2017 / 02
≪ 2017 / 01 1 3 5 7 9 11 13 15 17 19 21 23 25 27 28 2017 / 03 ≫

 先日はタップダンサーの丹精君主催のセッションライブ、『丹精 ssion』(タンセッション)に参加をしてきました。自分は〔大吉丹精 ssion〕以来、2度目の参戦となりましたが、今回はボーカルに石川早苗さんを迎え、ボーカル曲を中心としたライブにしていったのが特徴でした。個人的に早苗さんとは以前、赤坂時代の Kuro でよく御一緒していましたが、今回は約3年半振りの共演ともなっていて、しかもデュオという編成意外でしっかりとステージを行うのは初めてという状況でもありました。そして、ベースには初めましての吉峰勇二郎君を迎え、4人編成でお送りした、なかなか豪華な時間を遅らせて頂いたのでした。

  

 場所は今年初出演となる銀座 No Bird。今月でお店が5周年を迎えるという事で、この2月はスペシャルプライスとしてチャージが2000円となっていました。また、食事もお得なコースが用意されていたりと、正にこの期間は、気軽に豪華な時間を楽しむのに打って付けでもあったのでした。そして自分達がお送りする音楽の時間…。更に素敵な時間を楽しんで頂くべく、その空間も盛り上げていきました。

 今回は全部で2ステージ用意させて頂きましたが、4人でお送りした曲もあれば、インストでお送りした曲、タップだけ抜けてバラードらしくお送りした曲等、セッションライブとは言え、そのステージングも大事に進めていきました。ジャズスタンダード曲が中心ではありましたが、中には中島美嘉さんの“雪の華”や、ビートルズの“In My Life”、そしてブラジル系のナンバーとして有名な“Travessia”等、その雰囲気にも彩りを加えていきます。その曲目達も、大まかな構成は決めていくものの、セッションならではの「出たとこ勝負」という部分も忘れず、4人の音楽が一体となった楽しみは格別なものがありました。

    

 お客さんからも好評で、何より自分達がとても楽しめました。勿論、この4人で演奏するのは今回が初めてなのですが、リラックスした雰囲気でステージに臨め、その中で奏でられた音に素直に向き合えた事が良かったのではないかと思います。ライブ後のビール(個人的にライブ前にも嗜んではいますが…笑)がまた最高でした。良い夜を、ありがとうございました!

 ☆丹精君の(Facebook の)HP…https://www.facebook.com/tantaplivemusic/

 ☆銀座 No Bird のHP…http://www.no-bird.com/

拍手[4回]



 昨日はカルメラのトランぺッターでもあるコバヤンこと小林洋介君と、デュオライブを行ってきました。カルメラのメンバーと TRI4TH のメンバーという関係だけに、これまで何度も顔を合わせてきたものでしたが、それ以外の共演というと今回が初めてのものとなりました。実は以前(2年ぐらい前?)から、一緒にライブをやろうという話しはしていたものでしたが、ついに時を経て今回実現に至ったのでした。場所は自分は2度目の出演となる六本木 CLAPS。ゆったりとした造りが心地良く、自分もグランドピアノで参戦していったのでした。

    

 実はこの2人には共通点があります。それはお互いに乗り物好きという事です。それは当日に持ち寄ったお互いのクリアファイルを見ても明らかだと思いますが(右上写真参照)、どちらかと言うとコバヤンは車、バイク、そして自分は鉄道、旅客機…という方向性でしょうか。…とは言え、お互いに好きな部分を共有出来るポイントは多く、そんな話しの延長で今回のライブに行き着いたという感覚も無くはありません。…勿論、ライブ有りきのステージです。デュオ編成らしく、お互いの個性を存分に生かした演奏を披露していきました。
 曲は、ジャズスタンダード曲もやりましたが、アレンジも加えたり、お互いのオリジナル曲も演奏したりと、選曲にも個性が目立っていたように思います。カルメラの時ではないコバヤンの姿も新鮮でしたが、逆に自分もそう思われていた事でしょう…(笑)。お互いがお互いを新鮮に感じているというステージは、やはり演奏していても音に出るもので、そうした音の会話が楽しかったのでした。

    

 会話と言えば、MCも予想通り白熱してしまいました(笑)。新幹線から飛行機やら、そしてモーターからそのメーカーの話しまで…。本当はこれでも抑えていた方ですが、お互いがお互いをフォローし合って話しを膨らませていくので、収束する事が無いのです。ただ、そのMCでやり取りをしていたように、演奏でもお互いのフレーズが会話のようになっていたのが嬉しい事でした。…シンプルなやり取り…、これこそがデュオライブならではの空間でしょう。とても伸び伸びとやらせて貰ったライブでした。大阪でも出来たらと考えているようなので、是非ともまたよろしくお願いします。どうもありがとうございました!

