んでいった今回の Nautilus ライブでしたが、最後には3人のみで“The World According to Us”というオリジナル曲で締めさせて頂きました。この曲は仕掛けというより、それぞれの即興性が重んじられる楽曲。今までアレンジで固められてきた中からの爆発という意味では、とても解放的な演奏になっていたのではないでしょうか。…予想通り、楽しい時間になりました(笑)。

 こうして
『Nautiloid Quest Vol.1』は終演を迎えました。何度も言うように今回は新たな仕掛けがてんこ盛りで(笑)、なかなか大変なライブだったのですが、勿論終わってみれば楽しく、充実したステージでした。ストイック且つ、クールにリラックスして出来た部分もあり、全体的にバランス良くステージに臨めていたのかもしれません。演奏メンバーですら、常に新鮮味を感じる Nautilus ライブ。是非 Vol.2 でも魅了させていきたいところです。多くのお客さんにお越し頂きました。どうもありがとうございました!

 ☆Nautilus のHP…https://www.nautilusmusic.net/

 ☆カマタミズキさんのHP…http://mizukikamata.wixsite.com/mizukikamatasinger

 ☆渋谷 JZ Brat のHP…
http://www.jzbrat.com/

拍手[6回]



 今週末の9月23日は、TRI4TH で滋賀県はJR野洲駅南口前の特設会場で行われたビールの祭典、『オクトーバーフェストやす JAZZ UP!』に出演をしてきました!…TRI4TH で滋賀県でライブを行うのは実に4年振りの事…。2014年5月に近江八幡で行われたイベントへの出演〔TRI4TH、滋賀ライブ(2014.5.5〜5.6)参照〕以来となり、またこういう形で滋賀という場所でライブが出来たのが嬉しかったです。イベントは22日、23日の2日間行われており、自分達は2日目の23日(日)に出演。出番も最後から2番目で、この日のトリには ADAM at と、とてもパワフルなラインナップで構成されていました(故に、ドラムのタカオさんは2バンド続けての出演となりました)。

    

 最初は着席スタイルで見ていたお客さんも、ステージが進みに連れて立ち上がって踊って見てくれる人も増えてきました。しかしステージの最前方は空けているスペースになっていたので、なんか皆、ウズウズしているような様子です。その時、タカオさんの「ステージの前は空いてるだけでなくて、ダンスフロアだよ。誰が来たって良いよ!」…の掛け声で、大勢の方がステージ前方に押し寄せて、一斉に曲に合わせて踊ってくれているではありませんか。しかも子供からお年寄りまで、本当に自分の踊りたいように踊ってくれています。ステージから見えたこの景色、本当に最高だったのです!
 勿論、この後に行われた ADAM at のステージも間違い無く格好良く、野洲のこの会場が一体となってダンスフロアとなった時間になりました。滋賀でイベントをやっている方の話しでは、滋賀の方々は基本的にシャイで、ここまで盛り上がるような光景は今までに見た事が無かったとの事。何とも嬉しいお言葉ではありませんか。この日の打ち上げで、ADAM at チームと飲んだお酒が美味しかったのは言うまでもありません。
 まだまだ TRI4TH の旅は続きます。今回の模様もまた、改めてツアー日記として綴らせて下さいませ。どうもありがとうございました!

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆オクトーバーフェストやす JAZZ UP! のHP…http://www.e-radio.co.jp/oktoberyasu/

拍手[11回]



 昨日は銀座 No Bird にて、竹内大輔ピアノトリオのライブをやってきました。銀座らしい雰囲気に包まれたお店にて、スタインウェイのグランドピアノで、毎回気持ち良くライブをやらせて頂いています。今回も合計2ステージ、たっぷりと自分達の音楽をお届け出来ました。

    