 ☆小林洋介君のブログ…http://ameblo.jp/kobayanredbull/

 ☆六本木 CLAPS のHP…http://c-laps.jp/

拍手[1回]



 昨日は毎年恒例、『アッコとアイの新年会ライブ』の Vol.5 をお送りしてきました。タイトルが途中で変わりつつも、“はじまりのうた2013”EYE×彬子〕以来、毎年必ずやらせて頂いて今回で5年目…。やはり、続ける事には意味があるというものでしょう。そんな新年会ライブの場所は、昨年〔アッコとアイの新年会ライブ Vol.4 参照〕と同じく渋谷 gee-ge. にて。お店の方にも、これが始まらないとお店が始まった気がしないと言って頂ける程で(笑)、そろそろ色々な方にも定着されてきたライブになってきているのかもしれません。

    

 繰り返しの説明になってしまうかもしれませんが、このライブのコンセプトを先にお伝えしておきましょう。これはボーカルの
彬子さんと清水愛さんによる、お互いのオリジナル曲やカバー曲を持ち寄って演奏していくもので、それは交代して歌っていくのではなく、この2人をあたかもデュオユニットのように捉え、全ての曲にコーラス等のアレンジを加えてお送りしていくものです。片方がソロで歌うような曲は全く無く、全てがボーカル・デュオ・バンド…という編成になるわけです。故に毎年、下準備は大変になってしまうのですが、それに見合ったライブでもあるという事で、1年に1度の、お互いの腕の見せ所とも言えると思います。むしろ、皆その部分を楽しみに、このライブと向き合っているのかもしれません。そんな気持ちを胸に、2017年の新年会ライブは幕を開けたのでした。

    

 今回も全2ステージ、お互いのオリジナル曲、カバー曲を軸にたっぷりとお送りします。今回はカバー曲が多めな感じもしましたが、それぞれに思い入れの強い曲が増えてきた証しでもあるかもしれません。そんな中でも、お互いの新曲を披露する時間もあり、作曲と向き合う真摯な姿勢も忘れてはいませんでした。…とは言え、新曲の最初の披露が今回のような特殊な場というのも面白いですね。今後がどうなっていくか楽しみです。

    

 さて、この新年会ライブでのハイライトになるのか分かりませんが、お馴染み『今年の漢字』も開催されました。何だかんだで3回目(3年目)となるこのコーナーですが、今年の目標となる漢字1字をメンバーそれぞれ自筆し、それを1人ずつ披露するというものです。この時点で、1人で3つも出してくる者、そもそも字が間違っている者(笑)等、だいぶ緩い状況でコーナーは展開されていきましたが、ひとまず漢字が出揃った事で、今年も無事に明けたかなという安堵の気持ちになったものでした。
 ここで一気にほぐれた事で、ステージは佳境に進んでいくのですが、そこの盛り上がり方は良い感じでした。各々、その盛り上げ方は自由でしたが(笑)、こんな場所に相応しい、ライブ感や人間味溢れる時間になったのではないかと思います。どうもありがとうございました!

    

 ちなみに、自分の漢字は“躍”にしました。今年は「踊ろうぜバンド」とも言われる TRI4TH に焦点を充てた漢字にし、“おどる”という意味に、“飛躍”、“跳躍”、そして“外に羽ばたく”…という意味を込めて書きました。他の方は…どうぞご想像下さいませ(笑)。…というわけで、この時期になっても『新年会ライブ』でしたが、楽しい時間を過ごせたのではないかと思います。今更ではありますが、2017年もよろしくお願いします(笑)!

 ☆彬子さんのブログ…http://ameblo.jp/akiranochikara/

 ☆清水愛さんのHP…http://www.eye-room.net

 ☆渋谷 gee-ge. のHP…http://www.gee-ge.net

拍手[0回]



 この記事は、2016年3月に行われた、タップダンサーの丹精君との香港ツアーについて綴らせて頂きます。前回D.S.T.、香港ツアー(2015.2.6〜2.9)参照〕以来、約1年振りの4回目という香港ツアーでしたが、今回は丹精君をフロント・アーティストとして置き、それぞれの場所で現地のミュージシャンも加えながら行っていくのが特徴でした。3泊4日の行程で1日1回ずつ、合計3回のライブを行う事が出来たのは、充実した行程だったという事も出来ましょう。その分、タイトなスケジュールでもありましたが、これもまた香港らしいエキサイティングな時間で楽しかったです。順に振り返っていきたいと思います。

  3月3日(1日目)
 今回の香港への翼は、日本の LCC であるバニラエアを使わせて頂きました。個人的には奄美大島に行く時に使う〔黒船、奄美ツアー(2014.12.12〜12.14)参照〕等、国内の移動としてもお馴染みの存在でしたが、最近では国外の就航も果たしており、使わない手は無いのは当然なのでした。成田空港発着ではありますが、航空券が安いのは、こういったツアーでは本当に有り難い存在で、だからこそ実現している部分も大きいと思います。

    

 安定の遅刻をしてきた丹精君も無事にチェックインをし、いよいよ搭乗となります。午前中に出発する便だったのでなかなか眠いですが、まずは飛行機に乗るまでは我慢です。機内での食事は有料となるので、事前にターミナルで腹ごしらえをし、その後、香港へ向けて自分達を乗せた飛行機は出発したのでした。

    

 この日はとてもクリアな良い天気で、富士山もバッチリ見える程でした。本来でしたら香港到着後の行程に備え、機内でゆっくりと睡眠をとりたいところだったのですが、これでは外の様子が気になってなかなか眠くなりません(笑)。そんな空の旅も、日本列島を過ぎると洋上飛行が多くなり、ようやくここで睡眠に入れたような気がします。そして次に気付いた時には、香港の空港に向けて高度を下げているところでした。

    

 香港もこの日は良い天気のようでした。雲は少しあるものの、結構遠くまで見渡せ、香港へのアプローチが楽しめます。香港は晴れていてもガスっている事が結構多いので、こうした状況は貴重かもしれないと、またまた睡眠時間はそっちのけで(笑)窓の外へと釘付けになってしまいました。

    

 そして香港の空港に無事到着。海外ではありますが、個人的に何度も足を運ばせて貰っているので、何だか懐かしい気持ちにもなってしまいます。入国後、2人で軽く腹ごしらえをしてからエアポート・エクスプレスで香港中心部へ。もはや、こういった行程もお馴染みな感覚が出てきて嬉しかったです。さて、今回はどんな旅が待っているのでしょうか?


 まだまだ続きます!

拍手[0回]



 1月29日を迎え、自分も37歳になりました。既に沢山のお祝いメッセージを頂きまして、感謝の気持ちでいっぱいです。これからお返事させて頂きますので、気長にお待ち下さいませ。そして、37歳になった竹内大輔もこれからよろしくお願いします!

 さて、そんな誕生日の前日、自分は Kuro Beyond にて新年会に参加していました。いつもは仕事で足を運ぶこのお店も、この日は完全に貸し切り状態としていて、常連の皆様と一緒にお酒を交わしながら、1年の幕開けを祝ったのでした。

    

 食べ物やお酒は常連の方々が持ち寄ってきて頂いたものが多く、中にはお店で調理したりする程の気合いの入れ用です。そのどれもが美味しく、早速皆でハッピーな気持ちになってしまいました。これは毎月やった方が良いのではないかという声も上がる程です(笑)。そして、Kuro が沢山の方々に支えられているという事も、改めて気付かされた時間になりました。

 そしてこの日は新年会だけではなく、自分のバースデーも祝って頂けました。ケーキまで用意して下さって本当に感謝です。この直後、自分は日本酒を飲んでいたせいか深い眠りへと落ちてしまうのですが(笑)、暫くしたら復活したのでご心配なさらず…。とにかく楽しい時間だったという事です!

    

 誕生日前日だったので、36歳最後の日…と言う事も出来ると思いますが、そんな1日を常連の皆さんや Kuro スタッフ達と楽しく騒ぐ事が出来て良かったです。いやー…、この日は飲みましたね…(笑)。改めまして、これからもどうぞよろしくお願いします!

 ☆渋谷 Kuro Beyond のHP…http://www.livebar-kuro.jp/

拍手[4回]



 お待たせしました。2017年も早くも1ヶ月が過ぎるところで、2月のライブスケジュールを載せさせて頂きます。まず1つのニュースは、TRI4TH とカルメラによる2マンライブが行われるという事です。新宿 Loft にて大々的に行われますが、5月には大阪でも開催されますので、どちらも楽しみにして頂ければと思います。そのスピンオフ企画…ではないですが、カルメラのトランぺッターであるコバヤンと自分によるデュオライブを、初めて開催させて頂く事になりました!…こちらを御覧になってから2マンライブに行く…という流れも、なかなか面白いのかもしれません。
 そして、今年最初の黒船企画イベントの『和魂洋祭』、毎年恒例の彬子・愛ライブ、とても久し振りとなる、ボーカルの加藤望さんのライブにも参加させて頂きます。そして以前にもお伝えしましたが、TRI4TH CD『Defying』の JAZZ JAPAN AWARD 2016 の授賞式イベントでは自分達の演奏もありますので、こちらも見逃せませんね!…お馴染みのものから久し振りのものまで、バラエティに富んだ1ヶ月です。どうぞ御覧下さいませ!