 この日もバラエティに富んだ選曲でお送り出来たと思います。トリオ結成の頃からやっている曲もあれば、ここ最近で作られた曲、カバー曲、TRI4TH でも演奏している曲等、本当に様々でした。その中には“Poker Face”という、かなり久々に演奏した曲があり、これは何と2009年6月〔竹内大輔の写真日記(〜2009)、自分名義ライブ21回目参照〕以来との事で、実に9年以上振りにライブで披露出来た曲でもあったようです。これまで何度かセットリストに組み込もうとした事もあったのですが、何故か最終的には外されてしまい、そのまま現在に至ってしまいました…。久し振りに日の目を見る事が出来て、曲も本望だったと思います(笑)。
 そして、今回は新曲も用意しました。タイトルは“Asian Garden”と付けさせて頂きましたが、舞台はシンガポール…。ここでインスピレーションを受けて作った曲でもあります。タイトルの「Asian Garden」とは、何やら中国庭園のような風景を思い浮かべるかもしれませんが、ここでモチーフとしたのは、シンガポールに新しく完成した近代的植物園、Gardens by the Bay という場所です。

    

 あの有名なマリーナ・ベイ・サンズの麓に位置するこの場所は、まるで SF の世界のような高度技術が導入されていて、巨大ガラスドームの中には常春の花園が再現されているかと思えば、高度2000mの寒冷な高山も再現されており、その他にもバオバブ等の、一部地域にしか存在しない植物がここには展示されていたりと、地球上の様々な環境をここでは再現させているのです。また、上写真のように高さ50mの人工の木、スーパーツリーからはマリーナ・ベイ・サンズをはじめ、観光名所がずらりと見渡させ、これぞ自然と人工的なものを上手く調和させた、全く新しいコンセプトの植物園だと思ったのです。
 “Asian Garden”は、そんな不思議な魅力を曲に詰め込んでみました。…エキゾチックな雰囲気の中に、幻想的且つ壮大な世界観を表していきます。淡々と繰り返されるメロディも、姿を変えつつ、時に違った側面を持っている事にも気付かされたりします…。今回初披露の曲でしたが、好評なようで良かったです。また機会があったら取り上げたいものです。

    

 アンコールではお馴染み、
“Gare de Chasse-sur-Rhône”を演奏させて頂きました。約1年前に作った曲ですが、もう自分達としてもお馴染みの曲となっている事に、改めて驚かされます。弾けば弾くほど味わいが出てきますし、アドリブのアプローチも、まだまだ沢山生み出す事が出来る、何とも懐の深い曲です。“From East”と共に現在の自分達の代表曲と言っても間違い無いかもしれません。今回も多くのお客さんにお越し頂けました。どうもありがとうございました!

 さて、次回ライブですが、12月10日(月)に南青山 ZIMAGINE でソロピアノライブをやらせて頂く事になりました。年内最後となるソロライブ。是非とも多くの方にお越し頂ければと思います。どうぞよろしくお願いします!


    ☆12月10日(月)南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、1st.…19:30~、2nd.…21:00~、
Charge…3000円(ドリンク別)
Member…(Pf)竹内大輔


  ●今回のセットリストです!

 ・1ステージ 1、Scramble(オリジナル)
        2、The Outside Yellow Lamp(オリジナル)

        3、Poker Face(オリジナル)
        4、Love Theme From Spartacus
        5、Everybody Knows That(オリジナル)
        6、Tombo in 7/4(オリジナル)

 ・2ステージ 
1、Transit Jam(オリジナル)
        2、Morning In Trastevere(オリジナル)
        
3、Asian Garden(オリジナル)

        4、Monte Fiesole(オリジナル)
        5、From East(オリジナル)

 ・アンコール Gare de Chasse-sur-Rhône(オリジナル)

 ☆銀座 No Bird のHP…http://www.no-bird.com

 
☆池田暢夫のHP…https://sites.google.com/site/nobuoikedawebsite/

 ☆佐々木俊之のブログ…http://toshi-sasaki.seesaa.net/

拍手[7回]



HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月10日(月)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3000円(ドリンク別)
Member…(Pf)竹内大輔、

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
[11/15 Sarah McClatchy]
[11/15 Sarah McClatchy]
[11/15 Sarah McClatchy]
[11/14 Keen Psychics Reviews]
[11/14 What Equipment is Needed for Sling TV]
[11/14 What Equipment is Needed for Sling TV]
[11/13 طرح لبخند با کامپوزیت]
[11/13 Guitar Tricks Review]
[11/12 竹内]
[10/29 おちゃ]
[10/16 竹内]
[10/16 竹内]
[10/11 おちゃ]
[10/09 おちゃ]
[10/09 竹内]
[09/09 おちゃ]
[08/24 竹内]
[08/23 おちゃ]
[08/02 竹内]
[07/28 おちゃ]