    ●2月1日(水)渋谷 gee-ge.
Open…19:00〜、Start…19:30〜、
Charge…前売り2800円、当日3300円(共にドリンク別)
Member…(Vo)彬子、(Vo)清水愛、(Pf)竹内大輔、(B)相澤卓也、(Ds)Soki

 ボーカルの彬子さんと清水愛(Eye)さんがお送りする、毎年のこの時期の恒例、
 
新年会ライブ。今回で第5弾となります。新年会と言うには遅過ぎる時期のように
 思われますが、それもまとめて恒例行事です…(笑)。このイベントの特徴は、
 ボーカルの2人をフロントに置いて進めるという、言わば2フロントのワンマン
 ライブであるという事です。お互いのオリジナル曲を、この日の為にコーラスを
 付けて、豪華にお送りします。今回はカバーソングも沢山あり、正にこの日だけの
 スペシャルな時間をお過ごし下さい。色々、たっぷりとお届けしていきます♪


    ●2月3日(金)六本木 CLAPS
Open…18:30〜、Start…19:30〜2ステージ
Charge…3000円(ドリンク、フード別)
Member…(Tp)小林洋介、(Pf)竹内大輔

 カルメラのトランぺッターであるコバヤンこと小林洋介君と自分で、
 デュオライブをやらせて頂きます!…実は、以前からデュオライブを
 やろうやろうという話しはしていて、あれから2年ぐらいは経って
 しまったような感じだったのですが、ここに来てついに実現です!
 ライブも勿論ですが、実は、お互いが乗り物好きという共通点があり
 まして、そちらのトーク?も楽しんで頂けたらと思います。2月後半に
 行われる TRI4TH × カルメラの2マンライブと併せて(笑)どうぞ!


    ●2月4日(土)銀座 No Bird
Open…18:00〜、1st…19:00〜、2nd…20:30〜、
Charge…2000円(ドリンク、フード別)
Member…(Tap Dancer)丹精、(Vo)石川早苗、(Pf)竹内大輔、(B)吉峰勇二郎

  

 タップダンサーの丹精君がお送りする、ボーカルを入れたタップライブ。
 そのボーカリストには、自分も久し振りのボーカリスト、石川早苗さんを
 迎えてのステージとなりました。ステージ上で繰り広げられる、即興感
 溢れる“楽器”同士の攻防を、是非とも体験して頂けたらと思います。また、
 この日は銀座 No Bird の5周年特別価格として、チャージが2000円で
 御覧頂け、前菜+パスタ+メインという特別コースが3000円で提供
 されます。つまり、チャージと合わせても5000円(+ドリンク)!
 …銀座 No Bird に気軽に足を運ぶチャンスです。お待ちしております♪


    ●2月7日(火)、8日(水)、10(金)、
     15日(水)、23日(木)渋谷 Kuro Beyond

Open…19:00〜、Start…20:30〜、
Charge…詳細不明
Member…(Vo)白石恭子、(7日のみ)、(Vo)山崎信子(7日のみ)、
     (Vo)Ami Latte(8日のみ)、(Vo)宗像夏子(10日のみ)、
     (As)松山ますみ(10日のみ)、(Vn)Tsukasa(15日、23日のみ)、
     (Vo)折井敦都歌(23日のみ)、(Key)竹内大輔

 2月は Kuro Beyond に沢山出演させて頂きます。2月の第2週目となる、
 7日(火)〜10日(金)はバレンタイン・イベント週間としていまして、
 通常よりミュージシャンも多めにお送りします。自分もほぼ参加ですね。
 Kuro Beyond もオープンして1年が過ぎ、もう既に熟してきた感じも
 ありますね(笑)。2月も勿論の事、今後ともよろしくお願いします!


    ●2月9日(木)銀座 Barbra
Open…19:00〜、1st.…20:00〜、2nd.…21:20〜、3rd.…22:40〜、
Charge…3000円(ドリンク別)
Member…(Vo)白石恭子、(Vo)吉田冨士子、(Fl)渡邊永子、(Pf)竹内大輔

 お馴染み銀座 Barbra での演奏です。先月に引き続き、フルートの
 渡邊永子さんを始め、ここでの共演は久し振りになったボーカルの
 白石恭子さん、そして吉田冨士子さんとお送りしていきます。当日は
 歌謡曲ナイトになるのか、ジャズナイトになるのか、乞うご期待!?


    ●2月11日(土)経堂 Crazy Love
Open…19:30~、Start…20:00~
Charge…2500円(ドリンク別)
Member…(Vo)ランデル洋子、(Vo)青木祐子、
     (Pf)竹内大輔、(B)栗田俊宏、(Ds)秋山修


 こちらもお馴染み、経堂 Crazy Love でのジャズライブです。この日は
 ランデル洋子さんと青木祐子さんとのお2方でお送りする1日となって
 いて、恒例の“挑戦曲”も1曲含まれている事でしょう。ジャズの魅力が
 溢れる“即興”という部分を第1においた空間を、是非ともお楽しみ下さい!


    ●2月14日(火)羽田空港国際線ターミナル4階江戸舞台
1st…17:30〜、2nd…19:30〜
Charge…無料
Member…(Sax)かわ島崇文、(Key)竹内大輔、(B)新岡誠、(Ds)鶴谷智生
Guest…(Vo)山野ミナ

  

 バレンタイン・スペシャルライブとして、サックスのかわ島崇文さんと
 羽田空港国際線ターミナルの4階、江戸舞台にてやらせて頂きます。
 ボーカルも加わった豪華な編成で、ジャズ&ポップスを軸に、全部で
 2ステージやらせて頂きます。入場は無料ですので、どうぞお気軽に
 お越し下さい。演奏で空港に行くのは初めてなので、何だか楽しみです。


 
    ●2月17日(金)渋谷 gee-ge.
Open…18:30〜、Start…19:30〜、2マンライブ、黒船の出番は2バンド目、
Charge…4000円(ドリンク別)
Member…≪黒船≫(B)関谷友貴、(Vo)里アンナ、(津軽三味線)白藤ひかり、
         (Pf)竹内大輔、(Ds)佐々木俊之

 黒船が企画する2マンライブ企画、『和魂洋祭』の第5弾になり、
 黒船の2017年初ライブでもあります。今回の対バン相手は、
 日本一のヒューマンビートボクサーでもある TATSUYA さんと、
 津軽三味線奏者の柴田雅人さんのユニット、TATSUYA × 柴田雅人!
 豪華な一夜になるのは間違い無しです。自分もそのパフォーマンスを
 見るのが楽しみです!…当日は、予約番号の若い順に入場が可能との
 事なので、是非予約して、このイベントを体感していって下さい!


    ●2月18日(土)赤坂 G's bar
Open…19:00〜、Start…20:00〜2ステージ
Charge…投げ銭制(要オーダー)
Member…(Vo)加藤望、(Pf)竹内大輔

 歌手活動から引退していた加藤望さんが、この日復活ライブをする
という
 事で、
ピアノでサポートしてきます。ゲストアーティストの方とのコラボも
 
予定されていて、1日限定ながら、ボリューミーな時間を堪能出来そうです。
 チャージは投げ銭制なので気軽にお越し頂けると思いますが、この日は
 完全予約制、そして25席限定となっていますので、予約の方はお早めに!


    ●2月24日(金)吉祥寺 Manda-la 2
Open…18:30~、Start…19:30~、自分達の出番はまだ不明
Charge…2200円(ドリンク別)
Member…(Vo,G)丸本達也、(Pf)竹内大輔

 ボーカルの丸本さんとの、毎月恒例定例ライブです。今年から、
 お互いが提案するカバー曲を、毎月1曲ずつピックアップして
 演奏するという課題を持ち掛けた自分達。この日はどんな
 カバー曲を演奏するのでしょうか。…勿論、毎月1曲新曲を
 やるという課題も続けています。合わせて楽しみにして下さい!


    ☆2月25日(土)横浜日産自動車グローバル本社ギャラリー
Start…13:00〜、TRI4TH の出番はまだ不明、
Charge…無料
Member…≪TRI4TH≫(Tp)織田祐亮、(Ts)藤田淳之介、(Ds)伊藤隆郎、
           (B)関谷友貴、(Pf)竹内大輔

   

 先日お伝えした通り、2016年にリリースさせた TRI4TH のCD『Defying』が、
 JAZZ JAPAN AWARD 2016 のアルバム・オブ・ザ・イヤーのニュー・スター部門
 を授賞させて頂きました〔TRI4TH、JAZZ JAPAN AWARD 2016、CD『Defying』が
 ニュー・スター部門受賞!
参照〕。これに伴い、授賞式と、授賞パフォーマンスとして
 TRI4TH もライブも行います。当日は山中千尋さん、大林武治さん、高木里代子さん
 等々の豪華なミュージシャン(ピアニストが多いですね)と共に、会場を盛り上げて
 いきたいと思います。入場無料ですので、どうぞお気軽にお越し下さいませ!…そして
 この記念すべき時間を自分達と一緒にお過ごし頂ければ、大変嬉しく思います!!


    ☆2月26日(日)新宿 Loft
Open…17:00〜、Start…18:00〜、カルメラとの2マンライブ
Charge…前売り3500円(ドリンク別)
Member…≪TRI4TH≫(Tp)織田祐亮、(Ts)藤田淳之介、(Ds)伊藤隆郎、
           (B)関谷友貴、(Key)竹内大輔

    
 
 TRI4TH と、盟友カルメラとの2マンライブが決定しました。自分達、
 お互いにバンド結成10周年という事もあって、ここ東京と、5月には
 大阪での2マンライブも決定しています!…お互いに刺激し合う事で、
 かなり熱いライブになる事は間違い無しです。楽しみにしていて下さい!


 以上になります。2月ならではのライブも沢山です。そして、カルメラとの2マンは、更なる展開があるかもしれません。いずれにせよ、今後の流れを楽しみにお待ち頂けたらと思います。よろしくお願いします!

拍手[11回]



 2017年最初の『奢らせて頂きます!』は、TRI4TH のトランペッターとしてもお馴染み、織田祐亮師匠に登場頂きたいと思います。織田君の登場は今回で2回目ではありますが、前回は奥さんと2人での登場だったという事もあり、1対1という状況が実現出来ていませんでした。他の TRI4TH メンバーは全て1対1という状況でしたので、今回、織田君の回をもって、改めて TRI4TH メンバー全員とのサシ飲み『奢らせて頂きます!』が完成したという事になりました。せっかくなので、過去の記事も併せて読ん頂けたらと思います。

・2011年9月…〔竹内大輔の『奢らせて頂きます!』11.(藤田淳之介編)
・2012年9月…〔竹内大輔の『奢らせて頂きます!』17.(織田祐亮、陽子編)
・2013年5月…〔竹内大輔の『奢らせて頂きます!』21.(伊藤隆郎編)
・2014年1月…
竹内大輔の『奢らせて頂きます!』25.(関谷友貴編)

 ここで見る通り、前回の織田君と『奢らせて頂きます!』を行ったのは2012年の9月…。今から約4年半も前になります。この年に自分は TRI4TH に加入しているので、加入して半年程の時に行ったわけですが、そこから年数を経て、TRI4TH もだいぶ成長してきたのではないかと思います。最近ではCD『Defying』ツアーのファイナル・ライブ〔TRI4TH、CD『Defying』リリース・ツアー・ファイナル参照〕を終えて、また新たな展開に入ってきていると言って良いでしょう。そこで TRI4TH のフロントマンである織田君と1対1で話しをするのは、とても良いタイミングのようにも思いました。場所は織田君の自宅最寄りの埼玉県は川口にて、昼間に行わせて頂きました。どんな話しが飛び出すか。どうぞ楽しみにしていて下さい!


    


 ●日時…2017年1月25日 ●場所…川口 ●お店…焼鳥日高


 お楽しみに!

拍手[5回]



 昨日は、ドラムの佐々木俊之さんがリーダーのバンド、Nautilus の、2017年最初のライブをやってきました。場所は自分は初めての出演となる HEAVEN 青山にて…。Nautilus としては久し振りに広めのスペースがあるステージでライブをやるせいか、楽器セッティングの立ち位置を決める際にしどろもどろになっていましたが(笑)、サウンド的にも余裕を持たせたこのお店でのライブは、パフォーマンス的にも過去最高のものが出来上がったのではないかと思います。

    

 HEAVEN 青山はまだまだ新しいお店のようですが、照明もやってくれて、ライブ映像も撮ってくれている等、ライブ上のケアも沢山してくれていました。雰囲気も、変に上品ぶってないところが Nautilus らしくて(笑)また良かったのではないかと思います。
 さて、この日のライブは、蓋を開けてみると満員御礼という状況になっていました。後ろの方では立ち見の方もいらっしゃっていたので、本当に大入りという状況だったのではないかと思います。思う存分、自分達も良い音で迎える事が出来るというものです。そしていつものように、MC無しのノンストップライブが始まっていくのでした。

    

 今回は新曲も沢山盛り込んでいきました。…とは言え、曲は殆どが間髪無く続けて演奏されていく為、初めてお越し頂いたお客さんは、どれが新曲なのか分からないと思われますが(笑)、それも含めて Nautilus の世界でもあります。音の渦…とでも表現したくなる、怒濤のように押し寄せるそのライブの流れは、自分達も演奏していて最高に楽しい時間でもありました。多くの方にじっくりと聴いて貰えていたようです。

    

 こうして、1ステージ、2ステージとそれぞれ約1時間ずつ、たっぷりと演奏させて頂いた時間は幕を閉じました。2017年の幕開けに相応しい、精魂使い果たしたライブになれたのではないかと思います。演奏者側としても、このお店のサウンド環境は良く、早速 Nautilus の次回のライブを決めさせて頂きました。日にちは3月28日(火)になります。また多くの方のお越しをお待ちしております。どうぞよろしくお願いします!

    

 …さて、私事ですが、ライブ後にバースデーを祝われてしまいました。誕生日は1月29日なので少し早めはありましたが、嬉しかったです。どうもありがとうございました!

 今年は Nautilus もドイツのレーベルからアルバムのヨーロッパ・リリースが決まったり、それに即して自分達の楽曲にドイツのシンガー3名をフィーチャリングしたレコーディングを行ったりと、国際色豊かな展開が期待されそうです。また、2月末には 3rd Album のレコーディングも予定されている等、沢山の作品作りに貢献出来そうです。2017年の活動もどうぞ楽しみにしていて下さい。どうぞよろしくお願いします!

 ☆Nautilus のHP…http://www.nautilusmusic.net/

 ☆佐々木俊之のブログ…http://toshi-sasaki.seesaa.net/

 
☆外苑前 HEAVEN 青山のHP…http://www.heaven-aoyama.jp/

拍手[5回]



 先日の1月21日、22日の2日間、フルートの Izumi さんがリーダーを務めるバンド、弾楽の静岡ツアーを行ってきました。これは2017年に入って弾楽の最初の活動ともなるもので、昨年は初めてのCDアルバムを発売させるという弾楽、1st. CDアルバム『和ニ咲ク水輪花』発売決定!…CDリリース・ツアー決定参照〕、とても動きのあった自分達からの、更なる活動の充実を提案するものでもありました。折しも自分達は先月12月に結成3周年を迎え〔弾楽、『和二咲く Xmas』ライブ参照〕、ここからが自分達にとって大事な年でもありましょう。
 弾楽は静岡で生まれたバンドでもあります。そもそもは一時期静岡県に住んでいた事もあった Izumi さんが、静岡の町興しの為に結成させたのが切っ掛けでしたが、活動の幅が広がり、今では東京は勿論、昨年は西日本ツアーまで行えるようにもなりました。それらを踏まえて今年は、改めて静岡発祥のバンドである事を全面に出すべく、静岡を盛り上げる事に、より力を注いでいきたいと考えているようです。まだまだ小さい動きですが、今回の静岡ツアーもその事に関係していると思います。1日目の富士 Blitz は、もはや弾楽にとってホームとも言える場所…。2日目の沼津ねこと白鳥も、以前よくお世話になっていた沼津 Malt Cat's が移転して店名を変えた場所なので、今回のツアーはどちらも昔から馴染みのあるお店を伺う事になったのも、そうした想いから実現したものでしょう。

    

 今回のツアーでは、静岡の空はとにかくよく晴れ、そして空気も澄んでいました。まるで自分達を受け入れてくれたかのように富士山もクッキリとその姿を現してくれていて、静岡への想いをより強固なものにさせてくれたと思います。グランドピアノが響きわたる Blitz の空間は個人的にも好きで、とても白熱した時間が展開されていました。

    

 そして、移転してからは初めて伺った沼津ねこと白鳥。Malt Cat's 時代の雰囲気も残しつつ、更に新しいお店への変化した印象もありました。ここではイベント形式にして、自分達の他にも3アーティストが出演。個性溢れるステージで、イベントを盛り上げてくれていました。最後には皆でセッションも行い、また新たな縁が生まれたのではないかと思います。

 とにかく、多くの方の協力によって、今回のツアーは成り立っていました。それはお店の方々であり、イベント出展者であり、勿論お客さん方でもありました。自分達は、静岡を盛り上げるべく…という言葉で活動を展開していこうとしていますが、それはつまり、そういった方々への感謝の気持ちを表現していきたい…という事なのかもしれません。今年はどういった1年になるのでしょうか。どうぞよろしくお願いします。今回のツアーの詳細も、後々にツアー日記として書かせて頂きます!

拍手[5回]



 昨日はボーカル・ギターの丸本達也さんと、お馴染みの吉祥寺 Manda-la 2 にてライブをしてきました。毎月1回必ず行う定例ライブでもありますが、ここ最近はずっと、丸本さん自身が企画をするワンマンライブ、又は2マンライブをやってきていたので、今回のような通常の対バンライブは久し振りでもあり、それが逆に新鮮にも感じました。また、通常の対バンライブでも、昨年は自分達も入れて2バンドという状況が多かった中、今回は堂々の3バンド…言わば、通常の中の通常です(笑)。その中で自分達のポテンシャルをどれだけ試せるかという、2017年の最初の自分達のライブの幕開けに相応しい1日だったのではないかと思います。

    

 対バンライブなので、いつもよりリハーサルに時間を掛ける必要もなく、久し振りにお馴染みのお蕎麦屋“よしむら”にも寄らせて頂きました(右上写真参照)。恐らく通常のブッキングでのライブ以来だと思うので、4ヶ月振りぐらいの訪問だったと思いますが、席に着くなり、いつも注文していたハートランド瓶ビールがドンとテーブルに置かれたのは嬉しかったです。もう既にこの日のライブがよくなりそうな予感がしたものでした(笑)。

    

 さて、この日は1バンド目に宮崎出身の女性2人組の amour、そして2バンド目にはソロで弾き語りの今泉沙友里さんと、どちらも若い女性アーティストのブッキングとなっていて、この後に自分達の出番…というのは何だか不思議な気もしましたが(笑)、これこそ個性の見せ所だと思います。2つのアーティストが華やかに、そして爽やかにステージを飾ってくれた後に、妙に男くさい自分達のステージ…。逆に遣り甲斐があるというものです(笑)。

 通常のブッキングでの自分達の曲数は、大体7曲が相場です。これまでワンマンライブでは合計22曲〜24曲程演奏してきた自分達としては、だいぶ軽めのステージともなりそうですが、そこは7曲のセットリストに、濃いエッセンスを十分に加えて臨みました。2017年に入って心機一転を図ったのか、“酔いどれ男”や“グラデーション”等、久し振りにやる曲が多かったようにも思いました。そして新曲の“パッチワークプラネット”は、緩急の付け所が見せ場でもあります。こちらもまた挑戦していきたいものです。

    

 そして、今まで恒例コーナーとしてやってきた DS(大ちゃんセレクション)ですが、そろそろ選べる曲が少なくなってきた(笑)という事で、一時的にお休みをし、代わりに今月からの新コーナーが出来ました。それが、カバーソングに挑戦するというものです。丸本さんと自分と、お互いに演奏してほしい、歌ってほしいという曲を隔月で出し合い、それを披露していくというものです。自分のルーツ音楽となる曲でも良いですし、単純に好きな曲、そしてスタンダード曲とかでも面白いかもしれません。今回は、丸本さんが昔から歌っていたものの、自分のピアノで歌いたいという希望から実現した、ニーナ・シモンの“If You Knew”を演奏しました。しかも参考にしたのは、“If You Knew”の間に、“Let It Be Me”という曲が挿入されているという、なかなかマニアックなライブ・バージョンでして、これこそこのコーナーならではのやり方なのかもしれません。
 実は自分達のレパートリーには、膨大な丸本さんのオリジナル曲に比べると、カバー曲というのは少なめなようにも思います。カバー曲を取り上げるというのは、自分達それぞれの音楽に対する個性を見せる上でも大きく、それがまた今後のオリジナル曲との向き合い方のヒントになる場合も多々あります。もしかしたら、カバーソングを取り上げる事は今の自分達にとって、とても良いタイミングでの挑戦なのかもしれません。今年の年末にはどうなっているのか、非常に楽しみでもあります。対バンという中で発揮出来た今回のステージ、2017年も楽しい幕開けになりました。今年もどうぞよろしくお願いします!

 ☆丸本達也さんのブログ…blog.livedoor.jp/waits2/

 ☆吉祥寺 Manda-la 2 のHP…www.mandala.gr.jp/man2.html

拍手[2回]



HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

2017年4月2日(日)
南青山 Z.IMAGINE
Open…18:00~、
1st.…18:30〜、
2nd.…20:00〜、
Charge…3000円(ドリンク別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“いきゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中